教室の棋譜(31)前半戦


~雑色駅前将棋サロンホーム~

教室の棋譜(31) 前半戦

10月18日(水)4時頃
練習将棋 先後指定 
持ち時間 30分30秒

先手 O・K2級 対 後手 I・K1級

半年ぶりの教室の棋譜です。
ここは、何のブログか分からない?とりあえず将棋がメインだと思います。
先手O・K2級は、大人のお客様?でもありませんが、今は、将棋の技術を上げることが最優先(生活習慣病も)です。
後手I・K1級、私の教室では生え抜きといえますが、いつまで来てくれるのか?
小さな教室です。中途半端に終わらせないように、私自身考えなければならないことです。

指導の難しいところは、弱ければ弱いほど手がかかるものです。だいたい5年生で6級あたりまで来ると、行儀含め一人前に見えます。
それは、どこの教室でも同じだと思います。
「強くなったら家に来なさい」それは、あまのじゃくな言葉でもあり、無責任な指導でしかありません。
今の将棋界、子供たちの夢は、小学生の段階で決まりなのでしょうか?
これだけ人生長くなっていて、50過ぎても新しいことが出来る時代、何かがおかしいと気づかなければいけません。

先手7六歩後手3四歩 6六歩3二金 6八銀3三金 6七銀4四金
7七角3三角 8八飛2二飛 4八玉3五歩 3八玉8二銀まで下図 

CIMG5130.jpg

後手3三金から4四金は、私のように古い感覚では理解できません。これも、コンピュータ将棋の影響でしょうか?
金と言う駒は、自身の王様(終盤では相手の王様)の近くで使うことが理想です。そして三段目でも欠点が出やすい駒とされています。本舗の場合、その欠点を歩で支えている点が一つあります。しかし働きということになると、後の展開を見るしかありません。
手将棋での「観る」意識は、上達に大切な練習です。そして独創性も、細かい見方(駒運び)を創ることだと思います。

先手の6六歩からの相振り向かい飛車は、一番オーソドックスな形です。
それに対しての、後手3五歩と8二銀が構想としての狙いだと思います。
後手のI・K君は、「相手がどのような戦法で来ても対応できる」と言うように、ある程度システムが出来ているようです。

先手2八玉後手2四歩 3八銀2五歩 5八金2六歩 同歩同飛
2七歩2四飛 8六歩7四歩 8五歩7七銀 5六銀6八王 4六歩7二王 
9六歩6二金 6五歩4二銀 9五歩1四歩 1六歩5四金 
4七金7七角成 同桂3三桂まで下図 

CIMG5131.jpg

上図は損得ありませんが、先手やや作戦負けです。
後手は、だいたいこのような局面を想定して、指し手を進めていたように思えます。
手順中、先手4七金が疑問手だと思います。
角換わりの将棋は、左金が意外とポイントになるケースが多く見られます。相居飛車の腰掛銀を見れば分かると思います。
先手4七金は、左側に隙を作りすぎ、まだしも4七銀から3八金ならバランスが保てています。それだと、後手はどのように駒を進めていたのでしょうか?

上図にしても、後手4二銀に不満があります。今は3三桂の支えになっていますが、・・・・そんなこと関係ないのかな?
指し手の難しい先手は、次に悪手を指してしまいました。
それを逃さないところに、この戦法の面白味があるのだと思います。

続く。


~初心者(大人)女性子供将棋教室~

2017年季節は秋、心身とも充実した季節になります。
この時期こそ、新しいことにチャレンジしてみませんか?

頭のスポーツに適した環境ではないかと思います。
この時期に、何か習い事をしてみませんか?

将棋という歴史あるゲームを覚えて、知力や頭の回転力を育ててはどうでしょうか?

将棋サロンでは、低料金で一生の技術習得や趣味を通した新しい良い仲間つくりを応援いたします。


~初回無料体験教室あります~

親御様も無料見学出来ます!!
ので、お気軽にお越し下さい!!



~六郷杯リーグ戦~
参加者募集中です!

~初心者(大人)女性将棋教室も生徒募集しています!~

お問い合わせ 03-3737-0588

~今日の一言~

努力否定論、楽して上手くいく。そんな言葉も最近耳にします。
それは、好きなことであり正しいことを意味しています。

責任を持てる大人になる!


~雑色駅前将棋サロンホーム~

腹の立つことは仕方ありません。

教室も小学生中心だと、上手く行かないことは多くあります。
慣れて来ると、私の言うこともすぐには聞きません。
強い生徒が多ければ、また違うようにも思いますが、今は8級あたりが中心です。
そんな雰囲気も、仕方ないように思います。

有段者になると、私の教室では物足りないと感じることはしょうがないと思います。
対戦相手不足は、小さな教室では慢性的な症状です。
将棋を勉強と捉えれば問題はありませんが、そのあたりが小学生の遊び(習い事)と、中学生以上のクラブ活動の違いだと思います。
小学生では、理解しがたいことでしょう。
それが、普通の考えです。
ですが、普通の考えでは普通以上の「もの」は得られません。
「もの」とは、何でしょうか?
経験、知識、実力、そんな「もの」もあるかも知れませんが、何も意識しなければ、ただの時間の浪費にもなります。
そのあたりは、本人自身の自覚でしかありません。
私も感覚的なことだし、結果を出したわけではないので答えが分かりません。

小学生は、おおむね見えることをします。
良し悪しが単純ですから、その場ではっきりと注意すれば、問題はありません。
しかしたまに、引っかかることを言われます。
「時間が無いけど、誰かと指したいな。」とA君(イニシャルではありません。)が言うから、「それじゃ、B君ともう一度指しなさい。」と私が言うと、「B君とは指したくないけど、まだ指したい。」と言いました。
見回したところ、B君以外に空いている生徒もいないので、「時間があるならB君しかいないので、B君と指しなさい。」と言うと、その場に居ない「おじいちゃんが帰りなさいと言っているので、帰る。」と言いました。

以前にも、状況は全然違いますが、「お母さんが言っているので」とか「お父さんに」など、明らかに自身の判断で良さそうなことを、他人を通した言い方をする子供がいました。
サロン教室は、営業時間内は自由で、すべて本人の判断に任せています。
本人の意思は尊重しています。
それでも「だれだれが言っているので、」という、言い方をするのはなぜでしょう?

一つには、私より上の人を出せば、「自分に関係無く」思ったことを進められる。との考え方です。
何度も言いますが、サロン教室は本人の意思は尊重していますので、たとえ何も理由が無くても、帰る、休む、指す、は自由です。
それを「自分の言葉として」言わないことは、何か間違っているように思えます。
いや、女の子は分かりませんが、男の子なら、自分のことには「責任」を持てるようにならないといけません。
確かに、目上の判断を仰がないといけないことは多いと思います。
将棋を教えるにあっても、盤上は、すべて自分の責任です。

責任を逃れる(隠れた生き方?)性格は、世の中的にはずるがしこいかも知れませんが、悪いこととの答えはありません。
その他大勢で、普通と言われる一つのように思えます。
ただ、それで良いのか?と言われれば、男らしく無いとも言えます。

少なくても、私はそのような人を嫌います。
武士道、大和魂、サムライ魂、日本男児などのように将棋道があれば、「責任」を持てる大人に育ってもらいたいと思います。

いじめ問題、ネット中傷などもそうですが、大物とか黒幕、役人気質も法律に頼りすぎると責任を隠します。

責任を隠す大人に、
腹の立つことは仕方ありません。


~初心者(大人)女性子供将棋教室~

2017年心機一転、新しいことにチャレンジしてみませんか?

暖かくなり、明るい季節が来ます。
頭のスポーツに適した環境ではないかと思います。
この時期に、何か習い事をしてみませんか?

将棋という歴史あるゲームを覚えて、知力や頭の回転力を育ててはどうでしょうか?

将棋サロンでは、低料金で一生の技術習得や趣味を通した新しい良い仲間つくりを応援いたします。


~初回無料体験教室あります~

親御様も無料見学出来ます!!
ので、お気軽にお越し下さい!!



~六郷杯リーグ戦~
参加者募集中です!

~初心者(大人)女性将棋教室も生徒募集しています!~

お問い合わせ 03-3737-0588

~今日の一言~

心配性?
例えば私が、空梅雨のことを心配してもしょうがない。
それだけでも、損な性格だと思う。

思い出の修正。(脳内の話。)


~雑色駅前将棋サロンホーム~

LD(学習障害)は、病気じゃない?
最近、「え!そうなんだあ~。」と思ったことです。

LDは脳の病気では無く、脳内の中枢神経で何かしらのトラブルで起こることだそうです。
脳内のトラブルがあっても、病気では無い?
一般的には、普通の状態に戻すことが出来なければ病気のように思えますが、違いますか?
LDは、その人が持っている、特性とか個性みたいなことでしょうか?

2対6対2の法則ではありませんが、普通がある世の中には、普通以上の人や普通以下の人たちも含めて、普通という概念があると言うことかも知れません。
もしかしたら、医科学的に直す(治す)ことが出来ないから病気では無い、ことになっているようにも思えます。

LD以外にも、ADHD(注意欠陥・多動性障害)やDRD(失読症)なども最近理解されている、先天性の症状があります。
以前は先天性でも後天性でも、同じように考えられていたので、分かりやすくなったように思います。
医学の発達と言えば、そうですが、何となく、いまごろかよ、と言いたくもなります。
CTスキャンのようなものが大きく活躍したのかな?とも思います。
確かにレントゲン程度では、生きている脳内のことは良く分からないでしょう。

こう言った症状は、大人になると分かりにくいものだそうです。
確かに少し苦手なことや、他人より劣ることは多くありますので、私も今は名前が無いかも知れませんが、そのうち何か、名前の付く症状があるのかも知れません。

理解されることは大切なことです。
そう言った意味でも、今どきの子供たちは良い環境だと言えます。
私は、ハッキリとした症状はありませんでしたが、なぜか、みじめなことが多かったようにも思えます。

教室では小学生中心ですので、こう言った症状は良く分かります。
親御様からカミングアウトされることもあるので、なおさらです。
そのあたりが将棋とは違う、「教育の意識」を表すところだと思っています。

国内でのLD症状のある子供は、6~8%だそうです。
そして男の子は、女の子の3倍になるそうです。
DRDは国内では少ないそうですが、欧米では、15%程度いるそうです。
トムクルーズやアンシュタインをはじめ、有名人や知識人もたくさんいるそうです。
そう言ったところから見えることも多いし、いろいろな、「なぜ」も分かりそうです。
そして何よりも、やはり病気では無く、普通のことだと言うことも分かります。

ある程度の年齢になれば、いろいろな他人を見ることになります。
過去を振り返ると、LDやADHDだったのかな?と思う人は多くいます。
そして、DRDのような人も、

将棋では、止まって考えることのできない人(早指し)、逆になかなか指せない人(長考派)、両極端の人は良く見かけます。
何かしらの症状があるわけではありませんが、その傾向があるのかも知れません。
落ち着いているとか、活発だと言うことだけでも、傾向としてはあるような気がします。

ただ、極端な行動があれば、目立つだけのことかも知れません。

続く。


~初心者(大人)女性子供将棋教室~

2017年心機一転、新しいことにチャレンジしてみませんか?

暖かくなり、明るい季節が来ます。
頭のスポーツに適した環境ではないかと思います。
この時期に、何か習い事をしてみませんか?

将棋という歴史あるゲームを覚えて、知力や頭の回転力を育ててはどうでしょうか?

将棋サロンでは、低料金で一生の技術習得や趣味を通した新しい良い仲間つくりを応援いたします。


~初回無料体験教室あります~

親御様も無料見学出来ます!!
ので、お気軽にお越し下さい!!



~六郷杯リーグ戦~
参加者募集中です!

~初心者(大人)女性将棋教室も生徒募集しています!~

お問い合わせ 03-3737-0588

~今日の一言~

人の魅力とかも、極端な行動が表している結果なのでしょうか?

好きなことは、続けること!


~雑色駅前将棋サロンホーム~

私は商売人では無く、職人だったのでは?
いまごろ気づく話だろうか?

母方の父が、戦前材木問屋として成功しているし、私の両親は蕎麦屋でした。
そんなこと私には関係無いと思いますが、やはり血筋は商人だと思うし、「継ぐ」のは自然なことです。
職人だと思う気持ちは、
違ったかな?まさしく、いまごろ?この年になって?遅すぎるよ、と思ってしまいます。

結局人って、好き嫌いで、大部分決まって来るように思います。
どんなことでも、飽きたりつまらなくなったりします。
それ以外でも、いろいろな弊害で、続けられなくなることもあります。
それを乗り越えられる状態に戻すのは、「好きだから続ける。」気持ちにあるように思います。

好きだから続ける。気持ちの中には、信じられない力を生み出すこともあります。
考えられない、現実とは思えない出来事も起きることがあります。
嘘だと思ったら、とにかく好きなことを、どんなことがあっても続けてみて下さい。
諦めなかったときに、奇跡(本当は、普通の出来事にすぎません。)は起こります。

逆に言うと、あれもこれも何でも手を出す方が良くないとの話にもなりそうです。
橋本聖子さんみたいに、スケートと自転車でオリンピックに出て、今では政治家です。
でも何か、一貫性があるように思います。
ひと言でいうと、極限状態に強い精神力を作り上げた、結果だと思います。
勿論、誰にでも出来ることでは無いし、私が評価できる人ではありません。

私が思うに、人には考えられるほど、時間が無いように思います。
知識としては、情報の氾濫でいろいろな有名人を観ます。
当然ひとりひとりには、膨大な経験や努力があります。
それでも頂点の一瞬だけを見て、憧れます。
見えていない(見せていないとも言えます。)部分を知ることが、本当は大切なことだと思います。

お金は感謝の代用品であり、価値観は変動しますが、正しい経済概念があると思います。
プロとは、それぞれの世界で、お金を取れる技術を言います。
教える教わることとは別に、技術を見せることで収入を得ることを、一般的にはプロ選手と言います。

それでは、どのレベル以上がプロ選手なのでしょうか?
大相撲やプロ野球は誰でも分かります。
将棋も分かります。
では、終わり方はどうでしょう?
見せる技術とは、どこら辺までを言うのでしょうか?
後は、制度の問題だと思います。

育成のしかたを誤ると、業界自体が揺らぎます。


~初心者(大人)女性子供将棋教室~

2017年心機一転、新しいことにチャレンジしてみませんか?

暖かくなり、明るい季節が来ます。
頭のスポーツに適した環境ではないかと思います。
この時期に、何か習い事をしてみませんか?

将棋という歴史あるゲームを覚えて、知力や頭の回転力を育ててはどうでしょうか?

将棋サロンでは、低料金で一生の技術習得や趣味を通した新しい良い仲間つくりを応援いたします。


~初回無料体験教室あります~

親御様も無料見学出来ます!!
ので、お気軽にお越し下さい!!



~六郷杯リーグ戦~
参加者募集中です!

~初心者(大人)女性将棋教室も生徒募集しています!~

お問い合わせ 03-3737-0588

~今日の一言~


私が、「好きなことならば、続けなさい。」と言っても、もう一つ信用がありません。
それは私自身が、何か「結果」を出していないことにあります。
結果を欲しがることは、本当に大切なことでしょうか?

先生と言われて、思うこと。(自信は、神気です。)


~雑色駅前将棋サロンホーム~

私の四年生と五年生では、大きく変わりました。
今思い出しても、ほとんど曇り空だったのが、晴れて明るい日々に変わったようです。(天気の話ではありません。)
クラスメイトは変わりませんが、遊ぶ友達は変わりました。
先生は、確かに私と相性の良い先生に代わったことが大きくあります。
きっかけは、いろいろありますが、一つではありません。
良いことも悪いことも、流れみたいなことはあります。

信頼されることで、「出来る」と言う自信みたいな意識が芽生えました。
それでも努力の足りなさや要領の悪さから、上手く行かないことも多くあります。

クラスは違いますが、ひとりでは無く、いつも二人で隠れた姿で、私をからかう卑劣な子供もいました。
今どきで言う、ネットの誹謗中傷を繰り返すような人かも知れません。
基本的に、ほっとくとか無視する方法が多かったと思います。
それも今では、正しい判断だったと思います。

六年生のとき、体育館で男子全員(60人)で、ソフトボール大会の打ち合わせがありました。
その中の一つに、学年のキャプテンを決める決議もありました。
四年生のときの担任が、そのときの指導の先生です。

「それでは、キャプテンを決めます。誰か推薦して下さい。」と60人の生徒に聞きました。
「はい。」と一人の生徒が手を上げて、先生は「どうぞ。」と言い、「村上君が良いと思います。」村上君のお父さんがチームの監督でもあるし、村上君自身チームの中心人物です。
先生は、「他にはいませんか?」の問いに、別の生徒が「はい。」と手を上げて、「内藤君が良いと思います。」内藤君は、私と同じクラスで人気者です。何をやっても出来る生徒です。勿論、野球も上手でした。
先生の「もういませんか?」の問いに、「はい。」と手を上げて、「長澤君が良いと思います。」一瞬生徒たちは、ざわめきました。
いつも私を陰から揶揄する二人の一人でした。
私の名前を出してから、二人でクスクス笑う姿が見えます。
何度も言いますが、私はキャプテンの器でもないし、まだ実力もありません。
それは、六年男子みんな知っていることです。
先生も同じです。
先生は、「それは、まじめに言っているのかね。」と強い口調で、聞き返しました。
私を揶揄した生徒は、自信なさげに、「は、はい。」と答えました。
先生は私に、「この推薦、受けるか受けないかは、君が決めなさい。」と強い目つきで言いました。

私は躊躇無く、「受けます。立候補します。」と答えました。
また生徒たちは、ざわめきました。
私自身、からかわれているのは分かります。
しかし先生に、「君が決めなさい。」と言われて、何か反発する気持ちが、先生だって、私がキャプテンである存在を否定しています。
これが、今の(六年生の担任)先生だったらどうするか分かりません。
とにかく、ダメでも何でも強い自分を表現したかった。
自信のある自分を見せたかった。

結果は挙手ですが、村上君30票、内藤君28票、私2票。
子供は純粋ですし、当然の結果です。
しかし私を揶揄した生徒は、ばつが悪そうですし、先生も何かを感じて頂いたらそれで良いのです。

自信とは、「前向きな気持ち」です。
それで失敗することも多くあります。
しかし、この話のように何も上手く行っていない(変わっていない)出来事でも、心身が気持ちよく晴れやかになれます。
四年生の私だったら泣いて終わりですし、誰の心も動かせません。

自信は、他人を変えることが出来る。
結果では無く、行動です。

終わり。


~初心者(大人)女性子供将棋教室~

2017年心機一転、新しいことにチャレンジしてみませんか?

暖かくなり、明るい季節が来ます。
頭のスポーツに適した環境ではないかと思います。
この時期に、何か習い事をしてみませんか?

将棋という歴史あるゲームを覚えて、知力や頭の回転力を育ててはどうでしょうか?

将棋サロンでは、低料金で一生の技術習得や趣味を通した新しい良い仲間つくりを応援いたします。


~初回無料体験教室あります~

親御様も無料見学出来ます!!
ので、お気軽にお越し下さい!!



~六郷杯リーグ戦~
参加者募集中です!

~初心者(大人)女性将棋教室も生徒募集しています!~

お問い合わせ 03-3737-0588

~今日の一言~

小学生時代の自信は大きな財産でしたが、なにせ努力の足りない怠け者だったので、後に苦労しました。

先生と言われて、思うこと。(信頼と言う魔法。)


~雑色駅前将棋サロンホーム~

出来の悪い生徒は、頭からそう思われてしまう。
たまたま時代がそうだったのか、四年生のときの先生(担任)がそういう人だったのか?分かりません。
先生は、みんなの前で言いました。
「長澤君の答えは、認めません。」
40人の生徒は、どう思ったのでしょうか?
そして私は、どうすれば良いのでしょう。

この時代は、集団での無視や陰湿ないじめはあまり問題視されていませんでした。
いじめっ子や番長などの、遊びでの強弱はあったと思います。
女子は正しく、正義の味方的な役割もありました。
そして、先生への権威や尊敬の念は今以上にあります。
子供から見ると、先生は間違ったことはしません。すべて正しいとなります。

「そら見ろ。先生が認めたじゃないか!お前は、カンニングしたんだ!」隣のいじめっ子は罵倒しました。
教室は緊張感に包まれ、言葉もありません。
先生、私、隣のいじめっ子、三人の事態の行く末を、沈黙の中見守ります。
私は、机の前に立っています。
「僕、観ていません。自分で考えて書きました。」と言い、目頭が熱くなります。
「長澤君の答えは、認められません。」先生は、同じことを繰り返し言いました。

涙がひとしずく流れ出すと、止まらなくなりました。
このときは、悔しさの意味が分かりませんでした。
なぜ、悔しいのか?
胸がひきつり、胃が縮み、息さえもできないよな症状。
心の苦しみがすべて体に出て来るように感じます。
とにかく、ぼろぼろ流れ出す涙が止まらなくて仕方ありません。
好きな女の子にも、弱いところを見せたくない気持ちもありますが、涙は止まりません。
ひいひい、ひいひいと、苦しい声も教室に響きます。

「長澤君、席に座りなさい。次の問題に行きます。」先生は何事もなかったように進めます。
私一人のために、授業を止めることはできません。
私にも、次の用紙が回って来ました。
涙で用紙が濡れ、鉛筆も手が震えてまともに持てません。
とても、正常に考えられる状態ではありません。
それでも、解答のとき先生は私のところに来て、白紙の、いや、涙で濡れた用紙を観て、「やっぱりだめだ。」と言い振り返りました。

この話はもう少しありましたが、何せ記憶があいまいです。
数日後に好きな女の子からも、「長澤君カンニングしたんでしょ。」と言われたことがショックでした。

五年生になり、信頼できる先生(担任)にもこの話をしました。
そのときは、先生がなんて答えたか忘れましたが、「大人でも、先生でも間違えはあります。長澤君が正しければ、自然とその出来事は無くなります。あとで思い出しても、長澤君は正解を出したし、誰も長澤君がカンニングしたとは思わなくなります。」
そのようなことを言われたように思います。

実は、この出来事がいつまでも忘れらない記憶にあるのは、
五年生の先生の「言葉にある」と思います。
私のことを分かってくれている、「信頼」して頂いている。

四年生の担任は六年生のときには違いますが、大田区レベルのソフトボール大会か何かのキャプテンを決めるときに、指導して頂いた記憶があります。
私もスポーツは好きで、みんなと積極的に遊んだ思い出はあります。
しかし、エースとか四番とかの器ではありません。
学年レベルでは、かろうじて外野に入れるかな、程度です。

六年生男子六十人くらい、体育館に集まり、学年のキャプテンを生徒たちで決める推薦をしました。
そのときに、三人くらい推薦されました。
その中に私も入ったのですが、勿論、まじめな推薦ではありません。

続く。


~初心者(大人)女性子供将棋教室~

2017年心機一転、新しいことにチャレンジしてみませんか?

暖かくなり、明るい季節が来ます。
頭のスポーツに適した環境ではないかと思います。
この時期に、何か習い事をしてみませんか?

将棋という歴史あるゲームを覚えて、知力や頭の回転力を育ててはどうでしょうか?

将棋サロンでは、低料金で一生の技術習得や趣味を通した新しい良い仲間つくりを応援いたします。


~初回無料体験教室あります~

親御様も無料見学出来ます!!
ので、お気軽にお越し下さい!!



~六郷杯リーグ戦~
参加者募集中です!

~初心者(大人)女性将棋教室も生徒募集しています!~

お問い合わせ 03-3737-0588

~今日の一言~

「普通」という言葉があります。
しかし、すべてにおいて普通の人などいません。

先生と言われて、思うこと。


~雑色駅前将棋サロンホーム~

将棋教室は、将棋を通して「教育を学ぶ。」ですが、では基本には何があるのでしょう?
技術、知識は勿論のこと、根底となすことは、「正しい道」の導きです。
特に小学生中心ですので、生活態度や他人との関わり合いは、大切な時期のように思えます。
今時代の常識は、子供ひとりひとりのケアは大切で進んでいます。
親御様の意識も高いので、大きな間違いは少ないようにも思えます。

私も教室を始めるまでは、「先生」と言われたことがありませんでした。
なぜ、先生と言われるのか?
子供から見れば、先生と言う以外には無いように思います。
そうじゃなければ、教室自体成立しないからです。
だから将棋だけで無く、家庭教育、学校教育、社会教育の一端も押さえとかなくいけません。
足りない部分を、補足できるかどうかの問題です。
じゃなければ、教室に来ている意味が無くなります。

今の時代、子供たちが学校で何を学び、どのような「正しい道」を進んでいるのか?
すべてを知ることはできませんが、子供たちを見ていれば私の時代とはだいぶ違うな、そんな感じは受けます。
ひと言でいえば、大切に育てられています。
今時代だから当然のことですが、御釈迦様の言う「中道の教え」と同じく、極端な道は良いことが無く、常に自然体に戻るものです。
学校教育は、平均を目指していることが基本です。

私の少年時代、分かりやすいので、ちびまる子ちゃんのキャラを使います。
時代背景も、ほぼ同じようでもあります。
どこかで書きましたが、四年生は永沢君(本当は、藤木君)でしたが、五年生になったら杉山君(本当は、ハマジかな)になったつもりでした。
きっかけは、いろいろあります。
いろいろと言うのは、一つでは無く、一つの流れみたいなものだと思います。
良いことも悪いことも瞬間的なことだけで無く、継続性と言うのか、道みたいなことでしょう。

一つには、四年生から五年生に変わったときに先生も代わりました。
四年生のときの先生が悪いのでは無く、私との相性が悪かっただけです。
ただ、昔の先生なのか、厳しかったように思います。

あいまいな記憶もありますが、私自身忘れられない四年生の出来事です。
何かの小テストだったと思います。
短い問題で、すぐに答えを集め、何回も繰り返します。
何か閃いて、私は「出来た!」と言って答案に書き込みました。
そのとき、隣と目が合いました。
隣には友達がいます。
それは私がそう思っているだけで、友達と言うよりもいじめっ子で、私は遊ばれているだけの仲でした。

クラスは40人で、5、6人くらいしか出来ていない問題でした。
その中に、私と隣も入りました。
私としては上出来で、なかなかあることではありません。

喜ぶ私を観て、隣は「お前、俺の観ただろう!」「いや、観ていない!」の言い争いになり、騒がしくなりました。
仲裁に入った先生は、みんなの前で「今回は、長澤君の答えは認められません。」とはっきり言いました。

続く。


~初心者(大人)女性子供将棋教室~

2017年心機一転、新しいことにチャレンジしてみませんか?

暖かくなり、明るい季節が来ます。
頭のスポーツに適した環境ではないかと思います。
この時期に、何か習い事をしてみませんか?

将棋という歴史あるゲームを覚えて、知力や頭の回転力を育ててはどうでしょうか?

将棋サロンでは、低料金で一生の技術習得や趣味を通した新しい良い仲間つくりを応援いたします。


~初回無料体験教室あります~

親御様も無料見学出来ます!!
ので、お気軽にお越し下さい!!



~六郷杯リーグ戦~
参加者募集中です!

~初心者(大人)女性将棋教室も生徒募集しています!~

お問い合わせ 03-3737-0588

~今日の一言~

学校教育は国の方針が決まっているので、先生個々の個性は出しずらいそうです。
その上、ものすごく多忙と聞きます。

きのうよりあした!


~雑色駅前将棋サロンホーム~

確かに直感は大切なことです。

と言うよりも、私たちの生活自体ほとんど直感で動いているようなものです。
あまり考えて生活していません。
考えるポイントはありそうですが、同じことの繰り返しならば考える必要性が無くなります。
しかし何か上手く行かなくなると、常に考えて(心配して)動かなくてはいけません。

将棋で言う、考えなくても上手く行く(勝てる)とは、自分より弱い相手のときだけです。
強くなりたければ、常に考えて指す習慣は大切だと思います。
プロとアマチュアの「差」が、考える時間にあることは何度か書いています。

では、一局にどのくらいの時間を使えば良いのでしょうか?
私には分かりませんが、奨励会級位者以下ならば、持ち時間60分切れたら一手1分、段位者ならば持ち時間90分切れたら一手1分です。
プロは、一日かけて一局です。
さすがにアマチュアでは無理な話ですが、奨励会の持ち時間に一つの答えがあるのは確かです。

時間を使って将棋を指す。
と言われも、何か漠然としています。
やはり序盤中盤終盤と、3つに分けて考えると整理しやすいと思います。

序盤は「知識」です。
戦いが始まる前後までを言います。
ある程度自分の構想(戦いの準備で、作戦とも言えます)の中で進めることが出来るので、知る(知識)ことが容易とも言えます。
終盤は、私は「鍛練」だと考えています。
詰め将棋のような、手筋を数多く覚える必要性があります。

序盤と終盤はどちらかと言うと、「確認」とか「思い出す」ようなことに時間を使うのだと思います。
中盤戦は、私は「経験」としていますが、確認とか思い出す作業でも勝てます。
それは、勝てるだけの話で強くなる本質にはつながりません。

中盤戦の中に、強くなるための「考える時間」があるように思えます。
中盤戦は車の運転のように、走る時間イコールが技術習得になります。
車の乗り方の基本は学びますが、状況判断は自分の経験でしかありません。
極論ですが、上手い人の乗り方よりも自身の経験が勝るように思います。

時間を使う(考える)ポイントは中盤戦にあります。
その中にも、読むのか見る(または確認)のかの違いもあります。

私の実戦からのサンプルです。
上手4四歩 下手6四銀同歩まで下図

CIMG5082.jpg

手合いは二枚落ちです。
二枚落ちは、野球で言えば7対0からのハンデ戦です。
それが7対0のまま、6回まで進んだ局面だと考えれば分かりやすいと思います。

下手どう指しても良さそうですが、どこから行きましょうか?
下手のお客様は、ここで長考されました。

私の読みでは、下手4四歩、2五銀、6六歩の三つを予想していました。
下手4四歩では、上手同銀 2四歩1五銀。
下手2五銀では、上手5六歩 同歩8六歩 同歩7六金。
下手6六歩では、上手7六金 7四歩6三王。
本譜は違う手を指されましたが、ここからの逆転は容易ではありません。

大切なことは、上図は中盤戦の考えるポイントです。
岐路となる局面は、選んだ道を深く読まなければなりません。
選ぶための考えと、選んだ道を深く読む。
考えることが、直感では得られない技術上達です。

それが、自身の「経験を積む」として大切なことだと思います。


~初心者(大人)女性子供将棋教室~

2017年心機一転、新しいことにチャレンジしてみませんか?

暖かくなり、明るい季節が来ます。
頭のスポーツに適した環境ではないかと思います。
この時期に、何か習い事をしてみませんか?

将棋という歴史あるゲームを覚えて、知力や頭の回転力を育ててはどうでしょうか?

将棋サロンでは、低料金で一生の技術習得や趣味を通した新しい良い仲間つくりを応援いたします。


~初回無料体験教室あります~

親御様も無料見学出来ます!!
ので、お気軽にお越し下さい!!



~六郷杯リーグ戦~
参加者募集中です!

~初心者(大人)女性将棋教室も生徒募集しています!~

お問い合わせ 03-3737-0588

~今日の一言~

似たようなことばかり書いて申し訳ありませんが、大切なことだからこそこのような内容になるのだと思います。

七人の侍!勘平衛に見る教えとは?


~雑色駅前将棋サロンホーム~

「わしも歳でな~、戦(いくさ)には、こりごりじゃの。」
とは、七人の侍での島田勘平衛(志村喬)の言葉です。

侍へのあこがれは、今時代だからこそあるように思います。
七人の侍には、「強さと正義」が、カッコよさの象徴だと思います。

勘平衛は浪人です。
普段は何をしているのでしょうか?
浪人と聞くと、今は中途半端のイメージしかありません。
確かに江戸時代でも、浪人は中途半端です。
しかし身分制社会の武士は、子供の頃から教育を受けているので、普通の生活の中でも今でいう公務員や事務職など、それなりの仕事もあったそうです。

侍は強さと正義だけではなく、教養や家柄も高かったと言うことですな。
だからこそ、プライド(カッコよさ)があるのでしょう。
勿論、貧乏な侍も普通にいたと思います。

正義は誰でも憧れますが、「正義の味方」は、子供の世界にしか現れません。
何をもって悪なのか?
悪役がいなければ、正義の味方は成立しないようです。

強さに対するあこがれは無限のものです。
「勝負」という言葉がある限り、強さを求めます。

将棋に限らずあらゆるもので、強さを競い合う「勝負」があります。
しかし強くなるには、勝負に「勝つ工夫」であって、勝負自体ではありません。

将棋でも、「将棋-勝負=教育」
これが出来て、初めて教室が成り立つのだと思います。
勝負として勝つのではなく、勝つことが自然(普通)になれば、おのずと「強くなった」と言うことです。

強さは、あこがれです。
「強くなりたい」とは、あこがれられたいとも解釈できます。

勘平衛の強さは、善意の想いがあります。
赤子を助けたときも、村を救ったときも、名誉(あこがれ)やお金(仕事)ではありません。

もしかしたら私たちの強さへのあこがれは、「名誉とお金」が付いて来るからでしょうか?
それは結果であり、強くなる過程では何もない(修行や勉強)ものです。

勘平衛の名台詞を紹介します。

「若いころは、金や出世のために戦ったものだ。」
「この飯、おろそかに食わんぞ!」
「人を守ってこそ自分も守れる。己のことばかり考える奴は己をも滅ぼす奴だ。」
「戦いに出て走れなくなったときは死ぬときだ」

何か心に残り、今でも生きるために必要な台詞に聞こえます。


~初心者(大人)女性子供将棋教室~

2017年心機一転、新しいことにチャレンジしてみませんか?

暖かくなり、明るい季節が来ます。
頭のスポーツに適した環境ではないかと思います。
この時期に、何か習い事をしてみませんか?

将棋という歴史あるゲームを覚えて、知力や頭の回転力を育ててはどうでしょうか?

将棋サロンでは、低料金で一生の技術習得や趣味を通した新しい良い仲間つくりを応援いたします。


~初回無料体験教室あります~

親御様も無料見学出来ます!!
ので、お気軽にお越し下さい!!



~六郷杯リーグ戦~
参加者募集中です!

~初心者(大人)女性将棋教室も生徒募集しています!~

お問い合わせ 03-3737-0588

~今日の一言~

映画の話は、現実社会には通用しないものです。
だからこそ、普段には無い「気づき」があるように思えます。

勝つ楽しさと学ぶ楽しさ!


~雑色駅前将棋サロンホーム~

ポジティブ思考なら良いのですが、ネガティブ思考を書いて不愉快にさせることはいけません。
そんなときには、時間(時)が助けてくれます。
結果にはこだわらず、どんなことが起きても必ず将来にはプラスになると、心の状態だけは中道を意識する。
そんなことも大切だと思います。

春休みこども将棋大会in新宿!
大きな大会ではありませんが、参加する教室生徒もいます。
中学生以下対象なので、棋力以上に小さな子供にはきついところがありそうです。

火曜日にBクラス(1級から5級)で出場したI・K君(新三年生、3級)は準優勝だったそうです。
それは、実力からしても順当なところだと思います。

決勝の将棋を観さしてもらいました。
角換わりの相居飛車です。
中終盤の力は同じくらいですが、序盤知識で、やや劣っていたように見えました。
しかし何も問題ありません。
今までやってきたことを、同じように続けていれば良いと思います。
現状は、どんな結果でも通過点でしかありません。

水曜日はCクラス(6級から10級)に、T兄妹も行ったそうです。
T・R君(新四年生、8級)は6位でした。
T・Hちゃん(新二年生、9級)は4位です。
出場人数が20数人と少なかったようですが、上位入賞はびっくりしました。

T兄妹は、教室には比較的長く来ていますが、あまり外の大会には慣れていません。
昨年のビックサイト(JT杯こども将棋大会)だけだし、連盟道場も行ったことが無いと思います。

将棋に対して、そして教室に行く意味は人それぞれ違います。
新しい意識が出るのか出ないかは、分かりません。
小学生でも初段が近くなると、いろいろ見え方が変わります。
学年が上がり、将棋世界なども読めるようになると夢も広がります。
そのような夢(時間)を、無駄にさせてはいけないことは大人なら当然のことです。

商売としての将棋ではいけません。
教育としての将棋は、私たちアマチュア講師の務めでもあります。

夢を売ることが、プロだと言われています。
それは、どんな世界でも同じです。
しかし道筋に問題があれば、間違った思考も生まれます。
どこかで、結論めいたことも出るかも知れません。
しかし、それは将来のプラスに動く一過程にしかないことでもあります。

新宿から戻ってきた二人は、楽しかったことを強調していました。
やはり、思いのほか「勝てた」ことにあると思います。
勝つことに、楽しさを求めるのは間違いです。
同じ数だけ負けるのだから、勝負は教育とは違います。
それを知ることは、まだ先のことで良いと思います。

T・Hちゃんが、3位決定戦に負けた将棋の一部だけ覚えている、と言うことで観さしてもらいました。
相手は居飛車穴熊です。
私は、「相手が穴熊のときは、王様が堅いので無理に攻めると反動が大きいよ」と言いました。
T・Hちゃんは、「王様が堅いって、何か分からない。」と言いました。
・・・・


~初心者(大人)女性子供将棋教室~

2017年心機一転、新しいことにチャレンジしてみませんか?

暖かくなり、明るい季節が来ます。
頭のスポーツに適した環境ではないかと思います。
この時期に、何か習い事をしてみませんか?

将棋という歴史あるゲームを覚えて、知力や頭の回転力を育ててはどうでしょうか?

将棋サロンでは、低料金で一生の技術習得や趣味を通した新しい良い仲間つくりを応援いたします。


~初回無料体験教室あります~

親御様も無料見学出来ます!!
ので、お気軽にお越し下さい!!



~六郷杯リーグ戦~
参加者募集中です!

~初心者(大人)女性将棋教室も生徒募集しています!~

お問い合わせ 03-3737-0588

~今日の一言~

三月最後の日は、寒い雨の日になりました。
雨は、大切な一過程です。
今は優れなくても、大切な一日であることには変わりません。
プロフィール

長澤席主

Author:長澤席主
他人を思いやれてこそ自立
傲慢で配慮がないのは孤立

名言カレンダー10月号より

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
1851位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
388位
アクセスランキングを見る>>
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア