1月も終わります。


~雑色駅前将棋サロンホーム~

第2回六郷杯リーグ戦(1月分)結果報告です。

CIMG1266.jpg

優勝 Y・H2級 11勝3敗(勝ち点8)
2位 S・S初段 10勝4敗(勝ち点6)
3位 T・H初段  7勝4敗(勝ち点3)
3位 Y・K1級  7勝4敗(勝ち点3)

優勝賞金3000円(教室生徒は図書カード3000円分)
2位以下は今のところ何も無しです。あしからず。

そして早くも
第3回六郷杯リーグ戦(2月分)対戦表が出来ました。
なんだか毎月更新だと結構速い。 

CIMG1267.jpg

今回は大人のお客様11人教室生徒11人(初級者生徒3人は、まだ将棋に成らないので今回は外しました)です。
1回2回と教室生徒の対局消化が早かったので有利(ルール上仕方ないです)に働きましたが、今回は大人のお客様でも意欲ある方も見えますので、面白いリーグ戦に成ると思います。

~六郷杯リーグ戦~
参加者募集中です!

そして招き猫2月分です。

CIMG1268.jpg

やはりアングル悪し。

1月の昇段昇級

Y・H君2級へ K・K君10級へ S・T君10級へ
以上です。


教室生徒の短期目標の一文です。

CIMG1243.jpg

Y・H君小学校3年生2級です。
フリーパス(出入り自由)で来て頂いています。

褒めて育てるとは、何歳くらいまでの子供に言う言葉でしょうか?
勝負の世界の将棋には必要なことなのでしょうか?
少なくとも本人が「遊びの将棋」より「授業の将棋」「クラブ活動の将棋」を求めるならば褒めることは要らないのかも知れません。
強く成ることが目的ならば、尚更だと思います。

CIMG1244.jpg

最後はなぜかM・H君小学校3年生7級です。
フリーパス(出入り自由)で来て頂いています。

多分ですけど、他の教室生徒も大人のお客様も本人も気づかないことがあると思います。
それはM・H君がまだ7級と弱く将棋の強さが出ていないからだと思います。
将棋には性格的に強く成る性格が有ると言うと偉そうですが、それとサロンに来るのが毎日の日課であるし良い将棋仲間にも恵まれています。
大事なことは、やめないで続けることです。


~今日の名言~

雑草とは何か?
その美点が
まだ発見されていない植物である


アメリカ・哲学者・作家  ラルフ・ワルド・エマーソン

~子供将棋教室~

寒い冬に外で遊ぶのは、元気が良くて良いことだと思いますが、

スキッリした頭で、温かい部屋の中で

将棋という歴史あるゲームを覚えて、知力や頭の回転力を育ててはいかがですか?

~初回無料体験教室あります~

親御様も無料見学出来ます!!
ので、お気軽にお越し下さい!!



~六郷杯リーグ戦~
参加者募集中です!

お問い合わせ 03-3737-0588

~今日の一言~

消費税が4月から8%そして来年10%(予定)に、なんだか慣れるのにかなり時間が掛かりそうだ。 

二段以上は未定です


~雑色駅前将棋サロンホーム~

主に小学生を主体にしている将棋サロン子供教室では、
「授業の将棋」「クラブ活動の将棋」「遊びの将棋」と、時と場合または生徒によって見分けるのが、分かりやすく的確な考え方なのではないかと思います。

日曜日に教室生徒のS・S君が会館道場で初段(サロン初段)S・D君が6級(サロン7級)に昇進したとの報告を受けました。
これでサロン子供教室の段級が日本で一番厳しい(大人は一般的)段級に成ったかな?
会館道場の昇級昇段規定は、連勝と好成績だそうです。
行けば何局でも指せるそうですが、負けているときは関係ありませんが、連勝中や昇級昇段の一番みたいなプレシュヤーの掛かる勝負将棋も多くあります。
その中を親御様に連れられて(遠いいのでなかなか行けません)数年かけて、10数級から一つ一つ昇って初段に成るのは大変なことです。

少し先の話ですが、研修会奨励会などは平均しての実力よりも、連勝連敗的な爆発力が有る方が昇級昇段しやすいそうです。


教室生徒の短期目標の一文です。

CIMG1241.jpg

S・S君小学校5年生初段です。
フリーパス(出入り自由)で来て頂いています。

上で褒めたのでここでは厳しく。
夏に初段にしましたが、夏以降スランプが続きました。
この一文を書いた年初めでも、なんだか自信の無い文章が見えます。
平手将棋と勝つことだけに思いが集中し、足りないことがあります。
それは心の余裕です。
「心に余裕とは」対戦相手や周りの気遣いなどの行儀礼儀から来るものです。
自分の得意なことを伸ばすのは良いのですが、不得意なことも進んで遣らないと将棋の上達に響きます。

CIMG1242.jpg

Y・K君小学校6年生1級です。
フリーパス(出入り自由)で来て頂いています。
教室生徒の年長でリーダー的な存在です。
一文でも現実的で的を得た内容が優秀さを表しています。

中学校入学時点での初段は将棋界でもまだまだ将来性がありますので、これからも続けてもらいたいと思います。

CIMG1263.jpg

I・M君小学校2年生9級です。
フリーパス(出入り自由)で来て頂いています。
どちらかと言えば「クラブ活動の将棋」から「遊びの将棋」をしています。
来られる回数が少ないので、6級に成るにはもう少し将棋に接する時間が欲しいと思います。


~今日の名言~

全ての偉人は、中産階級から輩出する

アメリカの思想家・哲学者  ラルフ・ワルド・エマーソン

~子供将棋教室~

寒い冬に外で遊ぶのは、元気が良くて良いことだと思いますが、

スキッリした頭で、温かい部屋の中で

将棋という歴史あるゲームを覚えて、知力や頭の回転力を育ててはいかがですか?

~初回無料体験教室あります~

親御様も無料見学出来ます!!
ので、お気軽にお越し下さい!!



~六郷杯リーグ戦~
参加者募集中です!

お問い合わせ 03-3737-0588

~今日の一言~

サロン教室の二段からの昇段規定がありませんが、そろそろ明確な規定を作らないといけません。 

1/25 子供教室


~雑色駅前将棋サロンホーム~

1月25日(土)

前田亮先生の子供教室感想です。



先週ですが東京の八重洲ブックセンターで開催された児玉龍兒先生の個展に行って来ました。
毎年一回開催される有名な個展で先月の将棋世界にも広告が載っていました。

児玉龍兒先生は将棋の盛上駒を制作する超一流の職人です。

御蔵島柘植の原木から成形加工、盛上げ工程から仕上げまで全て師ひとりで完遂します。
現代作家の中ではおそらく最高峰に位置する先生だと思います。

自分は数年前から将棋の駒に興味を持ち今では都内の有名老舗碁盤店を見てまわったりネットオークションなどで名品を楽しんでいます。

児玉龍兒先生の作品は一般の専門店では取り扱っていません。

展示会での直接注文でしか先生の作品は入手できずしかも納期は最低でも二年以上かかります。

自分もいつかは児玉龍兒先生の作品を所有したいと思っています。




前置きが長くなりましたがこの日も子供たちは本当に元気でした。


今年も将棋教室とは何なのか試行錯誤していきます。


土曜日の生徒さんはみんな六枚落ち以上になりました。

昨年までは八枚落ちや十枚落ちをやっていた生徒さんも今は六枚落ちです。

このブログでは今までに何回も書きましたが六枚落ちは「これで優勢」のところからが勝負です。

みんな1筋攻めをちゃんと勉強していて香車が成り飛車が成り1筋に歩を垂らしてと金を作るまでは完璧です。

ここからの指し方が六枚落ちを卒業出来るか出来ないかの分かれ道です。

すぐに上手の銀が取れるからといってせっかく作った成香で銀を取ってしまう子はなかなか卒業できません。

この場合は成香で銀を取るのではなく、と金で銀を取りに行くのが一番勝ちやすい考え方です。

龍と成香を攻めの主軸とし、と金で上手の金銀をただ取りするようなイメージで指せるようになれば満点です。


もうひとつの大事な事は角です。

上手は1筋攻めが受からないのでせめて角だけは封じ込めようとして55の位を取って中段玉で頑張ります。

下手は龍と成り駒だけでも勝てますがやはり角という大きな戦力を使わないのはもったいないです。

六枚落ちの生徒さんのほとんどが1筋攻めだけに目がいってしまい自陣の角の存在を忘れてしまっています。
中には角道を開けるのを忘れてしまっている子もいます。

1筋攻めは本当に優秀な戦法なのですが角を使うという事に関してはまた別に教えないといけないのかもしれません。

あまりにも優秀なので角を使わなくても勝ててしまうからです。

今のところは角の使い道に関しては六枚落ちを卒業してからでもいいのかなと考えています。

ただ1筋攻めを成功させてから角の活用を考える子には素晴らしいセンスを感じます。

全部の駒を使おうとするのはいずれ手合いがあがれば必ず必要になります。




やる気の無い子や集中力の切れた子にどうやって対応していくのかというのも今年の課題のひとつです。

前回は指導対局中にどっかにいってしまいそのまま家に帰ってしまった子がいましたが今日はちゃんとおとなしく詰め将棋の本を読んでいてくれました。

やはり対局が将棋教室のすべてではありません。


対局がやりたくない子には無理にやらせず本を読んだり詰め将棋を解かせたりしてみてそれで二時間おとなしくしてくれるのであればそれがその子にとって一番いい教室のあり方だと思います。

対局をやりたくない子の原因はやはり負けることが嫌なんだと思います。

将棋以外のボードゲームやテレビゲームもそうですがゲームそのものを楽しむ子と勝負に勝つ事を楽しむ子がいます。

人間同士の勝負で勝つ楽しさは自分もよくわかります。

逆に負けることの辛さもよくわかります。

自分の経験では勝負を楽しむタイプの子が努力する最大の理由は「負けたくないから」だと思います。

負けたくないし努力もしたくないとなると結果的に「やりたくない」になります。

そうゆう子には勝負を決めない詰め将棋や読書が一番いいんじゃないかと思います。




夕方になってから有段者の子が来てくれたので平手を何番か指しました。


順調に上達している子なのでなんの心配もいらない子です。

得意の石田流からの荒サバキにますます磨きがかかってきたようです。

このブログも読んでくれてるみたいで今年は石田流だけではなく普通の四間飛車や向飛車なんかも勉強中です。

出来たら今年中に三段から四段になって欲しいと思います。



今月は新しい教室生徒さんが一人増えてくれました。
早く他の子供達と仲良くなって欲しいと思います。

4月になるとみんな学年があがります。クラス替えなどがあるかどうかわかりませんが環境が変わると子供達はすぐに順応して成長します。

新学期が始まり新しい友達関係も増えると思います。

これが教室生徒の増加につながると期待しています。


前田 亮


~子供将棋教室~

寒い冬に外で遊ぶのは、元気が良くて良いことだと思いますが、

スキッリした頭で、温かい部屋の中で

将棋という歴史あるゲームを覚えて、知力や頭の回転力を育ててはいかがですか?

~初回無料体験教室あります~

親御様も無料見学出来ます!!
ので、お気軽にお越し下さい!!



~六郷杯リーグ戦~
参加者募集中です!

お問い合わせ 03-3737-0588

~仲六郷より~

子供同士将棋を通じた出会いは一生の友かも知れません。
将棋サロン子供教室での出会いが、かけがいのないものに成れば素晴らしいと思います。

6枚落ちの卒業には?


~雑色駅前将棋サロンホーム~

昼間の陽射しが強く、今日は少し暖かい陽気です。
日が暮れるのも遅く成り、だんだんと春の訪れを感じる季節に成りました。

何度も思うことですが教室生徒に6枚落ちを卒業させるには、どのような指導が良いのか難しい問題です。
2種類の定跡をどの様に理解させて、中段玉をどう寄せるか、そして詰ますか?
また、上手のいじわるやはったりを見抜くことが出来るかが課題で、ここまで出来れば完璧なのですが出来るから卒業なのではなくて、どの辺で卒業にするかが難しいのだと思います。
個人差は当然ですが、行儀教育も含むのは必要です。

現実的には途中で6枚落ちを卒業して、4枚落ちを勉強している時に、知らない内に6枚落ちが完璧に成るパターンが多いと思います。

算数でも、足し算引き算掛け算割り算~分数方程式と前の段階が途中でも、難しい問題を解いている内に前の簡単な問題を理解していきます。
同じような傾向かと思います。


前回の続きで、教室生徒の短期目標の一文です。
初級から7級の生徒で、6枚落ちを勉強中です。

CIMG1247.jpg

M・A君小学校4年生8級です。
土曜日の子供教室に来て頂いています。
やる気のあるまじめな生徒で、進んで6枚落ちの勉強をしています。
私自身良いのか良くないのか、やる気があるので将棋は自然と厳しく成ります。

CIMG1248.jpg

M・R君小学校2年生初級です。
フリーパス(出入り自由)で教室に来て頂いています。
どちらかと言うと平日の夕方に来て、一手詰み~ごろごろ将棋を中心に勉強します。
一人で来て帰れる元気な子供です。

CIMG1245.jpg

S・D君小学校2年生7級です。
フリーパス(出入り自由)で教室に来て頂いています。
人に将棋を教わる感じではなく、自分から進んで道を開くタイプです。
元気なのは良いのですが、行き過ぎない気持ちも大事です。

CIMG1264.jpg

S・G君小学校5年生10級です。
土曜日の子供教室に来て頂いています。
大変勉強の出来る生徒だそうです。
もうすぐ6年生です。
一人ではない、周りの人達を考えるように成れば心身ともに成長すると思います。


~今日の名言~

学校での成績が良かったからといって、
社会で認められるとは限らないのだよ


古代ギリシャ・寓話作家  アイソポス

~子供将棋教室~

寒い冬に外で遊ぶのは、元気が良くて良いことだと思いますが、

スキッリした頭で、温かい部屋の中で

将棋という歴史あるゲームを覚えて、知力や頭の回転力を育ててはいかがですか?

~初回無料体験教室あります~

親御様も無料見学出来ます!!
ので、お気軽にお越し下さい!!



~六郷杯リーグ戦~
参加者募集中です!

お問い合わせ 03-3737-0588

~今日の一言~

イソップ童話ってそんなに古い話だったんだ。 

遊びと学び?


~雑色駅前将棋サロンホーム~

都市圏の小学校では、よほど生徒数が少なくないかぎり学年別で授業や友達関係をつくると思います。
将棋サロンでは学年は一括りですが、将棋と言う一つの授業で技術向上と行儀教育を進めています。

その中で、将棋を「授業」「クラブ活動」「遊び」と捉え方はその時その時で違いますし全ての要素を含んでいます。
ですから「遊び」だけと捉えると「授業」「クラブ活動」と捉えている生徒との技術向上に差が出て来るのは致し方ありません。

また、2年生以下と3年生以上(低学年高学年の分け方より正確です)では、理解力集中力と勝負に対する考え方も違います。
教室生徒には2年生4人3年生4人と比較的他の学年より多いので、感じることも多くあります。
しかし同じメンバーで4月を迎えると2年生以下1人3年生以上12人と成り、教室風景も変わるのでしょうか?

2年生以下の「遊び」の将棋から、技術向上の正しい考え方としての「学ぶ」将棋を教えるかが一つの課題と成ります。


教室生徒の短期目標の一文が出そろいました。
比較的新しい生徒の一文から紹介します。

CIMG1251.jpg

I・T君小学校1年生で初級です。
日曜日の初心者向けに来て頂いています。
まじめで頑張り屋ですので、お家で一手詰めをたくさんすれば週一回の授業でも伸びると思います。

CIMG1246.jpg

K・K君小学校3年生で初級です。
日曜日の初心者向けに来て頂いています。
しっかりした字で、言わば勉強の出来る子だと思います。
将棋は始めたばかりで、まだ初級ですが上達も早いと思います。
今月末には10級に成ると思います。

CIMG1249.jpg

R・K君小学校2年生で初級です。
土曜日の子供教室に来て頂いています。
調子の波はありますが、教室に来たときにはキチンと二時間勉強しています。
二歳まで中国に居たそうです。月末は中国の旧正月で一時帰国するそうです。

CIMG1250.jpg

S・K君小学校3年生で初級です。
土曜日の午前の部に来て頂いています。
昨年から入会予定は有りましたが、時間的な御都合が付きませんでした。
土曜日の午前の部で今年から来て頂いています。


~今日の名言~

学べば学ぶほど、自分が何も知らなかった事に気づく。
気づけば気づくほどまた学びたくなる。


ドイツ・物理学者  アルベルト・アインシュタイン

ここでは三回目の名言に成ります。
勿論、自分自身に言い聞かして入る名言ですが、教室生徒に強く分かってもらいたい言葉でもあります。

~子供将棋教室~

寒い冬に外で遊ぶのは、元気が良くて良いことだと思いますが、

スキッリした頭で、温かい部屋の中で

将棋という歴史あるゲームを覚えて、知力や頭の回転力を育ててはいかがですか?

~初回無料体験教室あります~

親御様も無料見学出来ます!!
ので、お気軽にお越し下さい!!



~六郷杯リーグ戦~
参加者募集中です!

お問い合わせ 03-3737-0588

~今日の一言~

女性が将棋を始める理由はどこに有るのでしょうか?

話は突然変わります!


~雑色駅前将棋サロンホーム~

~去る者は追わず、来る者は拒まず~
将棋サロンとして将棋教室として、クラブまたはサークルとしての仕事や基本生活以外の集まり活動では、このような風通しの良い環境が一番ではないのでしょうか?

~遠くの親戚より近くの他人~と言うことわざも、将棋サロンでは~遠くの友人より、近くの新しい仲間~と成るのでしょうか?
小さな将棋サロンです。
あまり遠いいと、それだけの魅力が無いと行けないものですね。


気分を変えて、
第2回六郷杯リーグ戦1月分です。

CIMG1265.jpg

今週の土日は、常連さんや教室生徒がほぼ来てくれましたので、リーグ戦の消化も進みました。(スタンプインクの補充に失敗して、星取り表が汚く成りました)

今月は、教室生徒のY・H君が11勝2敗勝ち点9でほぼ逃げ切り状態です。
残り少ないですが、消化試合でも真剣に指してもらいたいと思います。
それが次の対局に必ずプラスに成るからです。
毎月新しいリーグ戦を開催しますので、勝ち負けにこだわらずどんどん指してもらいたいと思います。

リーグ戦は、手合い戦と勝引く負けの点数で順位を決めますので、初心者の方やあまり将棋サロン(月に2回位)に来られない御客様でも十分に優勝のチャンスが有りますので、是非参加のほど御願いいたします。

~六郷杯リーグ戦~参加費無料(優勝賞金あり教室生徒の優勝は図書カード)は、いつでも受付しています。

第3回リーグ戦2月分には、四段二段初心者の御客様3人と6級の親御様が追加参加されました。


話は突然変わります。
将棋の棋風は人の性格と一致するのでしょうか?

私は一致すると思います。
しかしあまり知られていませんが、人の性格は6年を基本に少しづつ変わるものらしいです。
それは日本の基本的教育と関係あるかも知れません。
7歳で小学校13歳で中学校19歳で大学または社会人26歳は大人としての自覚と結婚と、6年の周期で何かしらの環境変化(環境変化は人それぞれですが)がありますので、同時に性格も同じでは成らないようです。

私は今現在小学生の棋風と性格(現段階の教育課程でもあります)を見ることが出来ます。
初心者ですとなかなか棋風は分かりませんが、7級位から何となく出来て来ます。

小学生ですのである程度の甘えは仕方ありませんが、好きなこと遣りたいことしか出来ない我儘だと、我慢するのが苦手に成ります。
そんな生徒はまず攻め将棋に成りますので、序盤のバランスや受けが下手に成ります。
我儘を無くし我慢を覚えないと、なかなか将棋は上達しません。

やはり我慢することや考える努力をすることは大事なことです。
自ずと、行儀教育は棋力向上と比例するのが分かります。


~今日のヒント~

生活の中に人に良い香りは、頭脳に良い刺激を与えるそうです。
気持ちが不安定なときは、カモミール・グレープフルーツ・ラベンダー。
ストレスを感じているとき、ローズ・ネロリ・ラベンダー。
集中力が必要なとき、ペパーミント・ユーカリ・レモン・オレンジなどだそうです。

~子供将棋教室~

寒い冬に外で遊ぶのは、元気が良くて良いことだと思いますが、

スキッリした頭で、温かい部屋の中で

将棋という歴史あるゲームを覚えて、知力や頭の回転力を育ててはいかがですか?

~初回無料体験教室あります~

親御様も無料見学出来ます!!
ので、お気軽にお越し下さい!!



~六郷杯リーグ戦~
参加者募集中です!

お問い合わせ 03-3737-0588

~今日の一言~

私のような活字に弱い人間では、ブログを続けるのは結構大変です。
でも、初めて見える御客様に「結構面白い」と言われると、書き続ける気持ちが持てます。 

慣れることの大切さ!


~雑色駅前将棋サロンホーム~

最近は本当に寒い日が続いています。
こんな時期には沖縄みたいに温かい地方に行きたいと思います。
しかし東京の気温を調べると、最低気温でもマイナスには成らないようです。
東北北海道の人達から見れば「温かい環境で生ぬるい」と思われているのでしょうね。

人の能力才能には限界があると言われますが、本当でしょうか?
ずば抜けた能力才能を持つ人を天才と表現しますが、表現の仕方考え方はそれで良いのでしょうか?
勿論個人差(男女や生まれた地域環境)でも違いますが、人間の能力にはさほど変わりはないとも言われます。

そう言った能力才能を一目で分かりやすく判断出来れば、どうすれば能力を伸ばせるかが分かりやすく成ります。

スポーツでしたらオリンピックでしょうが、人間の肉体的能力全てを、個人団体競技能力として世界レベルで競い合います。
そこには目で見て騙しのない、誰が見ても納得の得られる結果が数字で出て来ます。

オリンピックでも昔は地域性(今でも有るのでしょうか?)が大きく有ったと思います。
夏季と冬季では強い国が違います。
それでも現代科学で人間の体をサイボーグに作り変えて挑戦しています。
数字に対しての挑戦は、私たちにも限界は見えますしアスリートを天才だと思いますが、あくまでも人間として見えます。
誰でも、若ければ挑戦したいと思う気持ちも出て来ます。

これが頭の才能に成ると、目で見ることが難しいと思う上に何をどう勉強し努力するのかも見え難いと思います。

今の子供たちに夢でも構いませんが、頭の才能を生かした生き方を教えるのはどのように教えるのが良いのでしょうか?
将棋囲碁の棋士は勿論ですが、科学者政治家音楽家または弁護士教授などは、まずは基本の学業を学び専門の知識を習います。
そう言うワンランク上の専門分野に成ると、普通の環境ではありません。

学業を生活環境に変えると、より寒い環境なら寒い環境に暑い環境なら暑い環境に、脳が慣れなければいけません。
東北北海道の人たちが、寒くとも寒いとは思わない環境感覚が、専門分野の教育には有ると思います。

このような分野で直接成功する人は一握りです。
そこから漏れたとしても次の広がりもありますし、諦めなければチャンスも続きます。
専門分野には常に努力と挫折がありますので、精神力も強く成ります。

人の運不運は誰にでもありますので、少しでも高い位置(技術スキル)に持って行くことが大事ではないのでしょうか?

続けることの大切さと努力出来る環境作りは、全てに通じる教えだと思います。


~今日の名言~

同じプロセスを経ても
これくらいが「努力」と感じる人もいれば
これくらいは「当たり前」と感じる人もいます


日本・将棋棋士  羽生善治

今回の記事に合うと思い二回目です。

~子供将棋教室~

寒い冬に外で遊ぶのは、元気が良くて良いことだと思いますが、

スキッリした頭で、温かい部屋の中で

将棋という歴史あるゲームを覚えて、知力や頭の回転力を育ててはいかがですか?

~初回無料体験教室あります~

親御様も無料見学出来ます!!
ので、お気軽にお越し下さい!!



~六郷杯リーグ戦~
参加者募集中です!

お問い合わせ 03-3737-0588

~今日の一言~

慣れることの大切さにダイエット生活があります。
痩せる努力と太る甘え、こんなコントロールも一つの才能なのでしょうか?  

 ショートケーキです。どうぞ。 

対面将棋の良さとは?


~雑色駅前将棋サロンホーム~

新しく将棋サロンに見えるお客様(電話でも)は、だいたい初段以下の棋力の方々が多いと思います。
以前は「将棋サロンは教室生徒が主体なので子供との対戦が多く成りますが、いかがですか?」と答えていました。
今は子供とは言わず「初段1級3級7級の対局者が居ます」と言います。
行儀マナーが大人と変わらなければ、将棋に大人子供は関係ないとの考えからでした。

将棋対局として大人と子供の違いは、対戦相手に対する態度は大きな一因だと思います。
しかし大人でも対局態度の悪い人は居ます。
子供は叱っても分からないし空気も読めないし面倒だ、が本音でしょうか?
それとも子供に負けるのは恥ずかしい悔しいとの思いも有るのでしょうか?


最近はネット将棋の影響もあり、対面将棋が苦手な人も増えています。
ネットは気楽です。
お酒を飲みながらでも寝ながら(横に成りながら)でも将棋は指せます。
それはそれで悪いことではありません。
一日の仕事の疲れをゲームとしての将棋で癒すのは良いことだと思います。

しかしそれが将棋の全てだと思われるのは違うし、将棋に限らずネットばかりだと間違った人間形成を生むことにつながります。
目の前に対戦相手(人)が居ることで、知りえることが多くあります。
楽しいこともありますが、同時に辛いことやなこともあるかも知れません。
それは、大人子供男女関係ありません。
人が人として成長するのに大切なプロセスが有るからです。

一口に言えばコミニュケーションですが、仕事または友人が多くいる人は将棋から得られなくても関係ありませんが、将棋もコミニュケーションの出来る趣味なのです。

人とのコミニュケーションを避ける人は、どんなことをしていても一人で居ることは気楽で神経を使いませんが、実は脳の退化(認知症)と早死につながります。

初心者女性子供教室を推進する将棋サロンでは、女性一人でも気楽に指せる(勉強出来る)環境作りに努力しています。

私たちは人と指す対面将棋の良さを、どの様に分かっていただくかを常に考えなければいけないと思っています。


~今日の名言~

人の楽しむを楽しめば、人もまたその楽しさを楽しむ。
人の憂うを憂えば、人もまたその憂いを憂う


中国・唐時代の詩人  白居易

~子供将棋教室~

寒い冬に外で遊ぶのは、元気が良くて良いことだと思いますが、

スキッリした頭で、温かい部屋の中で

将棋という歴史あるゲームを覚えて、知力や頭の回転力を育ててはいかがですか?

~初回無料体験教室あります~

親御様も無料見学出来ます!!
ので、お気軽にお越し下さい!!



~六郷杯リーグ戦~
参加者募集中です!

お問い合わせ 03-3737-0588

~今日の一言~

なんだか恰好よいことを書こうとすると上手く行きません。 

1/11 子供教室


~雑色駅前将棋サロンホーム~

1月11日(土)

前田亮先生の子供教室感想です。


2014年が始まり子供たちと同様に今年の課題と目標を立てました。

ひとつは友人が席主をしている津田沼将棋センターの子供たちと交流戦をやる事。

ハードルは高いですが仲六郷先生と協力して夏休みか冬休みに実現できたらと思います。

他の教室生徒さんと対局するのでちゃんとマナーを守って将棋が指せるようになるようサロンの子供たちに指導していきたいと思います。


もうひとつは教室対抗戦に参加して子供たちに喜んでもらえるようにする事です。

昨年は自分の都合で観にいけませんでしたが今年はなんとかなりそうです。

団体戦なので子供たちの中でチームワークみたいなものが生まれるといいなと思います。


他にも細かい目標はたくさんありますが少しでも達成できるように努めていきたいです。






この日も気持ちの良い天気で子供たちも本当に元気でした。

今年も将棋教室とは何なのか試行錯誤していきます。


やはり基本的に将棋の技術を伸ばす場所でありたいと思います。

10級から5級、上級者、有段者とステージがあがればあがるほど面白さも増えていくと考えています。

今年はK君が中学生になりますができたら教室を続けて欲しいと思っています。

仲六郷先生が前回の記事でおっしゃっているように教室生徒に中学生が居るといろいろと良い点があるかも知れません。

将棋教室が小学生時代の良い思い出として記憶に残ってくれれば最高です。



教室も2年目に入り子供たちの小さい世界の中でいろいろと序列や格付けがはっきりしてきたようです。


子供たちの棋力格差というのはどこの教室でも通る道だと思います。

人数が多ければ時間帯をずらしてクラス分けが出来ます。

講師が多ければ講師ごとに指導が出来ます。


しかし今のサロンの現状ではどちらも現実的ではありません。

この状況を頑張って切り抜けるのも2年目の目標のひとつです。


昨年の秋頃に土曜日の子供教室とは別に日曜日こども教室が始まりました。

この日曜日こども教室にも今年は力を入れたいと思っています。

自分自身が子供指導の初心者なのでいろいろと勉強しなくてはなりません。


やる気の無い子や集中力の切れた子にどうやって対応していくのかというのも今年の課題のひとつです。

児童館や託児所と割り切るかあくまでも指将棋と詰将棋のみで対応していくかはサロンの大事な営業判断です。

この問題も仲六郷先生と一緒に今年も試行錯誤していきます。



順調に上達している子はさらなる上のステージに押し上げたいと思います。

教室エースのS君を筆頭にどうやって三段四段にしていくかは楽しい分野です。

基本的に子供は1級や初段ぐらいまでくればあとはひたすら実戦をこなすのが大切になると思います。

自分の体験では負けることを恐れない事が一番のポイントです。

勝てそうもない相手でも負けたくない相手でもとにかく負けを恐れずたくさん実戦をやっていくことがひとつ上のステージにあがる最短距離です。


昨年の終わりぐらいからサロンの上級者の子供たちの実戦数が減ってきたように思えます。

極論ですが将棋は指さないと上達しません。

将棋の本と詰め将棋だけでもある程度上達すると思いますが勉強を続けていると自然と実戦が指したくなります。

駒落ちでも平手でも構いません。

よく将棋を学校の科目に例えて算数に近いとか理科に近いとかよく聞きますが自分の経験からいうと将棋に一番近いものは体育です。

一般的な学校の科目はどんどん前に進んでいきますが将棋の場合一番必要なものは反復練習です。

将棋のメカニズムはとても複雑なので一回や二回程度では記憶する事も理解する事もできません。

スポーツのトレーニングと同じです。

何百回と同じ失敗をしたり相手にやられたりして定跡や手筋を身に付ける事ができます 。


サロンの教師生徒さんにはどんどん指して欲しいと思います。

サロンに置いてある「何でも書いていいノート」を見るとHくんが昨年を振り返ってというお題でなかなかいい文章を書いていました。


前田 亮


~子供将棋教室~

寒い冬に外で遊ぶのは、元気が良くて良いことだと思いますが、

スキッリした頭で、温かい部屋の中で

将棋という歴史あるゲームを覚えて、知力や頭の回転力を育ててはいかがですか?

~初回無料体験教室あります~

親御様も無料見学出来ます!!
ので、お気軽にお越し下さい!!



~六郷杯リーグ戦~
参加者募集中です!

お問い合わせ 03-3737-0588

~仲六郷より~

ただ、漠然とした中で生活するよりも一日一月一年と目標を立てることで、人は行動し努力して成長します。
前田先生同様に、私も目標を持ち一つ一つ壁を乗り越えたいと思います。

ひとつ前の頭の良い子N・K君


~雑色駅前将棋サロンホーム~

将棋教室とは何なのか、私自身自問自答してしまいます。
出来れば書道教室やそろばん教室各種習い事と同じ、技術を伸ばす場所でありたいと思います。
でも現実には、子供たちの放課後の遊び場に成ってしまいます。

将棋の持っているゲーム性や一般的に考えられる遊びとしての将棋ではなく、教育としての将棋でありたいと思いますが、それには、まだまだ将棋の認識不足が有るので、何とかそれを払拭していかなくてはいけません。

これが、中学生に成れば部活動としての将棋に成るので、遊びと教育の中間まで来るのかと思います。
もしかしたら教室生徒に中学生が居ないのが真面目に出来ない原因なのかも知れません。

誰にでもある小学生時代、良い思い出として残せればこの上ないものですが、いろいろな経験をして育ってもらいたいと思います。


私の小学生時代は平凡そのものでした。
イメージとしたら、ちびまる子ちゃんキャラの永沢君みたいな感じでしたか? 

六年間でクラス替えが一度(二年~三年)しかありませんので、ほぼ同じメンバー(当時は40人)で六年間を過ごしました。
そして出席番号ひとつ前に小柄で頭の良い子N・K君が居ました。
特に親しい友達ではありませんが、小学生ですので、何度も家に遊びに行ったりしている同級生仲間でした。

当時の大田区の下町です。N・K君も大工の息子で一人っ子、決して裕福な家庭ではありませんが、家にはピアノが有り、ピアノだけは小さい頃から習っていたようです。
他は独学だと思いますが、中学受験の時は学習塾に行っていたかな?

性格は真面目で単独行動は多いですが、規律は守り人の話(バカな私の話でも)を良く聞く子で、ふざけたりバカなことはしませんでした。
不得意なスポーツでも一生懸命です。

一度クラス行事のお楽しみ会での演劇で、メンバー六人で練習したのが上手く行き良い作品が出来ました。
しかし本番で一人が休み、内容がめちゃくちゃに成り作品として成立しなくなり、残りのメンバーがやる気なくだらだらしているときでも、周りの目を気にしないで一人一生懸命自分の演技(ある意味滑稽です)をしていました。

そんなN・K君は、開成~東大に進学したそうです。


N・K君の影響なのでしょうか?当時の区立小学校では珍しく優秀な生徒が多いクラスでした。
そんなクラスメイトがどんな行儀教育や勉強生活などをしていたのかを思い出して、今の将棋教室に生かせればと思います。


~今日のヒント~

子供の早寝早起きは絶対原則です

昼夜逆転の不規則な生活は、精神バランスをコントロールするホルモン、セロトニンの働きを抑え込んでしまうことになります。
疲れやすくなる、やる気が起こらない、集中力がなくなるなど、キレやすく精神的に不安定になるそうです。

~子供将棋教室~

寒い冬に外で遊ぶのは、元気が良くて良いことだと思いますが、

スキッリした頭で、温かい部屋の中で

将棋という歴史あるゲームを覚えて、知力や頭の回転力を育ててはいかがですか?

~初回無料体験教室あります~

親御様も無料見学出来ます!!
ので、お気軽にお越し下さい!!



~六郷杯リーグ戦~
参加者募集中です!

お問い合わせ 03-3737-0588

~今日の一言~

今さっき、テレビのグルメ番組が雑色に来ていました。
ブラマヨ、北斗晶、草野仁その他大勢いましたが、意外とテレビ撮影は地味でした。 

頭脳を鍛えます!


~雑色駅前将棋サロンホーム~

将棋を覚えた次に考えるのは勝負の意味と勝つための努力です。
負けるのは何でも簡単で、勝つためにはそれなりの努力と能力が要ります。

最近教室生徒に良く見られるのが、簡単に負けて早く終わらせたいと思う気持ちです。
これに近い考えが、何も考えずに指し手だけ進めて負けてしまうケースもあります。

直観は大切ですが、考えないのとは意味が違います。
例えば5+8はと聞いたとき、01秒で15はダメです。
たとえ1秒考えても13と答えてくれないと、将棋は強くは成らないものなのです。

教室生徒が、将棋を覚えて強く成る過程には脳を鍛えることがあり、それは疲れること面倒なこと大変なことだと思う認識が要ることだと考えます。


親御様との会話で、
「子供が数学が得意ですが、他の科目が少し不得意なので、工作美術音楽を習わすのはいかがでしょうか?」
と言われました。
「もし本人がやる気が有れば何でも習わすのは良いことだと思います。ただ、習わす以上中途半端に終わらすことは、お金と時間の無駄に成るので、ある程度目標を持ち長く習わせることが大事だと思います」
と答えました。
「数学は左脳を鍛えるものですから、バランスとして右脳を鍛える習い事が良いと考えるのですが、どうでしょう」
とも言われました。
「バランスはあまり関係ないと思います。数学だけでも十分右脳は鍛えられます。小学校で習う音楽図工でも十分右脳の勉強に成りますし、数学が得意ならば、他の科目もつられて伸びて行きます」
とも答えました。

今思い返して、少し変な答えをしたかな?
と思い、ネットで脳のことを調べました。

左脳は、二感(思考・論理)右脳は、五感(知覚・感性他)だそうです。
間違えやすいのは、左脳と右脳は対極にあるのではなく、左脳で分析して右脳にストックする。
と言う、役割分担があると言うことです。
機械の左脳倉庫の右脳、とも言えましょうか?
ですから左脳で勉強したことを、いかに右脳の引き出しにしまえるかがカギに成るのだと思います。

左脳には置いておける場所が無いので、すぐに忘れるそうです。

例えば数学と国語を左脳で勉強したものを、機械で噛み砕いてくれます。
細かな粒子が右脳にしまわれて、それが増えると物理学に変身するのかも知れません。
そしてエジソンやアンシュタインが生まれるのかな? 

確かにスポーツが得意な人はどんなスポーツも出来るし、勉強が出来る子は得意不得意はあるものの、どんな科目も上位に居ます。


~今日のヒント~

脳は日々の生活がパターン化すると怠けてしまうそうです。
仕事でも何でも出来るように成るのは「楽で良いのですが」脳にとっては退化の原因に成るそうです。
とりあえずは脳にいろいろな刺激を与えるのが得策で、良い解決法は旅行だそうです。


~子供将棋教室~

寒い冬に外で遊ぶのは、元気が良くて良いことだと思いますが、

スキッリした頭で、温かい部屋の中で

将棋という歴史あるゲームを覚えて、知力や頭の回転力を育ててはいかがですか?

~初回無料体験教室あります~

親御様も無料見学出来ます!!
ので、お気軽にお越し下さい!!



~六郷杯リーグ戦~
参加者募集中です!

お問い合わせ 03-3737-0588

~今日の一言~

良く頭に栄養が欲しいのであまいもの食べますが、子供と大人は違います。
子供は体を創る作業が有るので必要以上に栄養を取りますが、大人は維持だけですので、使った分だけの栄養で十分です。
必要以上に取るのはアルコールだけなのでしょうか? 

正しい昇段昇級とは?


~雑色駅前将棋サロンホーム~

将棋サロンに番付け表が出来ましたので、以前より教室生徒の段級に対する意識が強く成りました。
同時に昇段昇級は、将棋世界の「棋友ニュース」にも出します。

CIMG1185.jpg

すると、以前より将棋に対する真剣味が出て良い影響があります。
と成ると、当然私の皆さんに対しての段級の査定が難しくなります。
昇段昇級はレーデングと違い一度上げたら下がりませんし、人それぞれのプライドや他人との基準があります。
当然慎重に遣らないといけない事だと思います。

普通の将棋センターでの一般的な査定は、日々の対局での成績で連勝や高成績で昇段昇級に成ります。
将棋サロンでは、まだまだ一般のお客様が少ないので連勝や高成績での判断がつきません。
教室生徒の初段だけは、私との対局で二枚落ち三連勝(実際には飛香落ち三連勝)で初段にしています。
それ以外は、私自身の目測で決めています。

目測と言いましても、他の将棋センターとの基準はあります。
私自身は、厳しすぎるのもいけませんが甘めの設定も問題だと思います。
将棋サロンでは初段でも、他では初段で通用しないと成ると意味がありません。


会館道場の段級が厳しいながらも、一般的にどこでも通用する段級に成ったと聞きます。
昔は甘めの規定だった印象がありましたが、思うに子供と初心者が増えたことがあると思います。
10級15級からキチンと勝敗を付けることで上が厚く成ることと、ネットの昇段昇級規定が厳しいのが影響したのかと思われます。
会館道場の初段は普通の将棋センター三段~甘めの四段弱位かも知れません。
これが将棋サロンの基準ではありませんが、近いものにしたいと思います。

現実に将棋サロンでは初段のS・S君は会館道場では1級、T・Hさんはサロン初段で会館道場2級、S・D君はどちらも7級だそうです。
他の将棋センターなら将棋サロンより上の段級で指せると思います。

この様な考えの昇段昇級規定の中で、
12月はK・Kさんが四段格へ、Y・K君が1級へ、Y・H君が3級へ、M・H君が7級へ、S・D君が7級へ昇段昇級しました。


~今日のヒント~

日々の生活や勉強もそうですけど、何でもかんでも頭に入れようとするのは良くないそうです。
大事なこととポイントを見つけたら、メモするぐらいの習慣が良い勉強法だそうです。


~子供将棋教室~

寒い冬に外で遊ぶのは、元気が良くて良いことだと思いますが、

スキッリした頭で、温かい部屋の中で

将棋という歴史あるゲームを覚えて、知力や頭の回転力を育ててはいかがですか?

~初回無料体験教室あります~

親御様も無料見学出来ます!!
ので、お気軽にお越し下さい!!



~六郷杯リーグ戦~
参加者募集中です!

お問い合わせ 03-3737-0588

~今日の一言~

今年の正月番組は本当に面白くなかった!! 


初夢いろいろ?


~雑色駅前将棋サロンホーム~

占い迷信は結構好きで、変に信じてしまします。
昨晩も富士山の夢を見ました。
いや、高尾山?浅間山?赤城山?
あ、あれは天保山(日本一低い山)だったか! 


将棋サロン座右の銘は
「継続は力なり」です。

新たに、座右の銘四文字熟語を作りました。
「巧偽拙誠」です。
意味は、下手でも誠のある方が良いこと。
どんなに上手でも嘘が混じっているならば、劣っていても誠がこもっている方が良いと言う意味だそうです。(書いてあるそのままですが 

大事なのは「誠実」だと思います。

CIMG1209.jpg

2014 新年の抱負(目標)
これは教室生徒に一文を書かせる議題です。

新しいことを学ぶ
発見する大切さ


将棋は常に自分の力で、新しい世界を作り続けないと何も進歩しません。
新しい発見をすることが、継続としての楽しさにつながりますし、自身の技術進歩に成ります。

CIMG1208.jpg

第1回六郷杯リーグ戦12月分は、
優勝は、教室生徒のY・K1級で11勝3敗(勝ち点8)です。
2位T・R三段8勝2敗(勝ち点6)
3位U・S四段7勝3敗(勝ち点4)とS・D7級8勝4敗(勝ち点4)でした。

CIMG1204.jpg

第2回六郷杯リーグ戦一月分です。

CIMG1210.jpg

毎月新しいリーグ戦をします。
~六郷杯リーグ戦~
是非とも御参加のほど御願いいたします。

招き猫カレンダーです(アングル悪し) 

CIMG1211.jpg

昨晩!鷹の夢を見ました。
いや、雀?鳩?燕?
実は、トンボだったかも知れません。 


昨晩!茄子・・・・・。


~子供将棋教室~

寒い冬に外で遊ぶのは、元気が良くて良いことだと思いますが、

スキッリした頭で、温かい部屋の中で

将棋という歴史あるゲームを覚えて、知力や頭の回転力を育ててはいかがですか?

~初回無料体験教室あります~

親御様も無料見学出来ます!!
ので、お気軽にお越し下さい!!



~六郷杯リーグ戦~
参加者募集中です!

お問い合わせ 03-3737-0588

~今日の一言~

良い時の占いは信じることにしています。(悪い時の占いは無視)
今年は九星気学(私は二黒土星)が良いそうなので、それだけを信じます。

迎春 2014


~雑色駅前将棋サロンホーム~


新年2014
あけまして
おめでとうございます


CIMG1205.jpg

旧年中はお世話になりました
皆様のご健康とご多幸を心からお祈りいたしております
本年も何卒よろしくお願い申し上げます
(セーラセーラ重いから上に乗るなって、セーラ)

CIMG1206.jpg

左から紹介します。
セーラ・クルー、ペリーヌ・パンダボアヌ、秀吉、マガレーテ・ブーバー・ノイマンです。
サロンスタッフの四匹ですが、なぜ、この犬たちがスタッフなのかは私にも分かりません。
過去の記事に何かヒントが有るかも知れません。


今年は、やる気だけはあります。
ですので、初日の出を六郷土手で拝むことにしました。

CIMG1215.jpg

明ける前の六郷の空です。

CIMG1216.jpg

意外と人が居ました。
この後、川崎大師にでも行くのでしょうか?

CIMG1223.jpg

そして、綺麗な初日の出を見ることが出来ました。
(願い事がたくさんあり過ぎて、神様に申し訳ありません)

CIMG1230.jpg

この角度は、富士山が見えます。
肉眼でははっきりと見えるのですが、この写真ではいまいちです。


~今日の名言~

明日は試練に応じた
新しい力をもたらすであろう


スイス哲学者・法学者  カール・ヒルティ


この日の出?何か昭和の雰囲気が有るのでアップしました。

CIMG1232.jpg


~子供将棋教室~

寒い冬に外で遊ぶのは、元気が良くて良いことだと思いますが、

スキッリした頭で、温かい部屋の中で

将棋という歴史あるゲームを覚えて、知力や頭の回転力を育ててはいかがですか?

~初回無料体験教室あります~

親御様も無料見学出来ます!!
ので、お気軽にお越し下さい!!



~六郷杯リーグ戦~
参加者募集中です!

お問い合わせ 03-3737-0588

~今日の一言~

テレビを観ているとジャニーズやアミューズの若いタレント歌手など出ています。
みんな小学生から始めている人が多いらしいです。
若手と思っていても、実は10年15年のキャリアがあるみたいですね。
芸能人も昔みたいにデビュー即スターではないらしく、常に努力が必要だと言うことを感じさせます。 
プロフィール

長澤席主

Author:長澤席主
他人を思いやれてこそ自立
傲慢で配慮がないのは孤立

名言カレンダー10月号より

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
12 | 2014/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
1851位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
388位
アクセスランキングを見る>>
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア