ブログを考える その2


~雑色駅前将棋サロンホーム~

文章を書く技術とは、いかに分かりやすく読み手に作者の思いを伝えるかが大切だと考える人は多いと思いますが、本当でしょうか?

文章の内容にもよりますが、サロンブログの場合は将棋だけでなく広い視野を持つ内容に、読んで下さるだけでもありがたいと思います。
そして次の行動が、工事中の雑色駅近くの暗い階段を上がった先に将棋サロンがあり、扉を開けて、来て下さる人たちが将棋(たまたま将棋なだけです。)を通して人間的な成長を期待できる空間や環境だと思えれば成功だと考えます。

ですからサロンブログ的な作品は、上手い正しい文章と将棋サロンや子供教室の内容も大切ですが、次も読んで頂く楽しさ興味が持てる内容が本筋だと考えています。


ブログを始めた当初考えた内容は、おもちゃ箱です。
そして参考にした作品が、亀有公園前派出所的なマンガでした。
その答えが秀吉一族や駅前劇場です。
賛否両論ありますが(その前に誰にも読んでもらえません。)今でも決して間違っていないと思います。
ブログに関しては、誰も遣らない新しい(将棋の世界では)考えは、たとえ失敗してもチャレンジするだけでも価値があると思います。
それこそオンリーワンを目指します。

逆に完全にまずかった(失敗とは違います)と思ったのは、将棋センターその1~その10です。
実名の部分もそうですが、下手な作家気取りがいけません。
誤字も多いし、書き方は(箇条書きでないのは意図的ですが、やはり私レベルだと、ただの馬鹿としか思われません。)ともかく内容以上に頭の悪さが目立ちます。
近く横浜編や御徒町編も書くと思いますが、その時には、府中編までの手直しをしなければいけないと思います。

将棋サロンの集客はとても大変です。
技術協力以外のプロ(ハッキリ言って宣材です。)または、それに近い人材は必要かも知れません。

とは言いつつも、今現在の流れは決して悪くはありません。
ただ、もう少し地味な部分ではない見える形での成果は必要だと感じます。
その一つにサロンブログはあります。

ブログを考えるは、不定期ですが多分続きます。


~子供将棋教室~

夏休みに向けて、何か新しい習い事を始めてみませんか?

将棋という歴史あるゲームを覚えて、知力や頭の回転力を育ててはいかがですか?

将棋サロンでは、低料金で一生の技術習得や趣味を通した新しい良い仲間つくりを応援いたします。


~初回無料体験教室あります~

親御様も無料見学出来ます!!
ので、お気軽にお越し下さい!!



~六郷杯リーグ戦~
参加者募集中です!

お問い合わせ 03-3737-0588

~今日の一言~

今年に入り四ヶ月が過ぎ、そろそろ3分の1が過ぎようとしています。(普通半年では言いますが、四ヶ月では振り返らないけど、  )

昨年は「七転八倒」だったけど、今年は「七転び八起き」に成った思いがします。
似たようなことわざですが随分意味合いが違います。
良い子の小学生は、自分で調べて下さい。 

4/27 子供教室


~雑色駅前将棋サロンホーム~

4月27日(日)

前田亮先生の子供教室感想です。


指導とはなんなのか。子供教室とはなんなのか。

今年も相変わらず試行錯誤しています。


子供達との終盤戦で気になったのですが今回は少し終盤の話をします。

教室の生徒にはちょっと難しい内容かもしれませんがいずれ通る道です。

終盤が弱いと序盤から優勢な局面を作っても簡単に逆転されてしまいます。

前回に終盤の勉強の話をしましたが勉強方法は他にもいろいろあります。

どの勉強方法がいいのか正解はありません。
いろいろやって自分にあった方法が見つかればそれがベストの勉強法です。

勉強は将棋に勝ったら終わりではありません。

将棋を続けていくかぎりずっと一緒にやっていくものです。

厳しいトレーニングは効果的ですが途中でやめてしまったら全くの無駄になります。

だから毎日でも出来るトレーニングがベストなのです。

私は毎日軽く3手詰ハンドブックをやっています。

いろいろな人にこう言われます。
「そんな簡単なのしかやってないの?」

厳しいトレーニングは毎日出来ません。
もし出来るならアマチュア四段の壁など簡単に突破出来ます。

私程度の終盤力なら3手詰ハンドブックと5手詰ハンドブックだけで充分です。

私は自分で前回書いた勉強法を実践しています。
駒落ちでも平手でも実戦の終盤を集中して考えることです。

3手詰ハンドブックは棋力を維持するためだけのものです。


今までたくさんの人達の将棋を見てきましたが終盤の考え方は実に人それぞれです。

何故これほど考え方が違うのか不思議に思いますが、これも将棋の面白さのひとつです。

いろいろな終盤のテクニックがありますが今回は教室生徒向けに基本的な考え方だけを書きたいと思います。

上級になるとある程度終盤の法則がわかってきますが、それでも行き当たりばったりです。


終盤の考え方には2種類のタイプがあるように思います。

ひとつは即詰みを軸にして読みの組み立てをするタイプです。

このタイプは即詰みに討ち取る事を中心に考えながら戦うのでどうしても一直線の斬り合いで読みを組み立てます。

この考え方はシンプルですが高いレベルの読みの量と精度が必要になります。

この考え方で強くなる子も稀にいます。
自玉を手抜いて相手玉を詰ます事に特化するので面白い強豪に成長するかもしれません。

このタイプは自玉に必至がかかった時に相手に頓死を食らわせるというのが典型的な勝ちパターンです。


終盤の考え方で、もうひとつは詰めろを軸に読みを組み立てるタイプです。

大半の人はこのタイプだと思います。

これは自玉の状況を細かく読みながら戦っていく事になります。

相手玉に詰めろがかかるまでの計算と自玉に詰めろがかかるまでの計算が読みの中心になります。

一直線に斬りあってどうかを考えますがダメそうとか自信がなかったら自陣に駒を埋めたり早逃げしたりして互いの速度計算を複雑にして戦います。

このタイプは自玉の安全度を重視しながら戦うので終盤が安定します。

自玉が詰まない事を確認して相手玉に必至をかけるというのが典型的な勝ちパターンです。
他の勝ち方として詰めろ逃れの詰めろ、相手の速度を遅らせる受けの決め手などの勝ちパターンがあります。

私の経験では最初はみんな前者のタイプからスタートしますが、逆転負けしやすい事と即詰みを正確に読みきる難しさからだんだん後者のタイプになっていく人が多い気がします。

ちなみに私も後者のタイプです。


これは前者が詰めろを読まないとか後者が即詰みを読まないとかではありません。

どちらのタイプもちゃんと詰めろを確認、即詰みを確認という手順を踏んでいます。

読みの中心を詰めろに置いているか即詰みに置いているかの違いです。

これだけの違いでも読みの内容と組み立てが大きく違ってきます。



詰めろのかけ方は勉強すればするほど上手になります。

どうやって受けにくい詰めろをかけるかがポイントです。

下手な王手や詰めろは逆に相手玉を堅くしてしまったり逃がしてしまったりします。

上手な詰めろをかけ続けて全く受けがなくなった状態が必至です。


終盤の理想は自玉も相手玉も両方見ながら戦う事ですが出来る人は少ないです。
だいたいどちらかに偏ります。

私も特に偏っているタイプです。

教室の生徒はとりあえず局面全体を見る事と基本的な考え方がなんとなく理解できるぐらいでいいと思います。


他にも終盤で大事な事はたくさんありますが特に教室生徒に教えたいのが確認作業の大切さです。

即詰みや詰めろは絶対に大丈夫だと思っても必ず再確認してください。

何度も確認していると読み抜けが必ず見つかります。

たった一度の読みだけで正確に局面を読みきる事など出来ません。

ちゃんと確認しない子が詰ましに来るときは必ず読み抜けがあります。

考えにくい玉の逃げ方や移動合い、中合いなどの合い駒は盲点になりやすくどうしても読みから抜けてしまいがちです。

だから確認しすぎるという事は絶対にありません。

私は大きな勝負で持ち時間全て使いきり何十回も詰みを確認した事があります。

ここで勝つか負けるか決まるのですから何度でも再確認しましょう。

見ていると強い子ほど何度も確認しています。

怖いもの知らずで自分の実力や才能に自信がある子ほど確認しません。

まだ将棋の怖さや終盤の難しさがわかっていないからです。

レベルがあがってステージがあがればそんな見切り発車を許してくれるような相手はいなくなります。

みんな何度も逆転負けを食らって確認の重要性を身につけていくのです。

常に確認をするようになればかなりの確率で逆転負けを防げるようになるはずです。

前田 亮


~子供将棋教室~

新学期に向けて、何か新しい習い事を始めてみませんか?

将棋という歴史あるゲームを覚えて、知力や頭の回転力を育ててはいかがですか?

将棋サロンでは、低料金で一生の技術習得や趣味を通した新しい良い仲間つくりを応援いたします。


~初回無料体験教室あります~

親御様も無料見学出来ます!!
ので、お気軽にお越し下さい!!



~六郷杯リーグ戦~
参加者募集中です!

お問い合わせ 03-3737-0588

~仲六郷より~

人の脳はコンピュータではありません。
確認する(考える)量の多さと棋力向上は比例します。

ブログを考える 


~雑色駅前将棋サロンホーム~

ブログについては、いつも考え思い何をどの様に書いて行けば良いのか悩みます。
基本的には、将棋サロンのアピール(CM)だと思いますが、それだけでは読んで頂く事に長続きしません。
読者を多くしたいのならば、何か引き付ける内容(面白い)でないといけないし、将棋と将棋サロン(私の私情以外の唯一のオリジナル)がメインとして、読んで頂いたことに時間の無駄に成らないと感じてもらわなくてはいけません。
私が今一番大切だと考えているのが、新しい考えと意外性です。

タイヤ公園の花壇です。

CIMG1306.jpg

先日ブログに使えるかと思い、映画「二十四の瞳」をツタヤで借りました。
生徒が小学生ですし生徒数も近いので共通する部分が有ると思いましたし、国内の名作としても良い作品だと思いました。が、しかし時代が違いすぎます。
私の小学生時代ならば、戦後(30年)教育として校内上映もあるかと思いますが、今は時代が平和すぎるのか?あまりにも悲惨な人生(内容)に、どのように解説していいのか分かりません。
忘れては成らない歴史過去かもしれませんが、伝え方を誤ると間違った知識に成ります。

タイヤ公園の花壇2です。

CIMG1305.jpg

ブログ以上に映画小説を創る人たちはどのように考えるのでしょうか?
例えば、本当の話(事実に基づいた話)はある意味本当のブログ(日記)です。
事実ではあるが、話を誇張して面白くする。のも、良くあることだと思います。
そして、明らかなフイクション(作り話)もあります。

以下次回続きます。

タイヤ公園の花壇3です。

CIMG1304.jpg

成功とは、どのような結果を言うのでしょうか?
私の場合は将棋サロンの維持持続程度で良いのでしょうか?
それとも商売が上手く行き繁盛しなければ失敗に成るのでしょうか?
確かに金銭的な問題は大きく関わって来ますし、現実に家賃と言う絶対的な出費があります。

もしかしたら別なところに、本当の成功があるのかも知れません。

~今日の名言~

苦しみをともにするのではなく、
喜びをともにすることが、友人をつくる。


ドイツの哲学者・思想家  フリードリヒ・ニーチェ


~子供将棋教室~

夏休みに向けて、何か新しい習い事を始めてみませんか?

将棋という歴史あるゲームを覚えて、知力や頭の回転力を育ててはいかがですか?

将棋サロンでは、低料金で一生の技術習得や趣味を通した新しい良い仲間つくりを応援いたします。


~初回無料体験教室あります~

親御様も無料見学出来ます!!
ので、お気軽にお越し下さい!!



~六郷杯リーグ戦~
参加者募集中です!

お問い合わせ 03-3737-0588

~今日の一言~

将棋サロン経営方針や考え行動に対する意見見解は数多くありますし、私が人の話を聞かないと言うこともありません。
過去経験則は大事ですが、未来の責任は私自身に全てありますので、参考として聞き判断は自分でします。

目標は常に通過点です。


~雑色駅前将棋サロンホーム~

ざわ・・・ざわ・・ざわ・ざわ・ざわ・・・ざわ・ざわ

この音は、某人気マンガのシリアスな効果音で、決して大規模将棋センターの雰囲気ではありません。

出来ないこと知らないことや難しいこと無理なことを推し進めるのは大変です。
しかしそう言う壁を乗り越えることが、技術得て次に繋がりレベルアップに成ると思います。
さしずめ私の場合ブログもその一つです。
ネットスキルなし文章力なしネタなしと、無いものづくしでパソコンの前に居るのが結構辛いです。
しかし続けることで何か得るものがあると信じますし、止めてしまうと、そこで全てが終わる感じもします。
なんとか1000回を目標に頑張りたいとも思っています。
あと780回です。 


4月に入り、何か将棋サロンの雰囲気が少し変わった感じがします。
特にお客様や教室生徒の顔ぶれが大きく変わった(少しは変わったかも知れません)分けではありませんが、気のせいでしょうか?

思うことの一つは目標ある研究会だと思います。
社団戦に出る!数ヶ月先に何か大きな目標(見える距離)を掲げたおかげか?短期間で強く成っているお客様もいますし、その影響も出て少しサロン内にやる気が感じられます。

教室生徒にも空気を感じるのか?「遊びの将棋」の多い生徒が「クラブ活動の将棋」や「勉強の将棋」に集中するように成った感じもしますし、逆に学年が変わり将棋から少し離れる生徒も見受けます。

もう一つは、教室生徒の2番手グループ(S・D6級M・H7級M・A7級)の頑張りが目に付きます。
三人ともどこに何の目標があるのでしょうか?月末の昇級は間違いなさそうです。
早くトップグループの仲間入りをして、社団戦でも活躍してもらいたいと思います。


~今日の思い~

私のブログもそうですが、仕事や将棋でも最初の段階(最初と言っても様々ですが)は、覚えることの積み上げです。
この状態は決して楽ではないし、辛く苦しく難しい時期です。
良くこの状態から抜け出して、楽に何でもこなせるようにしますが、乗り越えたときや出来るように成ったときには、次の試練(勉強や技術習得)に動かないと成長は止まります。

仕事の場合は、移動や転職など様々ですが、同じ仕事でも絶えず新しい発見や行動に出ないと、成長の後退や世の中から置いて行かれることに成ります。
なぜかと言いますと、世の中が動いている(成長している)からです。
人は「一生が勉強」と言いますが、死ぬまで楽は出来ないのは本当のことです。

将棋の場合でも、将棋に勝っているわけではありません。
対戦相手に勝っているだけで、将棋自体が人間の限界を超えています。
そして常に新しい変化(定跡)が生まれています。


~子供将棋教室~

新学期に向けて、何か新しい習い事を始めてみませんか?

将棋という歴史あるゲームを覚えて、知力や頭の回転力を育ててはいかがですか?

将棋サロンでは、低料金で一生の技術習得や趣味を通した新しい良い仲間つくりを応援いたします。


~初回無料体験教室あります~

親御様も無料見学出来ます!!
ので、お気軽にお越し下さい!!



~六郷杯リーグ戦~
参加者募集中です!

お問い合わせ 03-3737-0588

~今日の一言~

人には出来ることと出来ないことがあると良く聞きますが、そういう現実があること自体、すでに出来ることだと思います。 

昨日の研究会


~雑色駅前将棋サロンホーム~

将棋サロン第3日曜日は青空研究会(青空研)として、この日は(4月20日)2回目の会合でした。
アマチャア将棋の研究会とはなんなのでしょうか?
勿論昔から有るものですが一般的にはあまり浸透していませんし、研究会の趣旨すらハッキリしません。

昨日は、いつものサロンと空気の違いと真剣さに戸惑われた人もいたのではないのでしょうか?
そして半分はキッズこども教室もありましたし、一般のお客様(初めてで初段位)も居ました。
1時~3時位は、ぐじゃぐじゃな状態で大変申し訳なく感じました。
昨日御迷惑に成られた方々には、本当にすみませんでした。
しかしアマチャア将棋や小規模将棋センターの良さは、そんな来られた方々皆様が気楽に楽しめる環境が私は良いと思います。


そして研究会の趣旨は個人競技の将棋で、他人と技術向上のためにする勉強会ですが、基本勝負よりも終わった後の感想戦や指定局面での多人数での意見交換が目的だと思います。

最初に始めたのは、大山康晴名人打倒に燃える山田道美八段だと言われています。
現在はプロアマ問わず、同じ目的を持ったものどうしが研究会として会合を開いているのが一般的だと思います。

私の考える(目的)「青空研」は、今回から社団戦(第25回社会人リーグ団体戦)に新参加するチームつくりで、技術向上とコミニュケーション(仲間意識)です。
技術向上は当たり前のことですが、なぜコミニュケーションが大切なのでしょうか?
まず社団戦は個人戦ではない団体戦(チーム戦)であることですが、もともと存在するチーム(会社学校サークル)ではない、寄せ集め的な場合は特に大会だけの仲間に成りがちです。

雑色駅前将棋サロンチーム(六郷の青空と六郷の青空2)は、お客様と教室生徒のチームで、まだ社団戦に対する大会の認識が薄いため、今回は何回も出ている人達に協力をお願いしました。
そういうこれからのチームつくりには、どうしても研究会が必要です。
ですから社団戦には出たいが研究会は面倒だと言うのは、少し理解不足としか思えません。

昨日研究会の参加者は9人挨拶?2人と、これからの出場希望(現在の棋力では難しいが2ヶ月あるので何とか?)の教室生徒2人でした。
大会だけ出たい(研究会は面倒)人は多いしこれからも出て来ると思いますが、私は研究会の発展と充実を図りたいので、大会だけと言う人を無くしていきたいと思います。
まだ2ヶ月(5月18日&6月15日)ありますのでどうなるのでしょうか?
楽しみと不安が交差します。

~今日の名言~

「未来」は、いくつもの名前を持っている。
弱き者には「不可能」という名。卑怯者には「わからない」という名。
そして勇者と鉄人には「理想」という名、である。

フランス詩人・小説家  グィクトル・ユーゴー


~子供将棋教室~

新学期に向けて、何か新しい習い事を始めてみませんか?

将棋という歴史あるゲームを覚えて、知力や頭の回転力を育ててはいかがですか?

将棋サロンでは、低料金で一生の技術習得や趣味を通した新しい良い仲間つくりを応援いたします。


~初回無料体験教室あります~

親御様も無料見学出来ます!!
ので、お気軽にお越し下さい!!



~六郷杯リーグ戦~
参加者募集中です!

お問い合わせ 03-3737-0588

~今日の一言~

大人と子供の興味の度合いは、本当に好きであるかと、ある程度義務であるかの違いでしょうか?
ですから興味ある状態の長い子供は伸びますし、厭きやすい子供は何でも中途半端に成りがちですね。 

劇団楽団と同じです。


~雑色駅前将棋サロンホーム~

久しぶりに天気が崩れ、小雨模様で肌寒さも感じます。
日々気温の変化も大きく、体調管理には気負付けなければいけません。

こんな時には、美しい花を観賞しましょう。

CIMG1308.jpg

勿論タイヤ公園の花壇です。
そしてもう一枚。

CIMG1310.jpg

前回とは違う花壇です。
なんとなく次回も花壇から始まるような気がします。(写真のストックがあるので 


現在の将棋サロンは、将棋教室(初心者女性子供教室)と将棋センターの二本柱で経営を立てています。
将棋教室は本当に少しづつですが生徒も増えつつあり、これからも現状努力を怠らなければ続けていけそうです。

将棋センターとしての(初心者ではない大人のお客様)考え方がもう一つハッキリしません。
東京ですが最果ての小さな将棋センターです。何もしなければ誰も集まりません。

ただ最近ごくわずかですが将棋センター最大の敵、ネット将棋を離れる傾向も見られるそうです。
それはソフトを使った(他にもありますが)インチキが簡単に出来るようになったことが原因だそうです。
将棋はシンプルに目の前の対戦相手と戦うのが一番良いと思います。

将棋サロンでは、現在毎月のリーグ戦が中心です。
~六郷杯リーグ戦~
参加者募集中です!

出来ればトーナメントもやりたいのですが、今は無理そうです。
そこで今春から、社団戦に向けた研究会(第3日曜日)を始めました。
~春の清水から転落?~
まだまだサロンレベルのお客様だと、社団戦の大会の大きさ価値が良く呑み込めていないようですが、今年からですし、出場して経験と実力を付ければ楽しさも倍増します。
そのためには、まず将棋サロンに来て頂かなければメンバーには成れません。
2チーム(各チーム10人~13人)の枠組みはあります。
棋力も8級位から出れると思います。

逆に、社団戦は出たいが研究会は面倒だと言う人が(結構多い)いますが、その場合は人数調整?(少なければ出れますが人数が多ければ分かりません)や上(4部)のチームか下(5部)のチームか?は、6月第3日曜日までの研究会(出席または成績)の結果で決めたいと思います。
今の段階では何とも言えません。


将棋サロンは一人の人間が動かしているのではありません。
商売として成立しなくても、劇団や楽団と同じで多くの人の技術向上が最大の目的です。
サロンに来られる皆様方と共に存在する公共性のある空間です。
本当に少しづつですが、何とか良い方向性だけはあると感じています。
これからも、現状努力を怠らなければ持続可能だと信じています。

~今日の名言~

人間は、優れた仕事をするためには、自分一人でやるよりも、
他人の助けを借りるほうが良いものだと悟ったとき、
偉大なる成長を遂げる


アメリカの実業家  アンドリュー・カーネギー


~子供将棋教室~

新学期に向けて、何か新しい習い事を始めてみませんか?

将棋という歴史あるゲームを覚えて、知力や頭の回転力を育ててはいかがですか?

将棋サロンでは、低料金で一生の技術習得や趣味を通した新しい良い仲間つくりを応援いたします。


~初回無料体験教室あります~

親御様も無料見学出来ます!!
ので、お気軽にお越し下さい!!



~六郷杯リーグ戦~
参加者募集中です!

お問い合わせ 03-3737-0588

~今日の一言~

誰でも遊びで将棋を指しているときは、くだらないギャグやダジャレを言いますが、意外と受けます。
なぜ、受けるかと言いますと、その場の雰囲気(空気)が良いからだと思います。
ようは将棋が楽しいと言うことですね。 

中学生の将棋!


~雑色駅前将棋サロンホーム~

ガストのモーニンングセット(スクランブルエッグ&ソーセージセット)とドトールのミラノサンドA(生ハム・ボンレスハム・ボローニャソーセージレタス入り)と若菜のロースカツ弁当と将棋サロン入場料(平日)は、ほぼ同じ金額です。 

タイヤ公園の花壇は綺麗です。

CIMG1311.jpg

もう一枚

CIMG1309.jpg

本題に入ります。

将棋教室に通う小学生にとって魅力の一つは、頭脳ゲームで大人(まずはお父さん)に勝つことだと思います。
そして近所のおじさん友達から棋友ができて将棋大会と進みます。
将棋大会も町村の小さな大会から区のレベルに成るとトップが三段位で、県代表は四段です。
こんな感じで、段級のレベルには人口と比例した段階があると思います。

若ければ若いほどどんな競技でも、いつまでも小さな大会低いレベルの世界にいないで、可能性あるかぎり上に進むことを願います。

それは、教室生徒が小学生大会から中学生大会高校大学と学生枠でも多くあり、学業と将棋だけに絞っても十分に納得できる学生生活が出来ると思いますが、今どきの中学生は難しと思います。

小学校卒業時点で二、三段辺りだと自然と辞めるか縮小傾向にあります。
昨年も教室生徒ではありませんが、何人も見ました。

小学校卒業イコール子供将棋教室も卒業?と自然とこんな流れがあるのでしょうか?
確かに、子供では無く立派な青年です。それと将棋の勉強をやめるのは違います。

勿論他の遊びやスポーツ、クラブ活動と魅力あることが多いと思いますが、本当は将棋に対して自分の実力と将来への可能性または、プロアマ問わず将棋界に対する疑問と不安が分かり見えてくるのが、この時期(中学入学)とこの棋力(二、三段)位だと思います。

単純に考えても、中学入学時点で二、三段の棋力を野球に例えたら高校野球(硬式)の予選チームのレギュラークラスはあると思いますが?(いい加減な例えかな?) 

中学生に成り新しいことにチャレンジするのも悪くはないですが、将棋での、この年齢この棋力はもったいなく感じます。
まだまだ将来性があり、努力苦労はあるかもしれませんが、必ず後悔しない技術実力を習得できると思います。

私が思うに、将棋は中学生が一番伸びると考えます。
算数が数学に成り理科が科学に成るのと同じで、将棋もワンランク上の専門性を小学生とは違う感性で取り込めます。
本格的に「遊びの将棋」から「クラブ活動の将棋」に成るのもこの時期です。

若い時期の時間は本当に価値があり、無駄にならないことだけを願うだけです。


~今日の名言~

人生は往復切符を発行していません。
ひとたび出立したら、再び帰ってきません。


フランス作家・思想家  ロマン・ロラン

~子供将棋教室~

新学期に向けて、何か新しい習い事を始めてみませんか?

将棋という歴史あるゲームを覚えて、知力や頭の回転力を育ててはいかがですか?

将棋サロンでは、低料金で一生の技術習得や趣味を通した新しい良い仲間つくりを応援いたします。


~初回無料体験教室あります~

親御様も無料見学出来ます!!
ので、お気軽にお越し下さい!!



~六郷杯リーグ戦~
参加者募集中です!

お問い合わせ 03-3737-0588

~今日の一言~

教室生徒に某小学校の生徒が多く居ますが、低学年に将棋が好きな先生がいるそうです。
そう言った影響は大きく感じます。
そして某小学校からまた一人無料体験の生徒が来ます。 

4/12 子供教室


~雑色駅前将棋サロンホーム~

4月12日(土)

前田亮先生の子供教室感想です。


指導とはなんなのか。子供教室とはなんなのか。

今年も試行錯誤してます。

4月になって昇級者が何人もでました。

昇級直後は上達のチャンスです。
やる気があるうちにどんどん対局しましょう。


多面指しをやっていると少し困った子が出てきます。

それは盤面を自分に都合よく変えてしまう事です。

厳しく言ってそういうズルは絶対に許さないやり方もあるでしょう。
むしろその方が普通だと思います。

このようなズルをする子が果たして上達するのか。

もちろん上達する可能性はあります。
逆に将棋をやめてしまう可能性もあります。

この事は今後の指導方針と関わってきます。

出来れば子供教室は穏やかに和やかにやりたいと思っています。
甘いと言われるかもしれません。

ただ反則やズルはやはりダメですね。



普通の1対1の対局ではそういうズルをしているところを見た事がないのでひょっとしたら多面ならバレないと思っているのでしょうか。

残念ながら完全にバレバレです。

何事もルールを守らなければ勝負は負けになります。


昔からイカサマはバレなければイカサマじゃないと言いますがバレバレではどうしようもありません。

私は昔からイカサマおじさんと真剣勝負をしてきました。

私が今まで将棋を続けてきたのはイカサマおじさんのような人間には絶対に負けてはならないという信念があったからです。


しかし信念があっても実力がなければ簡単に負けてしまうしイカサマを見破ることも出来ません。

子供達がやる局面変えなどはイカサマの初歩の初歩です。

実は去年の1年間、私はそういう可愛いズルを全て見逃してきてあげました。


子供たちに厳しく言うのも嫌だし、やったとかやってないとかいう話はもっと嫌いです。
教室の空気も悪くなります。

基本的に私はそういった事が苦手です。叱り方もわかりません。

今後は上手な叱り方を勉強していかなければならないと思っています。


子供教室に厳しさを持ち込むのは今のサロンにとって諸刃の剣です。

入るために何ヵ月も予約待ちしなければならないとか入会するのに条件付きや審査があるといった教室なら厳しさは必要だと思います。

しかしサロン教室に厳しさを持ち込むのはあまりいい手ではない気がします。
いずれ厳しさが必要になりますが今はその時期ではないと思います。

獅子は我が子を千尋の谷から落とすという諺があります。

以下wikiからの引用です。


【獅子は我が子を千尋の谷に落とす】


巨大で強靭な体躯を持つ百獣の王ライオンであろうと過酷な環境と近年の急激な環境破壊の進むアフリカ大陸で生き抜くのは非常に困難である。
そこでライオンは子供に強靭な精神力と体力を身につけさせることにしたのであ
る。
それは文字通り地獄の試練と言うべきものであった。
ライオンの世界にゆとり教育など存在しないのである。

子供ライオンが年頃になると親ライオンは何もいわず子供ライオンを連れて千尋の谷に連れて行く。
親ライオンがどんどん崖を登り「おかしいな」と思った時には親ライオンの全力タックルにより谷底に真っ逆さまに落ちていくのである。
落下距離は文字通り1000尋(1尋=約1.818m)すなわち1818メートルに達する。

あれよあれよと落ちていく子ライオンであるが子供といえど百獣の王ライオン、くるりと体勢を整えて着地することができるのだ。

なおこの時に勢いあまって一緒に転落してしまったり「何しやがるこのジジイ」と子ライオンに脳天を割られてノックアウトされる親ライオンが後を絶たない。こうして無事谷底についた子ライオンであるが苦難はここからである。
オーバーハングの崖をザイルもアイゼンも無しに登らなければならない。

谷底には水も餌もなくこのままのんびりしていたら飢え死にどころか落ちてきた他の子ライオンに食い殺される心配すらあるという過酷な状況といえよう。


なんとか登りきり心身ともに鍛え上げられたライオンだけが百獣の王としての力を手に入れることができるのである。
帝王学が根性一辺倒なのはさすがネコ科畜生の脳味噌というべきか。



幸いなことにサロンに獅子はいませんが生徒をみんな千尋の谷へ落としてしまったら誰も登って来れないので子供教室は成り立たないと思っています。

厳しさは必要だと思いますし私は厳しく指導されてきた人間なのでそのほうがやりやすいのですが現実はそう簡単な話ではないのが難しいところです。



もうひとつ気になるのが早い投了です。

6枚落ちなど一回ぐらい失敗しても逆転には至りません。

たった一回の失敗で勝てる局面でも投了してしまうのは本当にもったいない。

実戦は上達に必要な要素がすべてそろっています。
それは序盤、中盤、終盤すべてにいえます。

終盤を勉強するなら実戦の終盤で詰みや不詰みを読みきる事が一番の勉強法です。

詰将棋は詰むことがわかっていますが実戦では詰むか詰まないか自分で判断しなければなりません。

実戦では常に相手玉と自玉の状況が変化していきます。

ついさっきまで詰みがなかった玉に状況が変わり詰みが発生したりします。

そういう局面を読みきろうとする頑張りが終盤の上達に一番効果的なのです。

もちろん今の教室の子供達のレベルで局面を読みきれというのは無理な話です。

実際に局面を読みきれるかどうかは重要ではありません。
大事な事は読みきろうとする努力と読む量です。

実戦の終盤は計算の技術なので考えれば考えるほど上達します。


序盤や中盤で正確な形勢判断の出来る子はまだ教室にはいません。

ダメだと思っても本当のところはいい勝負な事が多いので生徒には一局の将棋を詰みまでやって欲しいと思います。

ちょっと失敗したぐらいで投了するのはまだ君たちには早すぎます。

何度も繰り返し言いますが実戦は本当に貴重な勉強の場です。

たくさん指す子は必ず強くなります。

前田 亮


~子供将棋教室~

新学期に向けて、何か新しい習い事を始めてみませんか?

将棋という歴史あるゲームを覚えて、知力や頭の回転力を育ててはいかがですか?

将棋サロンでは、低料金で一生の技術習得や趣味を通した新しい良い仲間つくりを応援いたします。


~初回無料体験教室あります~

親御様も無料見学出来ます!!
ので、お気軽にお越し下さい!!



~六郷杯リーグ戦~
参加者募集中です!

お問い合わせ 03-3737-0588

~仲六郷より~

教室生徒がどのようなスタンスで将棋を学ぶのか、
プロに成りたいのか?教育の延長線上か?行儀マナーなのか?一生の趣味にしたいのか?
私たちは常に、生徒個々に合った指導を考えています。

出来事


~雑色駅前将棋サロンホーム~

突然のTELで驚きました!
9日(水曜日)の1時半です。
水曜日分のブログの途中です。3時にお店(将棋サロン)を開けますので、2時半までに仕上げて、それからゆっくりと出かけても間に合うと思っていました。
そしたら突然TEL(お店の転送)が成り「Yですけど、今お店の前にいます。」と、言われ。
しまった!約束していたの忘れていた!
途中のブログをプレビュー状態で保存(これで良いのか?)して、急いで出かけました。

話は10日ほど前のTELです。
「Yと言います。今、北海道に居ますけど、9日の1時半に行きたいと思いますけど良いですか?」
「???北海道?ですか?9日の1時半ですか?営業は3時からですけど、来ていただけるのなら開けます。ただし3時までは、私しか居ません。」
それでも良いということで約束しました。
一人の飛び込みのお客様ですし、よく意味も分からず数日が経ちました。
カレンダーに記しをしていたのに忘れていました。

息を切らしながら、お店の前に行くと、私と同年代位でネクタイ姿の紳士が居ました。

いろいろお話を聞くと少しづつ事情が見えて来ます。

まずは、今北海道から仕事で東京に来られました。
午後7時頃横浜で待ち合わせがありますが、羽田から横浜の間で時間を余すので、途中の雑色駅に寄りたいとのことでした。
仕事で東京に居る一週間の間に、将棋サロン以外にもY.Y.囲碁将棋ガーデン御徒町将棋センター西池袋将棋クラブに行くそうです。
その中で、たとえ途中下車でも将棋サロンに寄っていただけたのは光栄です。
私から見ればあわただしく感じますが、今どきの全国をまたがるサラリーマンは活動的です。

比較的単発や遠距離のお客様は、ネットの観覧で興味を持たれて来て頂いていますが、Yさんは、ネットではありませんでした。
北海道出身で18年ほど前府中の研究会仲間のY・M君(現在苫小牧在住、あだ名ジュニア)を通して知ったとのことです。

私と3局指してから教室生徒と4局指して、5時50分(時間通り)にサロンを出て行かれました。

Yさんは、ぱっと来てがやがやと話対局シーン対局とパタパタがやがやそして、
「それじゃまた機会がありましたらお願いします。」と帰られました。
その間教室生徒5、6人居ましたが、私の印象ではホームドラマの一場面でも観ているかのように、ほのぼのとした人間味ある空間を感じられました。




~子供将棋教室~

新学期に向けて、何か新しい習い事を始めてみませんか?

将棋という歴史あるゲームを覚えて、知力や頭の回転力を育ててはいかがですか?

将棋サロンでは、低料金で一生の技術習得や趣味を通した新しい良い仲間つくりを応援いたします。


~初回無料体験教室あります~

親御様も無料見学出来ます!!
ので、お気軽にお越し下さい!!



~六郷杯リーグ戦~
参加者募集中です!

お問い合わせ 03-3737-0588

~今日の一言~

小さな出来事物語はどこにでもありますが、意外と気づき難く、後から思い返すと良い思い出に成ります。
それは、私たちひとりひとりのお付き合い(生活)の中から出来ていることだと思います。 

春の清水から転落?


~雑色駅前将棋サロンホーム~

このブログも何だかんだで200回を超えて来ました。
あまりテーマを絞り過ぎたり、周りを気にし過ぎると書ける内容も書けなく成ります。
前田先生は正攻法の子供教室を書いて戴いていますので、私は自由に勝手なことを書きたいと思います。
と、思い過去の記事を少し振り返りますと、昨年の3月頃のはさすがに今では書けない内容です。
あまりにも実名が多すぎます。

読んでもらえる人が居ないとの考えがあったと思います。
今では、とりあえず実名(写真)だけは、お断りの前には出すことはいたしません。
しかし公共性や一般的な地名や会社名的な個人的な問題でなければ良いと思います。
批判やクレームがありましたら、その場で判断(消去)します。
実際にブログは、それほど重いものではないのではと(特にこのブログ)私は思います。
そして何のために、どうして書いているのでしょうか?
商標(将棋サロン知名度アップ)?趣味?
なのかと思いますが、良く分かりません。 


個人的なことは良いとして、4月からの動きとして第三日曜日(4月20日は12時より)研究会を始めます。
4月第三日曜日は、教室生徒の主力は他の大会と重なりましたが、遠くから(茨城)来られる人も居ますので、早く始めて5時頃終わりたいと思います。

研究会名「青空研究会」です。
(仮)部長 T・T四段  (仮)副部長 T・R三段

研究会の意味は、社団戦に向けたチームつくり(技術向上と人間関係)です。

今回社団戦(第25回社会人団体リーグ戦)に雑色駅前将棋サロンチームから2チーム出すことにしました。
いろいろな事情(内外的な問題から金銭的な問題まで)で悩みましたが、今回2チーム目の出場には、清水の舞台から飛び降りました。  
大会は7月から11月までの5回です。

チーム名「六郷の青空」と「六郷の青空2」です。

誰がどちらで出るのかは、今の段階では何も決めていません。
全員が横一線のフラット状態です。
最終決定は、6月第三日曜日だと思います。
教室生徒も上のチーム(今回4部)で出たいと言いますので、私は「それは実力で勝ち取り、(仮)部長のT・T四段に認められなさい」と言いました。

青空研は、第三日曜日です。ご予定が付く選手は(無理は言いません)出来るだけ出ていただきたいと思います。

是非ともここからの出場選手は勝ち負けにこだわらないで、最後まで楽しく対局していただきたく心から願っています。


将棋サロンとしても他の団体の対局の場(畳敷き五寸盤六面あり)としても利用して頂ければ幸いです。
~団体予約受け付けます~


~子供将棋教室~

新学期に向けて、何か新しい習い事を始めてみませんか?

将棋という歴史あるゲームを覚えて、知力や頭の回転力を育ててはいかがですか?

将棋サロンでは、低料金で一生の技術習得や趣味を通した新しい良い仲間つくりを応援いたします。


~初回無料体験教室あります~

親御様も無料見学出来ます!!
ので、お気軽にお越し下さい!!



~六郷杯リーグ戦~
参加者募集中です!

お問い合わせ 03-3737-0588

~今日の一言~

テレビの早差し戦ですが、居飛穴党はなぜか必要以上に自陣に金駒を投入します。
そういう将棋はたいてい負けますが、どうしてでしょうか?
何か見えない恐怖があるのか?それとも、単なる悪あがきですか? 

それは行儀教育マナーです。


~雑色駅前将棋サロンホーム~

さて、いよいよ新年度も始まりました。
と、勢い込んでいますが、いろいろ公私共に雑用が多くてなかなか上手く行きません。

日曜日の午後は最悪で、頭が少しクラクラしていて将棋に集中出来ませんでした。
目で局面を見ているようでも頭に中は別なところに居ます。
子供たちの指導にも他のお客様に間違いを指摘されるし、昇段が微妙な生徒との対局は、王手飛車狙いや両取りなど品の無い将棋を指したりと、本当に申し訳なく思います。
やはり私レベルのアマチャアでも将棋教室の看板を出しているのだから、指導には最善の状態で教室生徒個々に合ったパフォーマンスを見せることが必要です。
反省反省。すみませんでした。 

サロン教室に初心者から8級くらいの生徒が10人ほどいます。
主に指導対局は6枚落ちが基本です。
生徒同士の対局や詰将棋ごろごろ将棋もしますが、6枚落ち将棋には、初心者が上達のための基本がたくさん詰まっています。
幾つかの序盤定跡から中盤の飛車角の使い方、と金の活用駒得の意味、相手王の寄せ方から終盤詰まし方と自玉安全度危険度の見分け方などです。

6枚落ちを卒業出来れば、将棋の基本をマスター出来たと考えて良いと思います。
棋力は5、6級位でしょうか?そして4枚落ちから難関の2枚落ちと進み2枚落ち卒業(飛香落ち3連勝)で初段です。

実は、この5、6級までの教室指導が、ある意味小学生のために出来た新しい考えの教育ですし、技術指導と並行して行儀マナー指導も兼ねています。

以前はアマチュアの指導者が居なくて、ある程度強い人たちのためのプロ指導が一般的でした。
私たちアマチュアの指導者が初心者のための指導と、小学生の教育行儀に当たるのは自然なことだと思います。

ですので、昔は初心者をどんな形で卒業していたのでしょうか?

40数年前の私は近所のおじさんから始まり、小学校で流行り棋友が出来て、将棋世界から棋書を読みだしました。
ある意味一番普通です。
将棋センターを知る直前までに、棒銀のスピード破壊力と穴熊の勝ちやすさはなんとなく記憶にあります。
その段階で、将棋センターで6級と認定されました。
今現在のサロン教室での初心者卒業(6枚落ち)程度だと思います。

昔は(今の大人の将棋愛好家)ほとんどそんな感じではなかったかと思います。
しかし、ここまでで大切なことが抜けています。

それは行儀教育マナーです。

普通の常識ある大人でも将棋盤を挟むとマナーが悪く成る人はいます。
それは将棋が遊びゲームギャンブルと見られていたからです。
指導する人がいない(レッスンプロ)時代で育った大人は仕方ありません。

将棋をワンランク上の教育教室にするためには、小学生の行儀教育マナーが必要だと考えます。

今では少しづつ子供と共に女性(将棋女子)の将棋愛好家も増えてきたと思います。
それは行儀教育マナーが大切だと考える指導者が増えたからだと確信します。


~子供将棋教室~

新学期に向けて、何か新しい習い事を始めてみませんか?

将棋という歴史あるゲームを覚えて、知力や頭の回転力を育ててはいかがですか?

将棋サロンでは、低料金で一生の技術習得や趣味を通した新しい良い仲間つくりを応援いたします。


~初回無料体験教室あります~

親御様も無料見学出来ます!!
ので、お気軽にお越し下さい!!



~六郷杯リーグ戦~
参加者募集中です!

お問い合わせ 03-3737-0588

~今日の一言~

教室生徒に人気のあるお客様がいますが、最近子供たちに勝てないのか、サロンに見えません。

カンバッ~ク! M・M初段 

特殊な自営業です。


~雑色駅前将棋サロンホーム~

春の空は安定しません。
心地よい気候と暖かな日差しと思うより、気温気候の変化が激しいのと、春の嵐と言われるように激しい雨も珍しくありません。

サラリーマン時代は、会社から言われることを何も考えずに動いていれば何とか生活も安定し、つまらない仕事と将棋野球その他趣味などで時間を使っていました。

そんな生活が続くと、人間どこかで何か人生一度チャレンジしたいと思うのでしょうか?
なぜ?こんな時代に逆行吹く風の中、将棋センター将棋教室なのか?
時代遅れで無謀なのか、それとも隙間産業で何か新しいチャンスがあるのか、いまだに模索中です。

私がプロを目指した(挫折してますが)のは40年近くも前のことです。
それから傍目にはプロを見ていましたが、内情にはあまり興味はありませんでした。
そして最近の話から、この20年位で驚くほど変わっていたのにはびっくりです。
いや、本当は将棋界は昔のままで、一般社会が変わったと言った方が正解かも知れません。

現状の考え行動は、将棋サロン開店当初(1年数か月前)とは良くも悪くも随分変わりました。
一言で言えば、攻めるより守りの方が大事だと言うことです。
夢は小さく成りましたが、知名度も少しづつは上がり現実的な部分が少しは見えて来るように成ったと思います。
御客様教室生徒と共に、業界内で仕事上お付き合い出来る人も捜して行かなくてはいけません。
何事も一人では上手く行かないのは分かります。

特殊な自営業(遊びとは思わないで下さい)の今は、日々新しい何かを探し考え自分で行動しなければ何も良く成りません。
その行動がそのまま収入に繋がるとも限りません。
私自身サラリーマン時代と違うのは、無駄と思えることを無駄だと思わずに、無い頭を使うことで日々の努力を怠らないことだと思います。 

「言うは易し行うは難し」を自分自身に向けるとプレッシャーですね。  



~今日の名言~

練習以上のことは出来ない

第32代米国大統領  フランクリン・ルーズベルト

ルーズベルトは、演説に頼まれたときにこう言いました。
「明日であれば、今から20時間あるから、15分の演説なら出来そうだ。」
「たった15分の演説に20時間も必要ですか?」と記者が聞くと
「原稿用紙1枚分の演説に1時間かけて考えるのが基本として、1枚の原稿は1分の演説にあたり、睡眠に5時間で、合計20時間必要です。」とルーズベルトは言いました。

天才とは秀でた才能を指す言葉ではありません。
周到な準備をして、相手の前で完璧なパフォーマンスを見せられる人が天才と呼ばれるのです。


~子供将棋教室~

新学期に向けて、何か新しい習い事を始めてみませんか?

将棋という歴史あるゲームを覚えて、知力や頭の回転力を育ててはいかがですか?

将棋サロンでは、低料金で一生の技術習得や趣味を通した新しい良い仲間つくりを応援いたします。


~初回無料体験教室あります~

親御様も無料見学出来ます!!
ので、お気軽にお越し下さい!!



~六郷杯リーグ戦~
参加者募集中です!

お問い合わせ 03-3737-0588

~今日の一言~

地道な努力行動は、動かない岩でも少しづつ動き出すのが最近分かり感じることです。
やはり途中で投げ出すことは、どんなことでも「責任逃れ」に成ることだと思います。 

四月そして新年度!


~雑色駅前将棋サロンホーム~

本当に暖かく成り、桜も綺麗に咲きだしました。
もう四月です。
私的には、球春と共に心躍り、夏に向かって世の中が活発に動き出す期待が膨らみますが、それも過去の記憶出来事にも感じられます。
年齢と共に、期待より不安そして時間(残りの人生)との戦いも感じます。

しかし、今はそんなことを考えてはいけません。
今、出来ること遣れることを一生懸命遣らないことには、周りの皆様方に御迷惑に成ります。
何事も中途半端ではいけないのです。


第4回六郷杯リーグ戦(3月分)結果報告です。

CIMG1300.jpg

優勝 T・R三段  10勝4敗 勝ち点6
2位 S・D6級   9勝4敗 勝ち点5
3位 K・K四段格  7勝3敗 勝ち点4
3位 Y・K初段   8勝4敗 勝ち点4

優勝賞金3000円(教室生徒は図書券3000円分)です。

後半S・D6級の逃げ切りかと思いましたが、T・R三段が教室生徒との対戦を多く残していたのが、最後勝数に結び付きました。
いずれにしても、ひと月間の短期決戦です。出来る対戦を早くそして多く指した方が有利に動くと思います。

そして第5回六郷杯リーグ戦(4月分)です。

CIMG1301.jpg

今回はお客様9人教室生徒12人です。(参加資格は10級以上)

ひと月に2回程度来られれば参加(優勝の可能性あります)出来ます。
~六郷杯リーグ戦~
参加者募集中です!


それから招き猫4月号です。

CIMG1302.jpg

猫が花見かい?それに踊ってるよ。(私も猫になりたい)

前々回詰将棋答え

1三銀不成 同香 3五角不成 2三玉 2四歩 3四玉 1二馬まで7手詰め


~今日の名言~

人生のお楽しみは、これからだ!

「自分を未熟だと思えれば、いくつになってもみずみずしさを失わず、成長を続けていくことができる。この姿勢でいるかぎり、人生に打ちのめされることはない。」

イ・クロックがミキサー販売員からマクドナルドビジネスに着手したのは52歳のときでした。
糖尿病と関節炎を患い、胆のうの全てと、甲状腺の大半を失っも希望を胸に未来へ邁進し、マクドナルドを世界的企業へと導いていきました。


~子供将棋教室~

新学期に向けて、何か新しい習い事を始めてみませんか?

将棋という歴史あるゲームを覚えて、知力や頭の回転力を育ててはいかがですか?

将棋サロンでは、低料金で一生の技術習得や趣味を通した新しい良い仲間つくりを応援いたします。


~初回無料体験教室あります~

親御様も無料見学出来ます!!
ので、お気軽にお越し下さい!!



~六郷杯リーグ戦~
参加者募集中です!

お問い合わせ 03-3737-0588

~今日の一言~

お天気の周期にも法則があるのでしょうか?
なぜか、同じ曜日に天気が崩れます。「また木曜が雨だよ」  
プロフィール

長澤席主

Author:長澤席主
他人を思いやれてこそ自立
傲慢で配慮がないのは孤立

名言カレンダー10月号より

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2014/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
1851位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
388位
アクセスランキングを見る>>
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア