3/29 子供教室


~雑色駅前将棋サロンホーム~

3月29日(土)

前田亮先生の子供教室感想です。


指導とはなんなのか。子供教室とはなんなのか。

今年も試行錯誤していきます。


いよいよ3月も終わりです。

自転車でサロンに向かう途中でたくさんの桜が咲いているのをみましたが入学式や入社式の季節なんだとあらためて思いました。

4月から新学期が始まります。
教室の子供たちもみんな学年があがります。

サロン教室では3年生が多かったので新年度から4年生が中心になります。

学年がひとつあがり少しは礼儀正しくなってくれたらいいのですが。

高学年になったからといってもそう簡単に礼儀正しくなるわけではないので辛抱強く指導していく事になります。


子供教室の目的は将棋大会で勝つ事ではありません。

まずは礼儀正しくなる事です。

将棋界では礼儀作法が出来ている子にはいろいろな恩恵があります。

そういう子はとにかくたくさんのチャンスに恵まれます。

だから上達のためにも礼儀正しくするのはとても良い事です。

将棋の上達だけではありません。

これからの生活にも大きく影響します。
今はわからないかもしれませんが大人になってからでは手遅れなのです。


4年生にもなるとやる事も多くなりあまり将棋の時間が取れないように思えます。

毎日将棋の勉強をしてくれたらいいのですがそんなわけにもいかないでしょう。

子供たちには1年がとても長く感じるでしょうが私たち指導側からみるとあっと
いうまに小学校生活が終わってしまいます。

今は昔と時代が違うので根性とか気合とか叫んでも全くの無駄です。
1日7時間も8時間も特訓をやらせてみようなどとんでもない話になります。

とりあえず無理をしない程度で毎日将棋に接するぐらいがいいところではない
かと思います。


私のような番数で叩き上げてきたタイプは指導に苦労します。
私はリアル対局でもネット対局でもひたすら指すだけでした。

自分自身がそれ以外の上達方法を知らないので子供たちにどうやって指導していけばよいのか常に試行錯誤の連続です。

サロン教室の上級者3人は私の見たところ少しずつ強くなってきています。

3人が全員とも有段者になるのは時間の問題です。
本人がそこから四段を目指すというのであれば私は全力で指導します。

小中高それぞれのトップクラスを長年見てきていますがやる気さえあれば誰でもそのレベルに到達できると思っています。

今の子供たちは昔と違って情報量においては最高の環境だと思います。

しかし現実はそのあふれる情報を持て余している感じがします。
情報がありすぎて何をやったらいいのかわからないのでしょう。

将棋の基本が出来てくればそういう様々な情報を活かせますが問題はいかにそ
の基本を身につけるかです。

私のようなタイプの人間はそういう基本を覚えるには実戦あるのみと思うのです
が全ての子供たちに受け入れられるとは思いません。

私の場合は基本を覚えるまでひたすら実戦でした。
ある程度の基本が出来てからは棋譜並べだけやっていました。


ネットでの通信対局というものが出てきたのは1990年代の後半です。

私もその業界に携わっていた人間の一人ですが確かにネットで将棋を覚えて強くなった世代がもうプロ棋士になっています。

ネットで強くなった人たちを多く知っていますがやはり大切なことは対局数です。

道場や大会で指すのもネットで指すのもやはり行き着くところは対局数だということがわかります。

盤や駒がPCとマウスに変わっても上達において大事な事は変わりません。
たくさん指す子は必ず強くなります。




有言実行という言葉があります。

以下はWikiからの引用です。

有言実行ゆうげんじっこう

有言実行とは口に出したことを必ず実行すること。
この言葉は黙ってやるべきことをやるという意味の「不言実行」の「不言」を「有言」に置き換えて作られた四字熟語である。
昔はああだこうだと能書きを並べずに行動で示す「不言実行」が立派であると考えられていたが最近はやろうとしていることを口に出さないのは失敗しても恥をかかずにすむ安全策でありリスクテイキングな「有言実行」の方が立派だと考えられるようになったのである。
もちろん今も昔も「有言不実行」が最悪であることにかわりはないが政治の世界では「有言不実行」は「たいしたことではない」と考えられているようである。


将棋界においては有言実行は微妙な言葉なのですが子供教室では有力な行動です。

初段になりたいとか四段になりたいとかいろいろ目標はありますがそれを口に出してもらえれば我々指導する人間は最大限の協力をします。

今のサロンの子供教室から四段を出すのはそれほど難しい事ではありません。

本人次第ですが今のままでも2年後、本人がやる気にさえなれば年内に四段の可能性すらありえます。

サロンにはみんながそれぞれ目標を色紙に書いて貼ってありますが私から見るとなんとなく目標が小さいなと思ってしまいます。

今の小学生はあまり大きなことは言わない風潮なのかもしれません。

目標を達成するためにはどうしたらよいかというのは聞いてくれれば私や仲六郷先生が明解に答えてくれます。

例えば小学生日本一になりたいとか嘘でもいいので言ってくれたら私なんかは嬉しく思ってしまいます。

しかしそんな事を言うのはやはり恥ずかしいのかな。

有言不実行になっても構いません。
どんどん目標を口に出して言って欲しいと思います。

前田 亮


~子供将棋教室~

新学期に向けて、何か新しい習い事を始めてみませんか?

将棋という歴史あるゲームを覚えて、知力や頭の回転力を育ててはいかがですか?

将棋サロンでは、低料金で一生の技術習得や趣味を通した新しい良い仲間つくりを応援いたします。


~初回無料体験教室あります~

親御様も無料見学出来ます!!
ので、お気軽にお越し下さい!!



~六郷杯リーグ戦~
参加者募集中です!

お問い合わせ 03-3737-0588

~仲六郷より~

「責任」を果たすとはどのようなことなのでしょうか?
高い山に登るときに、登ろうと思わなければスタートも出来ません。
頂上を目指すのが目標なら「言葉で言う」ことは自分に対しての「責任」です。
登れなくても、自分で納得する努力があれば、決して嘘には成りません。
自分に対しての「責任」は果たしているからです。

強く成る基本は?


~雑色駅前将棋サロンホーム~

遊びから学ぶのは意外と簡単なようで難しい。
子供が走り回るのは、成長過程で必要な運動量を満たすための自然な行動です。
栄養を取り運動(遊びまわる)をすることの繰り返しで、体を大きくして行きます。
頭脳の発育には、後天的な作用でいわゆる教育です。
押し付けられることには反発もありますし「面白くないつまらない」に繋がります。
ですので子供将棋教室では「遊びの将棋」も必要なことだと思います。

「遊びの将棋」の難点は、勝敗に重点が置かれることです。
勝つことは結果であり、強く成ることの過程ではありません。
大人子供問わず、勝敗の結果(遊びの将棋)を求めるように成ってる時期は成長が止まってる時だと思います。

俗に言う「負けて強く成る」は、負けるのは必ず敗因があるからです。
敗因に対して、前向きになぜ、どうしてと言う疑問を持ち修復していく作業が出来ないと強くは成りません。

アマチュアの場合、ある程度強く成ると感想戦をするように成ります。
これは「遊びの将棋」から「クラブ活動の将棋」と少し成長した姿です。
感想戦が出来るだけでも大変な棋力向上のプラスに成ります。

負けた将棋の感想戦は辛いものですが、対戦相手との感想戦と自分一人の研究(考え発見)をプラスして、自分の弱い部分(序盤なのか中盤なのか終盤なのか)を見極めて反省修復できる強い心が大事です。
このあたりに成ると、言ってる私も難しく(出来てません)感じます。

強い人との平手将棋が良いのは勿論です。
ただ、平手には先後があり多くの戦法戦術があり、序盤良くする(悪く成らない)作業と中盤難解(プロでも)な局面を乗り越えて、終盤勝負(逆転含み)を勝ちきるのは大変です。

駒落ちは手合いはさまざまですが、先後が決まって入るし上手の戦法戦術も少なく、優勢な序盤からしっかりと中盤を乗り切り終盤は確実な寄せを読み切れれば勝てます。

なんとか教室生徒には、まずしっかりと駒落ち将棋を勝ちきる(優勢を勝にする)基本を覚えていただきたいと思います。


今では少し昔のお友達と成るのでしょうか?
詰将棋作家岡本慎一郎さんの作品です。

CIMG1295.jpg

駒の配置に個性を感じます。

短編での昔から有る作品(プロの作品)は、実戦経験が元に成り少し手を加えた作品が多いように感じますが、詰めパラの作品(アマチュア作品)には一から作り詰み筋を絞る(予詰み消し)感じには苦労が見えます。


前回答え

1二飛成 同玉 2三角不成 1一玉 1二歩 2二玉 3二飛成まで

1二龍 3二玉 3三金 同金 3一銀不成 4三玉 4二龍まで

4三角成 同歩 2二銀打 3二玉 3三銀成 同玉 3四香 2三玉 2四歩まで


~今日の名言~

一家は習慣の学校成り。父兄は習慣の教師成り。

蘭学者・教育者  福澤諭吉

~子供将棋教室~

新学期に向けて、何か新しい習い事を始めてみませんか?

将棋という歴史あるゲームを覚えて、知力や頭の回転力を育ててはいかがですか?

将棋サロンでは、低料金で一生の技術習得や趣味を通した新しい良い仲間つくりを応援いたします。


~初回無料体験教室あります~

親御様も無料見学出来ます!!
ので、お気軽にお越し下さい!!



~六郷杯リーグ戦~
参加者募集中です!

お問い合わせ 03-3737-0588

~今日の一言~

今日はプロ野球の開幕日です。
今年はどこを応援しましょうか? 

簡単な詰将棋は?


~雑色駅前将棋サロンホーム~

今時期は年度変わりの季節です。

サロン教室生徒も学年が変わり生活も少しづつですが変わると思います。
その中で、新しい別の勉強や教室に行かれる生徒もいると思います。
また逆に、これから将棋を始めたいと思われる児童もいるでしょう。
将棋は趣味としてだけではなく、脳の活性化にも役立ちますし、レベルの高い友人にも恵まれます。
そして、広い意味で一生活躍できる場にも成ると思います。
是非とも小学生の内から将棋を習わすことを勧めます。


今回は簡単な詰将棋ですが、私が上手いと思う作品を探しました。

CIMG1297.jpg

詰将棋にも著作権はあると思いますが、短手数や駒数の少ない作品は、プロの作品でも同じ作品が別の人とダブる場合もあります。(何故かはヒミツですけどね 
そんな作品を埋もれた作品(良い作品なら)と考えみんなで共有しても良いと思います。

上の作品は駒台が見ずらいですが、持ち駒無しです。

CIMG1296.jpg

サロン教室に変わった生徒が居て、あらかじめ問題と答えを丸暗記してから問題を解く?
それならその場で考えれば良いと思いますが、考えるのが嫌いだと言います?
前もって暗記するのとその場で解くのでは、どちらが面倒なのでしょうか?

上の作品のように、簡単そうで少しアレ?と思わす作品はなかなかですね。
やはり持ち駒無しです。

CIMG1298.jpg

暗記の話ですが、問題を出すときは数冊の中から選びますけど、生徒がこの本から出してと言い、その中の難しいと思われる作品の答えを覚えているという流れです。
御客様で詰将棋の出版にも関わるU・Sさんは、詰め手筋はパターン化しているので、それはそれで良いと言います。

この作品は簡単な中では難しいです。
お笑いタレントの有吉が大沢あかねを「ブスの中の美人」と言いましたが、まさしくそんな感じです? ごめんなさい。
イメージとしたら「綱渡り」でしょうか?

答えは次回です。 

~今日のヒント~

将棋に限らず「本気の趣味」「徹底した趣味」「思いっきり打ち込める趣味」は仕事では無いので収入はありませんが、真剣にやるからこそ、人間としての成長やオリジナルの世界観を得られるのです。
仕事人間だけですと、晩年はひま、やることない、やる気になれない。若い人でも引きこもり、喪失感、運動不足。将来は認知症の予感が出て来ます。

どんなことでも「得意な趣味」を持つことを勧めます。

~子供将棋教室~

新学期に向けて、何か新しい習い事を始めてみませんか?

将棋という歴史あるゲームを覚えて、知力や頭の回転力を育ててはいかがですか?

将棋サロンでは、低料金で一生の技術習得や趣味を通した新しい良い仲間つくりを応援いたします。


~初回無料体験教室あります~

親御様も無料見学出来ます!!
ので、お気軽にお越し下さい!!



~六郷杯リーグ戦~
参加者募集中です!

お問い合わせ 03-3737-0588

~今日の一言~

研究会とは違いますが、理科大卒のお兄さんのグループ(初級~8級4人)に教室生徒(小学生2年7級)が入ると強豪に見えますし、褒められもします。
そうすると「虚栄心」も出て来ます。

良い子のみなさんは「虚栄心」を自分で調べましょう。 

3/22 子供教室


~雑色駅前将棋サロンホーム~

3月22日(土)

前田亮先生の子供教室感想です。


指導とはなんなのか。子供教室とはなんなのか。

今年も試行錯誤していきます。


今日はちょっとした驚きがありました。
いつもやる気のない態度をとって対局を中断し最後は家に帰ってしまう子が今日は初めて私の言う事を聞いてくれました。

10級の子で手合いは六枚落ちなのですがその子はいつも本を読みながら指導対局をやります。
ちなみに読んでいる本は六枚落ちとは関係のない本です。

これもどうかと思うのですが今日は六枚落ちの定跡の本を読ませながらその通りに局面を進ませました。

その子は私より本を信用しているのですぐに「おかしい本と違う」といいだします。

10級の子に定跡手順を理解させるのは不可能です。

そうとわかりながらも全ての感情を無にして繰り返し説明しました。

指導の神様がそんな私に同情してくれたのか、その子が私に同情してくれたのかわかりませんが今日は対局中断して勝手に帰るという行動をとらずに最期まで盤の前に居てくれました。

この奇跡が今日だけなのか来週も奇跡が起こるのかはわかりません。

なんとなく私の指導スキルが歩一枚ぐらいあがったような気がしました。

まあ気のせいかもしれませんが。




いい先生の条件とは何か。

教育とは何か全くわかりませんがいい先生とは子供達をやる気にさせる事が出来る先生だと思います。



私は高校時代に高橋尚子さんの恩師である小出監督に短期間ですが指導して頂いた事があります。

選手はいい先生に出会うとその先生のために頑張ろうとします。
若い選手であればあるほどその傾向は強いと思います。

小出監督は「褒めて伸ばす」事で有名ですが本当にたくさん褒めて頂きました。


短期間ではありましたが小出監督にもっと褒めてもらおうと必死になって練習した記憶があります。


このやり方がいいか悪いかは意見が分かれると思いますが当時の私はこれが最高の指導だと思っていました。


将棋の世界に入り二十数年が経ち私の考えもだいぶ変わりました。


褒めてくれる人がいるうちはいいですが将棋は選手寿命が長いのでいずれは先生や師匠から一人立ちしていきます。

その時本当に将棋が好きなのかどうかがわかります。



10年ほど前の話ですが私は中学生の男の子を指導していました。

なかなか上達しませんでしたがひたすら頑張る事が出来る才能を持った有望な子でした。

この努力する才能というのが将棋に一番必要な才能です。

この才能に比べたら他のどんな才能などあっても無くても同じようなものです。


将棋は努力を続けていれば必ず強くなります。
しかしほとんどの人が出来ません。

普通の人はだいたい挫けます。
私も挫けた一人です。
特別な事をしない限り短期間では何も変わらないからです。

それでも勉強を続けなければ前に進めません。
普通に勉強していると効果が出るのは半年から1年ぐらいだと思います。


その中学生はものすごい努力家だったのですが本当に将棋が好きだったのかというとそうではありませんでした。

高校生になってある程度強くなったのですがそこから壁にぶつかってしまい結局将棋をやめてしまいました。

この子が努力する理由は両親に褒められて認められるためだったからです。

親離れ子離れした瞬間にこの子の将棋は終わりました。


こういうケースもあるので褒めるのが全て正しいわけではないのかもしれません。
それでもやっぱり褒めることは必要だと思いますが。


本当に将棋が好きだという事と努力する気持ちがそろった時に壁を破る事が出来ると思います。



私は指導者としての適性はあまり高くないと思っています。
指導に必要な最低限の将棋スキルはもっていると思いますがそれだけです。


初段から四段ぐらいの子供の指導は普通に対局をしていれば何の問題もありません。

これにはまったくなんの技も芸もいりません。
対局が終わったらしっかり感想戦をやって終わりです。


有段者の子供達の指導というのは本当にシンプルで私が平手で勝てなくなればもう教えることはなにもありません。

そうなれば教室卒業おめでとうです。

あとは色々な道場や大会に参加して自分の実力を試してみればいいだけです。

早くこういう子が出てきてくれたら最高ですし楽しみにしています。

その可能性をもっている子供達が実際にいるので数年後には必ず現れると思っています。


しかし今のところ子供達をやる気にさせるどころではありません。

完全に子供達に振り回されています。


特に問題なのはやる気の無い子です。

将棋をやりに来ている自覚が無い。
将棋がつまらない。面白くも無い。
負けるのが嫌だから指さない。

これはもうどうしようもありません。
将棋をやる以前の問題です。

やる気のない子供にどうやって指導していけばよいのか。

やる気にさせることは出来ないとしてもせめて子供が将棋を嫌いにならないように気をつけて指導していきたいと思います。

前田 亮


~子供将棋教室~

新学期に向けて、何か新しい習い事を始めてみませんか?

将棋という歴史あるゲームを覚えて、知力や頭の回転力を育ててはいかがですか?

将棋サロンでは、低料金で一生の技術習得や趣味を通した新しい良い仲間つくりを応援いたします。


~初回無料体験教室あります~

親御様も無料見学出来ます!!
ので、お気軽にお越し下さい!!



~六郷杯リーグ戦~
参加者募集中です!

お問い合わせ 03-3737-0588

~仲六郷より~

「やる気」は本人イコール将棋の問題で、これが上の世界(研修会奨励会)ならすべて自己責任です。
しかし教室レベルの問題で、やる気を出させるのも指導側のスキルとされるのは酷な話ですが、現実でもあります。

考えて指す習慣は?


~雑色駅前将棋サロンホーム~

考えて指す。とは、どういうことなのでしょうか?

教室生徒はほとんど小学生なので、時間を使わしても考えないで直感や感覚だけで指し、勝つならまだしも負けてしまうことが多々あります。

逆に大人(人それぞれですが)の場合は、時間を使いすぎるあまり対局相手に迷惑に成る場合もありますので、将棋サロンとしては極力チェスクロックを使うようにしています。(チェスクロックを使うことは時間制限があることなので、一局に対する集中力が出ます。それは技術向上に大変大事なことです。)

大人と子供の違いはどこから来るのでしょうか?
勿論頭脳の使い方には、生活習慣と関係があるそうですが、大人子供問わず将棋に対する使い方にも通じるところがあります。

まず、大人でも子供でも知識(情報)を左脳で分解し習得してから右脳の引き出しにしまいます。
そして使う時には、分解された知識(情報)を右脳の引き出しから出して、左脳がまた形にしていきます。
知識(情報)は左脳~右脳(情報のストック)~左脳と言う流れに成ります。
間違いやすいのは左脳と右脳は対極には成らず、全く違う働きをすることです。
思考・論理の左脳と知覚・感性の右脳です。

知識(情報)が乏しい場合の大人と子供の違いは、慎重に成るか暴走するかの違いで、結果を重視するのか適当でも良いのかの違いでもあります。
将棋を自動車の運転(小学生は免許取れませんが)と見立てれば分かりやすいと思います。

考えて指せない生徒に考えさせるには、知識(情報)習得と結果の重要性を教えるのが一番です。
そして「遊びの将棋」ではない一局の大切さ、目の前の対局を真剣に迎えることで、その将棋から自分自身で新しい発見をすることです。

対局から知識(情報)を得る「技術」が得られるように成れれば、人から教わることは卒業だと思うし、かなりの実力が付いたと思えます。


その次に大切なことは日々の生活習慣です。
将棋に限らず、どんな世界の実力がある人でも、でたらめな生活習慣だと堕落してしまいます。(特に小学生の睡眠時間は大切ですし、ネットゲームは極力控えましょう。)
ダイエットのリバウンドなどは、身近にある失敗例だと思います。


考えて指せるのは大切なことです。
知識(情報)が少なくても、自分で考え(後から知識を得る)る力を付ける。
将棋は負けて(負けるのは知識(情報)不足だからです)反省して強く成ります。
しかし勝ちながら強く成る人もいます。
そんな天才と言われる人は自分で考える力のある人か、
周りから見えない「努力」の出来る人です。


~今日のヒント~

「人とのコミニュケーション」は頭脳に大切なことです。
人と話すことは「その人に情報を伝える」と言う作業で、そこに必要なことが「伝わりやすさ」は「表現力」を付けます。
コミニュケーションは繰り返しで上達しますし「相手の言葉を聞く」ことも大切なことです。

意外と将棋が好きな人には苦手なことですが、頭脳の活性化に大切なことにコミニュケーションがあるのです。


~子供将棋教室~

新学期に向けて、何か新しい習い事を始めてみませんか?

将棋という歴史あるゲームを覚えて、知力や頭の回転力を育ててはいかがですか?

将棋サロンでは、低料金で一生の技術習得や趣味を通した新しい良い仲間つくりを応援いたします。


~初回無料体験教室あります~

親御様も無料見学出来ます!!
ので、お気軽にお越し下さい!!



~六郷杯リーグ戦~
参加者募集中です!

お問い合わせ 03-3737-0588

~今日の一言~

小学生特に低学年には「考える=勉強」と「感覚=遊び」に成っています。
垣根を払うのにゲーム感覚がありますが、考えることの遊びを早く覚えさせることの方が良いと思います。 

オンリーワン?


~雑色駅前将棋サロンホーム~

教室生徒に突然ルネッサンス三大巨匠は?と聞かれ答えられません。
不意に弱いのか、突然だとルネッサンス自体、なんだっけ?と成ってしまいます。
こういうのは年のせいなのか、ただのアホなのか?

ダ・ウィンチ、ミケランジェロ、ラ・ファエロと言われれば何てことないです。
常識として知っておくべきなのか、日本人で美術に興味が無ければどうでも良いことなのか分かりません。

知識教養は、何をどこまで知ることが良いのでしょうか?
そして雑学は意外と無駄にも思えますが、専門学(哲学?研究?)はどうでしょうか?
ある意味雑学より必要のない感じもします。

将棋の場合、知識がそのまま強さに成り、それを表しているのが段級です。
だから強ければ強いほど専門性が上がるし、頂点にはプロ(プロに成るには年齢制限があります)も存在しそれで収入も得られます。

アマチュアでも一つの目標に四段があります。
四段になれば、一般の全国大会につながる大会で優勝も狙えるし目標も出て来ます。
私が思う本当のアマ四段は全国(ある意味世界)で3000人~5000人位だと思いますが、将棋の認知度や子供のころから接しているボードゲームとして多いのか少ないのか微妙な感じもします。

将棋の雑学として、居飛車は飛車を動かさない。
振り飛車は飛車を五段目より左に振る。
例えばこんなこと知っていても何にも意味が無いように思えますが、知っている人は知らない人に「将棋は何も知らないんだ」と言えるのでしょうか?
そして言えることに意味があるのでしょうか?
それだけの知識なら無い方が良いとも思えます。

私は将棋以外のボードゲーム(囲碁チェスその他)は何も覚える気がありません。
それよりも少しでも将棋の知識を深めたいと思うからです。

趣味の歴史もなぜ現代ヨーロッパ史なのかは、日本人なら日本史を研究している人はたくさんいますし、いまさら私が勉強しても追い付けません。
それなら日本人で歴史で競争の少ない世界で挑戦すれば一番(上に近づける)に成りやすいと思うからです。
オンリーワンを目指すのは楽しいことだと思います。

浅く広くが悪いとは言いませんが、私は狭く深い方が知識習得には良いと思います。

将棋を深く知ることで、他に通じることも多くあることと、少しでも上に行ければ自分しか見えない世界が見えて来ます。(アマ四段程度とは言わないで下さい。)
一つのロマンですかね?  


~今日の名言~

才能とは、自分自身を、
自分の力を信ずることである


ロシアの作家  マクシム・ゴーリキー


~子供将棋教室~

新学期に向けて、何か新しい習い事を始めてみませんか?

将棋という歴史あるゲームを覚えて、知力や頭の回転力を育ててはいかがですか?

将棋サロンでは、低料金で一生の技術習得や趣味を通した新しい良い仲間つくりを応援いたします。


~初回無料体験教室あります~

親御様も無料見学出来ます!!
ので、お気軽にお越し下さい!!



~六郷杯リーグ戦~
参加者募集中です!

お問い合わせ 03-3737-0588

~今日の一言~

小学三年生(2級)が理科大卒の大人(7級位)に将棋の解説(感想戦)をしていましたが、それを「半可通」と言います。

良い子は自分で調べましょう。 

「クラブ活動の将棋」とは?


~雑色駅前将棋サロンホーム~

「勉強の将棋」「クラブ活動の将棋」「遊びの将棋」と三つの考え方は初心者~や園児~誰でも時と場合により必要なことだと思います。
それは将棋の柔軟性で、教室であり道場でありセンターでありサロンである、誰でも自由に将棋が指せる公共性のある場所だからだと思います。

そして「クラブ活動の将棋」とはどんなことなのでしょうか?

最近小学校でもクラブ活動があるそうですが、私の考えるクラブ活動は中学校高校のクラブ活動で、遊びでもなければ勉強でもありません。
勉強以下遊び以上の環境は、自由ではありませんが強制でもありません。
そこにあるのは「青春」です。 なんちゃってね  

小学生の「クラブ活動の将棋」に何か理想となる映画ドラママンガを探したら面白い作品がありました。

1972年からの古い作品(中学生の軟式野球)ですがマンガ「キャプテン」です。

出だしのあらすじ
野球の名門青葉学院から墨谷二中に転校してきた主人公・谷口タカオは、野球部へ入部するためにグラウンドを訪れ、練習に参加しようと青葉時代のユニフォームに着替えた。
そのユニフォームに気付いた野球部員は、勝手に谷口を名門青葉のレギュラー選手だったと思いこんでしまう。
しかし谷口は2軍の補欠で、レギュラーにはほど遠い選手だった。
そのことを気が弱くて言い出すことができない谷口は、周囲の期待に応えるべくすさまじい陰の努力を続け、ついにはキャプテンに選ばれるまでになり、チームを引っ張っていく。

谷口の卒業以降も連載は続き、新キャプテンを主人公として墨谷二中野球部が強豪へと成長する様を描いていった。

Wiki参考

当たり前のこと普通のこと一般的なことしかしなければ、普通の結果しかありません。

真っ黒に日焼けして何も余計なことを考えず努力する。
それは将来プロ(金持ちやスター)に成りたい女の子にモテたいと言った不純な気持ちはありません。
ただただ、好きな野球の白球を追いかけ技術を伸ばし、試合に勝つことだけを心情にしています。

辞めたい人はやめればいいし、面白くないつまらないも通用しません。
義務強制はありませんが、その場所に居たいのならみんなと同じ努力を要します。
それが「勉強の野球」「遊びの野球」ではない「クラブ活動の野球」だと思います。

将棋が好きなことだと思うのなら、努力して技術を伸ばし対局に勝利する。ことのサイクルを何回も何回も繰り返さないと次の世界は見えて来ません。


~今日の名言~

何もしないさきから
僕は駄目だと決めてしまうのは、
それあ怠惰だ


昭和初期の小説家 太宰治

~子供将棋教室~

新学期に向けて、何か新しい習い事を始めてみませんか?

将棋という歴史あるゲームを覚えて、知力や頭の回転力を育ててはいかがですか?

将棋サロンでは、低料金で一生の技術習得や趣味を通した新しい良い仲間つくりを応援いたします。


~初回無料体験教室あります~

親御様も無料見学出来ます!!
ので、お気軽にお越し下さい!!



~六郷杯リーグ戦~
参加者募集中です!

お問い合わせ 03-3737-0588

~今日の一言~

関西弁で、いつ聞いてもクッすと笑ってしまう言葉に相手に対して「自分」と言うのがあります。(少し見下した言い方だそうです。)
東京で言えば「あなた」や「お宅」に成ると思いますが?

「自分今度映画でも見ようや」??? 

流れを知りましょう。


~雑色駅前将棋サロンホーム~

「勉強の将棋」「クラブ活動の将棋」「遊びの将棋」とどれも大切だと思いますが「遊びの将棋」だけですと、どうしても勝負だけにこだわり技術向上が見られません。
そして将棋自体をおもちゃ感覚にしてしまいます。
飽きるつまらない面白くないと考えだすのは「遊びの将棋」だからだと思います。

「勉強の将棋」「クラブ活動の将棋」は義務と強制が出てきますので、面白くないつまらないは通じません。
学校の授業やクラブ活動に近くなります。
小学生には少し難しいかも知れませんが月謝を頂いている以上、将棋教室からの見解は「クラブ活動の将棋」以上を行わないと技術が伸びないと思います。
技術向上には確実に本人の意識が「遊びの将棋」から「クラブ活動の将棋」と変わらないといけません。

昇級昇段は教室生徒に限らなくても魅力の一つです。
勿論技術向上から成績も上がり勝負に勝つことが出来れば問題なく昇級昇段できます。
ですから勝ち負けにこだわらず将棋を多く指すことを進めます。

勝負にこだわるのは、やはり「遊びの将棋」の捉え方だと思います。
それは将棋でなくても、ただ勝てば(負けたくない)良いとの考え気持ちから来るものだと思います。



またまた社会(歴史)の勉強です。
将棋の定跡や棋譜も過去を知ることが上達に通じます。
過去を知ることが新しい未来を見通せる(時代の流れを知る)ことにつながります。

日本は一つの民族一つの国家一つの言語と多くの宗教(基本仏教と神教ですがある意味無宗教とも言えます)が一般的な考えだと思います。
世界史を語る上でキリスト教が中心と成りますが、なぜかユダヤ教を信仰する人をユダヤ人と言います。
ユダヤ人は、日本人韓国人や白人黒人の分け方とは違いますしキリスト人やイスラム人とは言いません。
なぜでしょうか?

歴史(今回は宗教編です)は流れを知ることは大事なことです。
何でもまずざっくりと知り、後から細かく噛み砕いて覚えて行くことが、一つの勉強方法だと思います。

紀元前1300年頃にユダヤ教が出来て何だかんだと1300年が経ち宗教革命的な出現がキリスト教で、その後500年後にキリスト教の中からイスラム教が出来たと言われています。
仏教は西暦300年頃インドで始まったとされます。
キリスト教は拡大と広まりで、カトリック正教会東方諸教会聖公会プロテスタントと若干の考え方の違いがあります。

三大宗教は、ユダヤ教(旧約聖書)ヤハウエ神キリスト教(旧約聖書・新約聖書)三位一体イスラム教(コーラン)アッラーの神は同じ神様で、その神様の聖地がエルサレムなのが話を複雑にしているのです。


~私の個人的な見解~

ユダヤ教徒はイスラエル(ユダ王国)人ですが、三人に二人は他の国で暮らしています。
なぜ国を創ったのに帰らないのでしょうか?
勿論昔の様に迫害が少ない平和な世界だと言うこともありますが、ユダヤ人が本当に競争に勝てる国はアメリカやヨーロッパ諸国なのです。
それは少数民族(世界で1500万人)が選民思想(一種の自己啓発です)の考えで、キリスト教世界では勝ち抜ける(特に経済です)考えがあるからです。
と言うことは、逆にキリスト教徒の世界から見れば「ずるい人」と思われているのでしょうか?

ユダヤ教徒の人をユダヤ人と言うのは一種の差別的用語だと私は思います。(あくまでも無宗教の一日本人の個人的見解です。この件に関するコメントは無視あるいは消去するかも知れません。)


~子供将棋教室~

新学期に向けて、何か新しい習い事を始めてみませんか?

将棋という歴史あるゲームを覚えて、知力や頭の回転力を育ててはいかがですか?

将棋サロンでは、低料金で一生の技術習得や趣味を通した新しい良い仲間つくりを応援いたします。


~初回無料体験教室あります~

親御様も無料見学出来ます!!
ので、お気軽にお越し下さい!!



~六郷杯リーグ戦~
参加者募集中です!

お問い合わせ 03-3737-0588

~今日の一言~

将棋サロン(教室)では歴史の話はしませんが、ブログでは少しづつ現代史を出して行きたいと思います。
なぜかと言うと、書くネタが不足しているからです。 

日本海秒殺!


~雑色駅前将棋サロンホーム~

将棋を習う上で行儀教育を学ぶのはなぜでしょうか?
それは一人では出来ない相手(他人)が存在するからです。
教室があり将棋サロンがあるのは、社会があるからです。

なぜ社会を学ぶのでしょうか?
一人では生きていない世界で他人が存在するからです。
ですから自分勝手は(周りの迷惑に成ることは)いけないことだと認識しなければなりません。

美味しい食事が出来て楽しく遊び、安全な世界があるのも社会があるからです。
親兄弟学校友達、そして社会とすべて他人から出来ています。
ですから一人では現実に生きていけません。
他人に感謝して奉仕できる人に成れるのは、そんなところから生まれて来るのではないかと思います。

CIMG1286.jpg

以前ここに何がありましたっけ?
そうそう日本海というお寿司屋さんだったけど、一瞬(秒殺)のうちに消えました。

人間なんて一人でも生きていける?
と言う人もいると思いますが、テレビパソコンゲーム~家や自動車に至るまでみんな他人が開発製造したものです。
そう言う観点からも、全ての人や物に感謝しなくてはいけません。
ごく一部の人だけに感謝してないのかと言われる人もいますが、それは間違いです。

CIMG1290.jpg

この壁がじゃまで、西の自由な国に行けないぞ!(そもそもこちらが西口です。)

小学生の歴史の時間です。
地球誕生から45億年経ちます。
生物は「太陽」「土」「水」から酸素が出来て植物~動物と進化しました。
動物の世界から、なぜ人間が食物連鎖の頂点に立てたのでしょうか?
(10級問題で答えは「火」を使うことが出来たからです。)

そして長い月日を経て、1840年頃にイギリスで産業革命が興りました。
諸説ありますが、それまで人の力や動物(馬牛)の力に頼っていたものが「火の力」エネルギー(石炭石油)に変わり一気に世界が変わりました。

確かに人は豊かに成り寿命も延びましたが、環境破壊や戦争も規模が大きく成りました。
時代が進むと終焉も早く成ります。
良いことなのかは分かりません。

CIMG1291.jpg

この角度で、将棋サロンの看板が見えるのは嬉しいことです。
何事も「火」の扱いには気負付けましょう!

CIMG1285.jpg

早くこちらが出入り口に成れば良いのですが、そうなっても将棋を指す人が居なければ同じことですけど、心配です。 

現代歴史とは、産業革命以後イギリスのビクトリア朝時代(ビクトリア女王統治)を言います。
その時代を、その時代背景のある作品から今の私たちにつながる原点が多くありますので、調べるのも面白いと思います。

CIMG1292.jpg

なんだかスッキリした感じです。 

シャーロック・ホームズや文豪ティケンズ作品のオリバー・ツイスト、クリスマス・キャロルやジェーン・エアとかアニメ世界名作劇場少公女セーラもそうです。


~子供将棋教室~

新学期に向けて、何か新しい習い事を始めてみませんか?

将棋という歴史あるゲームを覚えて、知力や頭の回転力を育ててはいかがですか?

将棋サロンでは、低料金で一生の技術習得や趣味を通した新しい良い仲間つくりを応援いたします。


~初回無料体験教室あります~

親御様も無料見学出来ます!!
ので、お気軽にお越し下さい!!



~六郷杯リーグ戦~
参加者募集中です!

お問い合わせ 03-3737-0588

~今日の一言~

少ししゃれた書き方したのですが?
そうでもありませんか、そうですか~? 


3/8 子供教室


~雑色駅前将棋サロンホーム~

3月8日(土)

前田亮先生の子供教室感想です。


暖かくなって花粉の季節がやってきました。
毎年この季節はマスクと目薬が必需品です。

自分が子供の頃は花粉症などなかったんですが。

この時期は花粉がきつくて対局に集中できません。
マスクと目薬で頑張って五月まで耐えます。

今はまだ無理ですが将来仕事を引退したら三月四月は花粉のない地域か海外で
過ごしたいと思います。



指導とはなんなのか。子供教室とはなんなのか。

今年も試行錯誤していきます。


私は教育というものがなんなのか全くわかりませんが「行儀」と「作法」は大切
だと思います。

お前が言うなといわれないようにまず自分自身が対局マナーを守らなければ子供
たちに指導することも出来ません。


少しだけ「行儀」と「作法」について調べてみました。
以下ウィキぺディアからの引用です。



>「行儀」とは普段の立ち居振る舞いで好ましい振る舞いの形のことです。
行儀が悪いと人が不愉快な思いをします。例えば口に物を入れながらしゃべる、
机の上に足をのせる、紙容器に入っている牛乳やジュースを直接のむ、電車の中
で女性がお化粧をしているなどは行儀が悪いことです。

>「作法」とはある技をやる時の決まった美しい形のことです。
お茶の作法とかお花の作法、場合によっては「剣道の作法」と言うことも可能で
す。作法に従って自然に身をこなすと美しく見えるので行儀が良く見えます。



なるほど。
「行儀」と「作法」の違いがよくわかりました。
グーグル先生は本当に便利です。
とりあえずわからない事があれはググレです。


将棋の対局マナーや観戦マナーとは「行儀」の事だとわかります。

よくマナーの悪い人を見かけます。
以下のような行儀の悪い行動は人を不愉快にさせるのでやめましょう。


「宜しくお願いします」と「ありがとうございました」が言えない。

挨拶は出来ないくせに対局中に喋る。
(独り言、対戦相手に話しかける、観戦者と話す)

対局中に寝転がる。

駒を激しく叩きつける。
勢いあまって駒を吹き飛ばす。
駒を升目に入ってるか入ってないかわからない様な汚い並べ方をする。

手離れが悪い。待ったを平気でする。

チェスクロックを不必要に激しく何回も叩く。

助言、野次などの暴言。
すぐに横から口を出す。



「将棋の作法」とは美しい対局姿勢や美しい優雅な指し方だといえます。


谷川会長のような対局姿勢や指し方はお手本のような美しさといえます。


教室の生徒は将棋の上達の前にまずこの「行儀」と「作法」を身につけて欲しい
と思います。

これは上達するよりはるかに大切なことです。


将棋が強くなると自然とマナーが良くなると勘違いしてる人が多いですが将棋の
強さと対局マナーは全く無関係です。

将棋が強くてもマナーの悪い人はたくさんいます。

逆に将棋が弱くてもマナーの良い人はみんなから尊敬されます。
私も尊敬します。

むしろ将棋が強い人にマナーの悪い人が多いと思います。

マナーの良さは神様からもらったプレゼントでも才能でもありません。
厳しい修業を耐えて手に入れる技術でもありません。

ただ守ればいいだけです。
だから誰でも出来ます。
私も守ります。
だからみんなも守りましょう。

対局マナーは将棋のルールとセットになっている守るべき決まりごとです。


将棋界では将棋が強ければ正しいとか偉いとか歪んだ認識がまかり通ってい
ます。

それは間違いです。

教室の生徒にはその間違った認識だけは絶対しないでもらいたいです。

前田 亮


~子供将棋教室~

新学期に向けて、何か新しい習い事を始めてみませんか?

将棋という歴史あるゲームを覚えて、知力や頭の回転力を育ててはいかがですか?

将棋サロンでは、低料金で一生の技術習得や趣味を通した新しい良い仲間つくりを応援いたします。


~初回無料体験教室あります~

親御様も無料見学出来ます!!
ので、お気軽にお越し下さい!!



~六郷杯リーグ戦~
参加者募集中です!

お問い合わせ 03-3737-0588


~仲六郷より~

行儀マナーは、自分では気づきにくいものです。
将棋に限らず、大人に成って人から指摘されると恥ずかしいものですが、私は何度も恥ずかしい思いをしています。
大人がうるさく言い、小学生の内から少しづつでも直していくのは自分自身のためだと思って下さい。

考えて発見する! その2


~雑色駅前将棋サロンホーム~

KSK(正式な名所はここでは内緒です)での将棋教室が始まりました。
週一回木曜日4時からの50分間と大変短いものです。
初回は小学生低学年二人とその一人の弟の初心者3名でのスタートです。

KSKでのメインはスイミングですが、スキッパーズクラブとしてスポーツ(バレエ・ダンス・サッカー~合気道・空手)スタディ(英会話・絵画・工作~華道・書道・囲碁)などの約40教室が同じ場所で受講できる利点があります。
売りは「お稽古事のデパート」だそうです。
ですから学校帰りにいっぺんに3つくらい習い事をするのも可能です。
ですので親御様も教室にそれほどの専門性を求めてはいません。
スポーツの合間や塾勉強の合間に将棋が(息抜きかも知れません)覚えられれば良いと言う感じがします。

昨年も体験指導しましたが、生徒が残りませんでした。
「授業の将棋」「クラブ活動の将棋」「遊びの将棋」とありますが、昨年は「授業の将棋」に片寄り過ぎた反省があります。
今回は特に低学年以下の初心者なので「授業の将棋」(まずはルールを覚えてもらわないと進めません)の中に多く「遊びの将棋」を含みそして勝つ楽しさを覚えてもらうことにしました。

サロン子供将棋教室や初心者のためのキッズ将棋教室に来られる生徒は目的意識がハッキリしています。
完全に将棋を覚え強く成ることと無理のない行儀教育を主に考えていますので、同じ教室でも違った指導が必要だと思いました。

KSKでは多くの講師の一人なので、そのあたりはKSKまたは親御様の考えに沿うように行うのが常識だと考えます。



一生懸命やりたいこと知りたいことは、やはり好きに成らないと覚えることが出来ません。
特に将棋は自分から好きに成り新しい定跡や手筋を覚えることによって、一歩先の情報に興味が出て来ます。

何度も出て来ますが、現代ヨーロッパ史は私の趣味の一つです。
興味を抱いたのはそれほど前のことではありません。
きっかけは、2004年公開映画の~ヒットラー最後の12日間~(作品が良いのに題名が良くありません。せめて~ユンゲの記憶~とか~最後の地下壕~などヒットラーの名前を出さない方が日本では売れたのではないかと思いますが?)でした。

この作品自体どこまで本当の話だか分かりませんが、かなり事実に近いと思います。
ヨーロッパの第二次世界大戦は、終戦からベルリンの壁が無く成るまで、アメリカとソ連の作った嘘の歴史で創られて来ました。
それ以後に新しい事実がボロボロと発表されましたが、いかんせん戦後45年も経ちますと、生きて証言する人の年齢が高齢化し正しく記憶されなくなるので真実も怪しく成ります。

そう言う状況の中ドイツ側から見た作品は貴重だと思います。
映画「ドレスデン」または「ベルリン終戦日記」や戦争映画ではありませんが「グッバイ・レーニン」「善き人のためのソナタ」などはドイツ人の歴史感情が良く表れ表情が見えると思います。
書籍でも「ベルリン陥落1945」「1945年のドイツ」「死闘ケーニヒスベルク」「消えた100万人」「独ソ戦の真実」などがあります。

何でも両側から見ないと真実は見えて来ません。

もう一つ例えは「シンドラーのリスト」の真実性を考えると「鳥のいない空」みたいにクラクフ~プアシュフ~アウシュビッツ~ブリンリッツと現実に居た人が同じ世界を別の視点で描かれている作品は面白いと思います。

同じように「母と子のナチ強制収容所」と「スターリンとヒットラー軛のもとで 」はラーフェンスブリュック強制収容所の話が別角度で出て来ます。

その他にもポーランドワルシャワゲットーの書籍もたくさんあります。
ホロコーストの書籍は「アンネの日記」だけではありません。

少し戦争の話が多く成りましたが「考え発見する」ことが興味の持続につながることだと思います。


~子供将棋教室~

新学期に向けて、何か新しい習い事を始めてみませんか?

将棋という歴史あるゲームを覚えて、知力や頭の回転力を育ててはいかがですか?

将棋サロンでは、低料金で一生の技術習得や趣味を通した新しい良い仲間つくりを応援いたします。


~初回無料体験教室あります~

親御様も無料見学出来ます!!
ので、お気軽にお越し下さい!!



~六郷杯リーグ戦~
参加者募集中です!

お問い合わせ 03-3737-0588

~今日の一言~

今回も一度出来上がりを飛ばし(たいした内容ではありませんが)書き換えたら、知らぬ間にこんな内容に成ってしまいました。
将棋から外れる外れる、どうしたらよいのでしょうか? 


考えて発見する!


~雑色駅前将棋サロンホーム~

土曜日の子供教室を二つに分けて、日曜日の午後にキッズ子供教室として初心者の生徒を対象に指導しています。
今はK・K10級S・T10級I・T初級K・K初級の四人が中心ですが、何とかもう少し増えていただきたいと願っています。

~子供将棋教室~

初級の段階だと将棋と言うよりも鬼ごっこ(捕まえた?)とかかくれんぼ(見つけた?)のゲームをしているように見えます。
それでもルールをしっかりと守り少しづつですが成長しているのが分かりますし、男の子なのでしょうか勝負にはとても厳しいものを感じます。

その後3時頃からT・R三段U・S四段K・K四段格T・H初段K・M初級のお客様とY・K初段Y・H2級M・H7級の教室生徒が来られました。
このくらいの人数に成るとリーグ戦の消化も早く成ります。
とにかく大人のお客様が来られないことには、リーグ戦が教室生徒に片寄り盛り上がりにも欠けます。
今月からは月一回日曜日に新しい研究会も始まるので期待もあります。

五時頃に、ブックスろくごうのN・Mさんに以前から話が有りました元奨励会三段のK・AさんがN・Mさんと来られました。
~水門通りまつり 序盤~

この日は、ご挨拶と教室生徒との指導対局を快く引き受けていただきました。
二面差しで手合いはY・K初段Y・H2級二人とも二枚落ちです。

Y・H2級は、やや雑な序盤でしたが何とか銀多伝を組み上げることが出来ました。
中盤角が死ぬ展開に成りましたが、手を稼いで、得意の6七桂馬から終盤難しい局面を読み切り勝つことが出来ました。
感想戦では、中盤の歩の上手い差し回しを教わりました。

Y・K初段は独創的な二歩突っ切りでしたが、攻め急ぎがたたって、駒損を局面で取り返せずに負けてしまいました。
感想戦では、序盤の三筋歩交換しない(位確保のため)構想を指摘されました。

それは私の指導の問題で、Y・K初段は私との二枚落ちは200局位あり、上手のさまざまな変化に対応しています。
その中で上手矢倉に対するY・K初段の独特の対応でした。
しかし序盤上手6二金(5二金ならあります)だと矢倉には成りません。
明らかな手損に成ります。

私とY・K初段との手合いが上がって(今は飛車香落ち~飛車落ち)ひと月以上経ちますので、その辺の感覚が出来なかったのだと思います。
私自身はY・K初段の独創性を評価しています。
自分で「考え発見する」のは、たとえ間違っていても人真似よりも成長が早いと思います。
そんな指し手が他にも多くあるからです。

最後は簡単な詰将棋(打ち歩解消)を出してもらいました。

K・Aさんは、最近病気がちで体調も良くありません。
どちらかと言うと自由人で、人に教えるのは好きではないようです。
サロン教室としてもプロレベルの指導料は出せません。
またちょくちょく遊びに来られるとは言われましたが、どうでしょうか?


忘れていた忘れていたすみません。

詰将棋上
3三角成 同形 2二銀打 同金 2一金 同金 2三桂まで

最後同玉なら4二銀成りまで

詰将棋下
2三竜 1一玉 1二竜 同玉 3四馬 1一玉 1二歩 2二玉 2三銀成りまで


~今日の名言~

僕の前に道はない
僕の後ろに道が出来る


明治~昭和初期 彫刻家・詩人  高村光太郎



~子供将棋教室~

新学期に向けて、何か新しい習い事を始めてみませんか?

将棋という歴史あるゲームを覚えて、知力や頭の回転力を育ててはいかがですか?

将棋サロンでは、低料金で一生の技術習得や趣味を通した新しい良い仲間つくりを応援いたします。


~初回無料体験教室あります~

親御様も無料見学出来ます!!
ので、お気軽にお越し下さい!!



~六郷杯リーグ戦~
参加者募集中です!

お問い合わせ 03-3737-0588

~今日の一言~

教室でのなにげない一言を子供は良く覚えています。
冗談でも変なことは言えません。

ステラ・ミュラー・マデイ?


~雑色駅前将棋サロンホーム~

詰将棋の必要性は、プロアマ問わずどんな先生に聞いても大変大切だと言われます。

まずは一人でパズルのように楽しみながら出来ることが良いところです。
終盤に限らず実戦に役立つ手筋が多く出て来ます。
人から教えてもらうことは、なかなか覚えられませんが、自分で「考え」「発見」したことはしっかりと頭に入り力が付きます。
問題がほぼ無限にあることも良いところだと思います。

昔の話で、プロのK九段が5手詰めを降参したと話題に成ったことがありました。
勿論酒の席ということと、何手詰めと言わないこともありました。
それにしても5手詰め程度と思われがちですが、どうでしょうか?

プロの実戦でも一手詰めを逃して負けた対局もあります。
ポカと言えばそうですが、それが人間の脳なのかも知れません。
目で見えていても脳が思いどうりに働かないことは現実にあることだと思います。

私も簡単な詰将棋を教室生徒と一緒に解くようにしています。
その中で短手数でも、難解で良くできた作品があります。

CIMG1283.jpg

詰将棋ほど考えているときは難しく、答えが分かると「なあ~んだ。こんな簡単な問題なのか」と思うのはなぜでしょう?
意外と知っている手筋やパターンでも思い浮かばないことがあります。

CIMG1282.jpg

2問ありますが、何でも無い詰将棋の本に載っていた作品です。
私自身は2問とも15分以上(この程度の問題に)掛かりました。
教室の手伝いをしてもらっていて詰め将棋の出版にも関わっている、お客様のUさんは2問とも即答でした。
さすが詰将棋のプロです。
手数も言わないので2問で30分以内なら私以上です。

答えは次回です。 


話はがらりと変わって前回に続き「アンネの日記」関係です。(サロンブログは自由すぎる?)
日本にホロスコート記念館は2か所(福山と白川)ありましたが、白川には今でもあるのでしょうか?
数年前に福山のホロコースト記念館に行きました。
大変立派な記念館で資料や当時の遺品なども多く展示してありました。
私個人的にもいろいろな思いや言いたいこともありますが、それはさすがに別の機会にします。

今回どうしても伝えたいことがあります。
それは忘れられない「一枚の絵」のことです。
児童(小学校3年生くらいでしょうか?)の作品ですが、戦争当時の物ではありません。
学校行事の見学会だと思いますが、ホロコースト記念館に見学したことをスケッチした児童の作品がたくさん張ってありました。

その中の「一枚の絵」です。
今でも心に焼き付いて忘れられません。

CIMG1284.jpg

だいたいこんな感じですが、色を付けて綺麗に書いてありました。(児童より相当汚くてごめんなさい。)

アウシュビッツ行の貨物列車の「絵」です。
列車の中で生きている子供は苦しんで泣いています。
亡くなって天国に昇る子供たちは「笑顔」に成っています。

この「一枚の絵」には、生と死以外にもたくさんの意味が込められ一人の児童の想いが見えて来ます。

資料ではなく、一般児童の作品ですから今では観られないと思います。
ホロコースト記念館で「学び」「知り」「考える」それが成長のための大変深い勉強をしたのだと感じました。


~今日の名言~

想像力は知識より大切である

ドイツ・物理学者  アルベルト・アインシュタイン



~子供将棋教室~

新学期に向けて、何か新しい習い事を始めてみませんか?

将棋という歴史あるゲームを覚えて、知力や頭の回転力を育ててはいかがですか?

将棋サロンでは、低料金で一生の技術習得や趣味を通した新しい良い仲間つくりを応援いたします。


~初回無料体験教室あります~

親御様も無料見学出来ます!!
ので、お気軽にお越し下さい!!



~六郷杯リーグ戦~
参加者募集中です!

お問い合わせ 03-3737-0588

~今日の一言~

サロンブログの方向性をしっかりと(将棋に)持ちましょう!!
プロフィール

長澤席主

Author:長澤席主
他人を思いやれてこそ自立
傲慢で配慮がないのは孤立

名言カレンダー10月号より

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
02 | 2014/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
1851位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
388位
アクセスランキングを見る>>
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア