サロンのいちばん長い日?(感動は不意に現れます。)


~雑色駅前将棋サロンホーム~

サロンのいちばん長い日?は、清水寺とごっちゃになっているのが分かりずらいかな?
と思いつつも、音羽の滝です。

CIMG0264.jpg

本堂奥にある、釈迦堂、阿弥陀堂、奥の院は、修復中で観ることが出来ませんでした。
ここでの最後の一枚です。

CIMG0263.jpg

やはり清水寺の全貌ですかね。

再び10月23日に戻ります。
何とか来て頂いた皆様のご厚意で、棄権だけは回避できました。
私も一局だけ指して、皆様の健闘を称え昼前には会場を後にします。

一局だけでも、どっと疲れが出てきます。
個人戦ではない、団体戦の重圧でしょうか?
私自身、社団戦で指すのは何年振りでしょう。
確かに良く分からないプレッシャーはあります。
選手として出るのが辛くなるのも分かります。

しかし、「他人のために努力する」「みんなのために苦労する」のは大切なことです。
それを「利他的行動」と言います。
利己的でも利他的でも、行き過ぎると問題はあります。
でも「知ること」「体験すること」は良いことだと思います。
将棋は個人戦ですから、特に必要な「意識」だと思います。
教室として、子供たちに教えたいことの一つで、そのためにチームとして出場しています。

この日は、社団戦以外にJT杯東京都大会もあります。
教室からも10人以上の生徒が参加する、大変大きなイベントです。
このような日ですから、サロンは暇になるのが普通です。
それでも大人の有段者の方や、JT杯に参加しなかった教室生徒が来て頂きました。

そしてお客様が帰った後に、JT杯に出場していたH・Y君が親御様と結果報告にと、立ち寄って頂きました。
結果は低学年の部で、三位です。
喜んで良いのか?悲しんで良いのか?微妙なところです。

1300人、それも目的をもって集まった中の3位です。
過去には、三年前にY・H君の16位が最高でした。
普通では、出来ないことは確かです。
昨年の8月、10級も無かった棋力からすればもの凄い成長だと思います。
今現在低学年の中では、日本のトップレベルと言っても過言ではありません。

ただ、学年が変わり、高学年になり有段者になると、改めての挑戦となります。
そのあたりは親御様も認識していましたので、努力の積み重ねは怠りないと思います。

親御様のお話の中に、「教室の仲間がみんなで応援して頂いて、そのおかげでここまで残れました。」とありました。
私自身、一度もJT杯に行ったことがありません。
状況が良く分かりませんでした。

イメージするのは、大きな会場で残り少ないベスト8や準決勝の対局をするH・Y君。
それを見守る教室生徒の仲間たち。
H・Y君は、みんなのためにそして自分のために、みんなはY君のために、そして次は僕や私の番だと思う気持ち。
利他的と利己的のバランスが良いと言うことです。
そんな光景も、サロン将棋教室があるからだと思います。

将棋と教育そして経営、プロに頼らない!
それでもここまでできる。
そんな思いも私にはありました。

そんな子供たちの正しい生き方を学び取る姿が、脳裏に浮かぶと感極まって目頭が熱くなります。
やや恥ずかしい姿を見せてしまいましたが、これも良い結果の御褒美として、「感動」を頂きました。

終わり。


~初心者(大人)女性子供将棋教室~

2016年も季節が変わり、涼しくなっていきます。
頭のスポーツには適した環境ではないかと思います。
この時期に、何か習い事をしてみませんか?

将棋という歴史あるゲームを覚えて、知力や頭の回転力を育ててはどうでしょうか?

将棋サロンでは、低料金で一生の技術習得や趣味を通した新しい良い仲間つくりを応援いたします。


~初回無料体験教室あります~

親御様も無料見学出来ます!!
ので、お気軽にお越し下さい!!



~六郷杯リーグ戦~
参加者募集中です!

~初心者(大人)女性将棋教室も生徒募集しています!~

お問い合わせ 03-3737-0588

~今日の一言~

人は、過去や未来にとらわれやすいものです。
どんな位置や状態であっても、今を一心一意に生きないといけません。

サロンのいちばん長い日?(技術の壁と人気の壁)


~雑色駅前将棋サロンホーム~

清水寺の本堂の裏手にも新しめのスポットがありました。
地主神社と言います。

CIMG0255.jpg

何か新しめの、若い人向けに創ってあるのでしょうか?

CIMG0257.jpg

どんなに有名な観光スポットでも、時代に合った手入れは必要だと思います。
この場所も昔のままの神社ならば、これだけの人は来てくれません。

CIMG0256.jpg

人が来てくれたり集まってくれる、そのようにするには努力だけでは難しいものがあります。
発明発見または時代に合った考え方?言葉では簡単ですが現実には上手くいきません。
そこに、「運」と言うものがあり、結果を出せる何か(人気)があるのでしょう。


10月23日の朝、辛い気持ちでいっぱいでした。
足りない人数の上にお断りのメールが来ました。
本当に人が集まらなければ、棄権もありうるのかな?と思いました。
そしたら、わざわざ浅草まで来て頂いた人たちはどうなるのでしょうか?
最低でも金銭的にはどうにかなりますが、それ以上に大切な時間を無駄にしてしまった思いが大きくあります。

電車の中(音の漏れないイヤホンです)では、昔よく観たフラシュモブの動画(元気を頂きたいと思いまして)を観ていました。
その中でも、第九、ボレロ、春、そしてトトロのさんぽなどは上手く出来ています。

フラシュモブ自体は、大なり小なりやらせみたいなものはあると思います。
それはイベントそのものを成功(その中には、動画の制作も一つだと思います)させるのが目的にあるからです。

イベントの制作そして成功に導くにはどうしたらよいのでしょうか?
一つには技術です。
オーケストラには、それ相当の見せる(聞かせる)技術(ひとが足を止めて聞かせるだけのもの)が必要です。
技術の中には演出も含まれます。
そして、もう一つがひと(人)です。
ひととは、見せる側と観る側(ここでは観る側の重要性を言っています)の両方を言います。

どんなに見せる側が技術の高いものを提供しても、観る側に伝わらないと成立致しません。
昔のパリーグや人気の無かったスポーツ全般、逆に人気の無くなったプロレスなどもそうだと思います。
一言でいいますと、それが「人気」だと思います。
スポーツ、音楽、舞台もそうですが、ひと自体の人気も大きいのかな?とも思います。

オーケストラは、芸術のもと国や自治体からの支援や援助で、何とか活動しているのが現状だと思います。
見せる側と観る側のバランスが取れているとは思えません。
クラシック音楽と言う分野自体人気が無いとも言えます。

何が言いたいのか分からなくなりましたが、私が今していることは、何か「人気」の重要性を感じているのかな?とも思います。
六郷の青空に、人気が無いから人が集まらない。
間違ってはいませんが、正しい考え方とも思えません。

続く。


~初心者(大人)女性子供将棋教室~

2016年も季節が変わり、涼しくなっていきます。
頭のスポーツには適した環境ではないかと思います。
この時期に、何か習い事をしてみませんか?

将棋という歴史あるゲームを覚えて、知力や頭の回転力を育ててはどうでしょうか?

将棋サロンでは、低料金で一生の技術習得や趣味を通した新しい良い仲間つくりを応援いたします。


~初回無料体験教室あります~

親御様も無料見学出来ます!!
ので、お気軽にお越し下さい!!



~六郷杯リーグ戦~
参加者募集中です!

~初心者(大人)女性将棋教室も生徒募集しています!~

お問い合わせ 03-3737-0588

~今日の一言~


お金の価値とは難しいものです。
もの凄い価値のあるものがただ同然だったりとか、何も価値のないものに大きなお金が動いたりとかね。
別に砂漠の水とか、初期の家電製品のお話ではありません。

サロンのいちばん長い日?(人は、他人の中のひとりです。)


~雑色駅前将棋サロンホーム~

社団戦も無事(本当に無事かどうかは別の話)に終わり。
夜行で京都に戻って来ました。

改めまして清水寺です。

CIMG0258.jpg

東京を離れた(もしかしたら”放れた”こちらの方が良いのかな?)方が、いろいろ見えてくるものがあると言うものです。

10月23日は、「サロンのいちばん長い日」だったかも知れません。

社団戦の結果は良くありませんでした。
最終日、六郷の青空2はJT杯と重なり、再度人数的な問題が出て来ました。
六郷の青空1は、もともと慢性的に足りない人数だったので、そのうえで来られない人が出ました。
この時期での新しい選手の補充ほど難しいものはありません。
出て頂ける選手に、なんとお詫びを言っていいのか分かりません。

ただ選手が減るのを、黙って見ているしかないのは苦しいものです。

社団戦自体遊び(アマチュア将棋)です。
その程度の感覚で良いと思います。
「仕事で行けなくなりました。」
お断りの定番です。

日本社会の面白いところに、他人に迷惑がかからないようにすることと同時に、良く分からない自由を主張します。
お金を考えれば分かることですが、仕事の基本は奉仕です。
世の中の仕事は、ほとんどがそうです。
人のためになることが、お金に変わることで、それを個人の労働が仕事(お金)と言います。

そして、お金に変わらなければ仕事とは言いません。
そこから「得られるもの」は何でしょうか?

言葉ではボランティアと言いまして、お金のためではなく他人のため。
人によっては、何となく損を感じるように思える言葉かも知れません。
でも、時間の空間を越えると何倍にもなって戻って来ます。

本当は、良いことも悪いことも他人は見ています。
見えてないようですが見えるものだそうです。

すべては、その人の「顔に」出てしまうそうです。

やはり、人は一人では生きてはいません。
人は、「他人の中のひとり」です。

「陰徳陽報」と言う四文字熟語があります。
・人に感謝されない。
・人と知られない。
・与えるだけ。

そう言った心掛けが、成功や幸福を引き寄せると言います。
私みたいな貧乏人が言っても説得力ありませんが、お金持ちの法則だそうです。

続く。


~初心者(大人)女性子供将棋教室~

2016年も季節が変わり、涼しくなっていきます。
頭のスポーツには適した環境ではないかと思います。
この時期に、何か習い事をしてみませんか?

将棋という歴史あるゲームを覚えて、知力や頭の回転力を育ててはどうでしょうか?

将棋サロンでは、低料金で一生の技術習得や趣味を通した新しい良い仲間つくりを応援いたします。


~初回無料体験教室あります~

親御様も無料見学出来ます!!
ので、お気軽にお越し下さい!!



~六郷杯リーグ戦~
参加者募集中です!

~初心者(大人)女性将棋教室も生徒募集しています!~

お問い合わせ 03-3737-0588

~今日の一言~

鏡とは、何を映すものでしょうか?
もし、心を映す鏡があったならばどうでしょう?
それが人だったら、その人は賢者となるのでしょうか?

一枚の写真と一つの図面。(角を中心に考える居飛車と同じ?)


~雑色駅前将棋サロンホーム~

再再再再掲図です。

CIMG0409.jpg

藤井システムの一場面。
あれ?藤井システムは急戦で、9九玉の前に仕掛けるじゃなかったの?
と思いますが、角交換の上では、「模様の取り方」が大切になるようです。

序盤戦の終わり~中盤戦の始まりは、終盤戦の入り口が見えないといけません。
そうしないと、自分の王様だけが終盤戦になってしまうことも良くあることです。

「遅い手が間に合う」は、居飛車穴熊がもっとも勝てるパターンだと思います。
そうさせないことが、振り飛車側に求められていることかも知れません。

角交換で四間飛車側に問題が出て来るのが、2筋を守る駒が「銀」になることです。
と同時に、2一桂も働きません。
良く出て来る局面ですが、一般的に千日手狙いの将棋と言うイメージもあります。
3三銀の形が捌きずらい(終盤になると、残りやすい駒になってしまう)ようです。
そのあたりが角交換でも、四間飛車が上手くいかない原因と思われていました。

ただ上の形は振り飛車の陣形が低いことで、角交換に強い形(だから居飛車は、5六角のように上から使う)になっています。

その上不思議なことに、居飛車側は、振り飛車の左側(遊んでる駒で、捌きたいと思っている駒)を攻めようとしています。
それでも振り飛車側は、飛車が攻めに参加しずらいので難解です。
しかし自然な流れで、銀桂を捌き玉頭戦に使うことが出来ています。
そして角を中心に、攻め切ることが出来ています。

振り飛車側は棋理の上でも角交換に三段目の金ではないし、居飛車側の飛車をけん制出来ています。
美濃囲いではない(美濃囲いは三段目の金になりやすいので、馬を作られやすいとも言えます)ことが、広さ勝負が出来ていると言うことでしょうか?

これも、何が何でも美濃囲いで良いと言うものではない、「局面に応じた駒の配置」をしっかりと観ることの大切さを感じます。

将棋世界では、「角交換に堅い穴熊出来ない。」と藤井先生の言葉です。
しかしそれに対応した、戦略や駒の配置や使い方があってのことだと思います。

穴熊は、堅さとは別に「遠さ」も言われることがあります。
振り飛車側の飛車を成って、と金攻めが勝ちきれない(そう言う将棋では勝てない)ことを言っています。
それは、王様の位置が美濃囲いより一つ深いことが利点だと言われています。
そこを、玉頭戦を絡めることで打開していると思います。

藤井システムの主旨は、玉頭戦にあります。
居玉に特徴はありますが、王様の位置は戦い方で変わります。
そう言う意味では、「角を中心に考える居飛車」とも言えます。

序盤戦の終わりに考える工夫、どのような戦いが出来るのか?
居飛車穴熊には、まずは「玉頭戦」を考える、そこから中盤戦の戦い方を創る。
そう言ったことから、今回の勝局譜が出来上がったのだと思います。

終わり。


~初心者(大人)女性子供将棋教室~

2016年も季節が変わり、涼しくなっていきます。
頭のスポーツには適した環境ではないかと思います。
この時期に、何か習い事をしてみませんか?

将棋という歴史あるゲームを覚えて、知力や頭の回転力を育ててはどうでしょうか?

将棋サロンでは、低料金で一生の技術習得や趣味を通した新しい良い仲間つくりを応援いたします。


~初回無料体験教室あります~

親御様も無料見学出来ます!!
ので、お気軽にお越し下さい!!



~六郷杯リーグ戦~
参加者募集中です!

~初心者(大人)女性将棋教室も生徒募集しています!~

お問い合わせ 03-3737-0588

~今日の一言~

一枚の写真と一つの図面。は、ブログとしてはやや難しい内容になりました。
しかし将棋ブログとして、どうしても技術的な話も必要です。
これからも、一つの素材として創作したいと思います。

一枚の写真と一つの図面。(穴熊に組まれても角交換?)


~雑色駅前将棋サロンホーム~

銀河戦決勝の一場面、再再再掲図です。

CIMG0409.jpg

(何度も何度もすみませんが、お付き合い下さい。)

再掲図は、後手の振り飛車「自信あり」の局面だそうです。
ここから先手は待つ手が難しく、(次に何が何でも4四銀で開戦します。)
先手4八飛車~6五歩の仕掛けに、同歩同角に後手2二飛車が好手だったのでは?
では、再掲図までは必然の進行だったのでしょうか?

前回では、居飛車3六歩(後手番7四歩)と振り飛車6二玉(4八玉)を説明しました。
その局面は先手番居飛車に手の広いところで、穴熊にするのも5五角以外に、9六歩、7七角、6六歩などがありそうです。
勿論、急戦やその他の戦い方もありそうです。

CIMG0426.jpg

先手居飛車に指し手の広いところ。

5五角は6三銀(美濃囲いに組ませない)の強要で、現在の最善手でしょうか?

そして再掲図までも、どうしてそうなるかと言われれば話は長くなりそうです。
角を交換していることと、9五の位、振り飛車が後手番であることも意味がありそうです。

9五の位は、攻め合いの準備です。
振り飛車が後手番なのは、千日手にならないとの憶測?
居飛車が穴熊に組めて、なおかつ千日手にするのは、もともとの序盤意識(穴熊よりも後手番が得?)がおかしいとの思い。
でしょうか?

問題は、角交換と居飛車穴熊との関係です。

昔アマ強豪の方とのお話で、居飛車穴熊に対してツノ銀中飛車は是か非かとなりました。
その時代は今以上に、堅さ=勝ちやすい(ビック4などが指されたころ)将棋の典型でした。
特に時間の少ないアマチュア将棋に、神経だけを使うツノ銀中飛車は、少なくても私の感覚では指せませんでした。

将棋は、すべてその局面をしっかり観ることです。
穴熊だから勝ちやすい?
そうかもしれませんが、そんな先入観だけにとらわれてはいけません。

想定図1。普通に進んだ、穴熊対ツノ銀中飛車(7二玉型)。

CIMG0427.jpg

想定図2。角を持ち合っている。

CIMG0428.jpg

(想定図2は、どうやって角交換になったか分からない?)
普通なら、後手4五歩~8八角成~3二金のような指し方で想定図2のようにするのだと思います。

そのアマ強豪の方は、想定図1では自信がないが想定図2は指せると言っていました。
当時私には、角交換の損得が良く分かりませんでした。

想定図2と、再掲図は何か似ていると思いませんか?

続く。

「今回の一枚の写真と一つの図面。」は、将棋世界11月号が出る前から準備していましたし、ブログアップもしています。
そして藤井先生の解説が将棋世界に出たことで、私自身参考にさせて頂いています。


~初心者(大人)女性子供将棋教室~

2016年も季節が変わり、涼しくなっていきます。
頭のスポーツには適した環境ではないかと思います。
この時期に、何か習い事をしてみませんか?

将棋という歴史あるゲームを覚えて、知力や頭の回転力を育ててはどうでしょうか?

将棋サロンでは、低料金で一生の技術習得や趣味を通した新しい良い仲間つくりを応援いたします。


~初回無料体験教室あります~

親御様も無料見学出来ます!!
ので、お気軽にお越し下さい!!



~六郷杯リーグ戦~
参加者募集中です!

~初心者(大人)女性将棋教室も生徒募集しています!~

お問い合わせ 03-3737-0588

~今日の一言~

最近気づいたことですけど、私電話が苦手です。
そして世の中には電話が苦手な人が、意外とたくさんいることが分かりました。

一枚の写真と一つの図面。(上手くいかないから進化します。)


~雑色駅前将棋サロンホーム~

とりあえず、居飛車穴熊対振り飛車穴熊の基本図。

CIMG0424.jpg
(盤面は居飛車先手番。文章は振り飛車先手番。)

もともと振り飛車は、欠点を抱えた戦法と言えます。
無条件での8五の位と手薄な角頭、そして手損もあります。

それが美濃囲い(2八玉)の優秀性で、バランスが取れていました。
居飛車側に2二玉そして1一玉と簡単に囲う技術が出来たことで、振り飛車の利点が少なくなったと言えます。
上の図は一応基本図としていますが、明らかに振り飛車の損が感じ取れると思います。
良くて五分と言ったところでしょうか?

そして平成に入り、囲い合って居飛車側の仕掛けを「待つ指し方」が得策ではないことに気づきました。
待つ指し方は「受け」を言います。
代表的な一手が「3手目の6六歩」。角道を止めることで急戦を避けた手とも言えます。

持久戦にすると居飛車の方が堅く囲えるので、今度は振り飛車から角交換をして穴熊を避けるようになりました。
それが6六歩を指さない振り飛車です。
様々な三間飛車や中飛車。最近では向かい飛車や四間飛車でも角交換を強要するようになりました。

そして、藤井システムです。
6六歩を指した上で急戦を仕掛ける。
もしかしたら、それだけでも一つの「発見」かも知れません。
そして最大の「常識」破りが、居玉で戦うことでした。
この辺りは、将棋ファンならだれでも知ることだと思います。

その中でも、あたりまえのことでも目から鱗が落ちる(発見とはそのようなことだと思います)話はあります。
振り飛車の美濃囲いは、「早く囲える」と言えることです。

居玉でも3八銀があれば、二手で3九玉と安定出来ることです。
居飛車急戦に対応出来ることが、振り飛車の居玉急戦を可能にしています。
藤井先生の発見は、もしかしたらそちらの方だった?とも思います。
もともとの早囲いと言われるものは、3八玉4八銀のような形(別に早くないけど?)を言いました。

藤井システムは、持久戦(2二玉や1一玉)と同時に急戦(3二玉)にも対応した戦法(システム)の創成だったと思います。
それはすべて、3手目の6六歩にあります。

ところが、日々研究は進みます。
居飛車7四歩が入ると、振り飛車4八玉と一手動かさないといけません。
居飛車急戦に、囲いが間に合わないことが分かりました。
居飛車は7四歩と指すことで、急戦の意思表示(やはり弱点は角頭です)としています。
振り飛車の4八玉を観てから、穴熊模様で指す。
そんな居飛車からの戦術が藤井システムを苦しめます。

振り飛車の4八玉は、一手の無駄と玉頭戦(戦場)に近づくマイナスがあります。

続く。


~初心者(大人)女性子供将棋教室~

2016年も季節が変わり、涼しくなっていきます。
頭のスポーツには適した環境ではないかと思います。
この時期に、何か習い事をしてみませんか?

将棋という歴史あるゲームを覚えて、知力や頭の回転力を育ててはどうでしょうか?

将棋サロンでは、低料金で一生の技術習得や趣味を通した新しい良い仲間つくりを応援いたします。


~初回無料体験教室あります~

親御様も無料見学出来ます!!
ので、お気軽にお越し下さい!!



~六郷杯リーグ戦~
参加者募集中です!

~初心者(大人)女性将棋教室も生徒募集しています!~

お問い合わせ 03-3737-0588

~今日の一言~

好きなことを仕事にしたい!
好きな戦法で勝ちたい!
何か似ていませんか?

一枚の写真と一つの図面。(好きこそ物の上手なれ!)


~雑色駅前将棋サロンホーム~

またまた再再掲図です。

CIMG0409.jpg

振り飛車へのこだわりとは、どのようなことなのでしょうか?

一つには、宝探し(良いこと探し)のようなもの?と考えます。
常識とは違った発想とでも言いましょうか?
「右脳の観る感覚」とも言えます。

将棋には、縦の将棋(相居飛車や相振り飛車)と横の将棋(居飛車対振り飛車)と言われるものがあります。
序盤の作戦によるものですが、基本的には縦の将棋には序盤知識(左脳的な積み重ね)を必要とします。
横の将棋の方が、中盤の戦い方が中心なので知識より経験(感覚的)になるのだと思います。

一言でいうと、縦の将棋には時間と労力が必要なので、アマチュア向き(はっきり言って面倒)ではありません。
横の将棋の方が簡単だし、経験(感覚的)を生かせると思われています。
しかし細かいことを言うと、将棋の局面局面で観方を(右脳と左脳の違いは、読むと観るです)変えるものだと思います。
序盤の作戦だけで決めつけるものではありません。
だから一局の将棋と時間との関係は、大きな意味を持つものだと思います。

本題は、居飛車穴熊対四間飛車です。
振り飛車の最大の長所は、美濃囲い(2八玉)にあります。
それによって、右側の桂香の働きが十二分に生かせます。

居飛車側は、「それならば先に攻めますよ」が急戦です。
それは上手くいかないので、持久戦(2二玉)へと変わってきました。
そして挙句の果てに、王様を堅くすればするほど勝ちやすい?
何となく、そんな序盤戦術が常識となったのかも知れません。

常識とは平均を言います。
上もあれば下もあります。
それならば「何かを探す」そんなことも考えられます。

目には目を歯には歯を、そんなことわざが将棋には通用します。
1九玉には1一玉、穴熊には穴熊を、しかし振り飛車にはもともとの欠点があります。
それが角頭です。
角頭に注意しなければなりません。

居飛車穴熊対振り飛車穴熊の基本形。

CIMG0424.jpg

同じ穴熊でも、堅さが違います。

そんなことで振り飛車側は、左銀の動きに苦労します。
居飛車側は無理の無い角の動きが可能(常識)になったことで、かな駒を王様側に集めることが出来ます。

上の局面自体は、さほど差は無いと思います。
それでも振り飛車側が避ける傾向にあります。

そこに勝負とは違う思い(何を求めているのでしょうか?)があるのかも知れません。

続く。


~初心者(大人)女性子供将棋教室~

2016年も季節が変わり、涼しくなっていきます。
頭のスポーツには適した環境ではないかと思います。
この時期に、何か習い事をしてみませんか?

将棋という歴史あるゲームを覚えて、知力や頭の回転力を育ててはどうでしょうか?

将棋サロンでは、低料金で一生の技術習得や趣味を通した新しい良い仲間つくりを応援いたします。


~初回無料体験教室あります~

親御様も無料見学出来ます!!
ので、お気軽にお越し下さい!!



~六郷杯リーグ戦~
参加者募集中です!

~初心者(大人)女性将棋教室も生徒募集しています!~

お問い合わせ 03-3737-0588

~今日の一言~

振り飛車そして居飛車穴熊。
将棋を知らなければ、「何も感じない言葉」です。

将棋サロンは寿司サロン?


~雑色駅前将棋サロンホーム~

「近くで(日本海と言う寿司屋)女房と飲んでいたんで来た。」
と後ろから小柄な女性が、
「ごめんなさい。ご迷惑でしょう。」
社団戦でお世話になっているU・Yさんとその奥さんでした。

日曜日の5時過ぎは、子供たちも帰るころで一息つきそうな時間帯です。
最近は強い生徒も少なく、この日のこの時間は、お手伝いをして頂いているA・Yさんとお大人のお客様二人、級位者の生徒七人その親御様ひとりと私の12人が居ました。

「社団戦だめだね、6部に落ちるよ。誰かと指せる?」
と言いながら奥さんと二人分の席料を置きました。
奥さんが、「ビールでもあるの?」
「いや~、そういうところじゃないので、冷たいお茶ならありますよ。」
と湯呑を出して、冷蔵庫から1000mLパックのお茶を出しました。

やはり、将棋サロンは小さな空間です。
お客様や生徒、親御様も、みんなそれぞれにしていること(勿論、主に将棋ですが)をしています。
U・Yさんが来る前は子供の騒がしさが目立っていましたが、来た途端に大人の雰囲気に変わったように感じます。

酔っていると言ってもそれほどでもないか、と思い。
4級のR・K君とカード(指導対局)を組みました。
やはり、ちょっと考えている姿がつらそうに見えます。
そうこうしていると、奥さんは居なくなりました。

さすがに酔っていると言っても、4級のR・K君には負けません。
「君、強いね~。何年生だ。」
「五年生です。」
「おじさんの時代で君ぐらい強かったらプロもめざせるよ。」とかなんとか言っていました。

終わると、近くに居た園児の女の子でS・Rちゃんに、「指さないか?」と聞きますが、さすがに将棋にもなりません。
1年生の女の子T・Hちゃんに、私が「指しなさい。」と言うと、怖がった振りをして、「きゃ~、やらない。やらない。」と顔の前で手を振ります。
それを観ていたS・Rちゃんも隣で同じ動きをして、「きゃ~、やらない。やらない。」と手を振りました。
U・Yさんは、そんな子供たちの遊びに付き合うように、「がお~。」と脅かします。
二人はまた「きゃ~」と逃げます。

そんなこんな騒いでいると、U・Yさんの奥さんが、お寿司の樽二つ!持って入って来ました。
「一つがわさびありで、一つはわさび無し。」
とテーブルに置きながら言いました。

「いや~、大変だ。どうしよう。」
私がとっさに思ったことでした。
過去にこんなことは無かった。
親御様の居るB・H君はまだ良いが、親御様の居ない子供たちは夕食との関係を心配しました。
大人は私を含めて五人です。
食べ物を残すのはもったいないことです。
こういう日に限って、いつもお菓子お菓子(サロンのお菓子は、私に一言いってから取るのが決まりです)とうるさいのがいない。

それでも何だかんだでみんなさん食べて頂きました。
後から四人の生徒の親御様にも承諾して頂きました。
U・Yさんの奥さんは、最後まで後かたずけをしています。

U・Yさんはその後も、級位者の子供たちと将棋の相手をキチンと指しています。
やはり私に、「社団戦6部に落ちた。」と何回も言います。
「まだ決まったわけではないですよ。他力本願ですが、残る目はあります。」
とは言うものの、最終日も七人そろいそうもありません。
それは、私の責任です。
いきさつはどうであれ、人が集まらないのは私に人望が無いからです。
青空2も、JT杯と重なったことで子供たちが出れなくなりました。

チームや他人のために努力(苦労)する。
大切な教育だと思うし、将来どれほどプラスになるか分からないようではいけません。
そのための社団戦でした。
来年のことを言うと、鬼が笑うと言います。

B・H君がお母さんに、お寿司を小皿に分けて出している姿が、何か心に残り暖かくしてくれます。
将棋の合間の寿司会と言うものですか?
和やかな雰囲気がサロンの空間に広がります。
この日唯一お寿司に手を出さなかったH・Y君が、「これじゃ将棋サロンじゃ無くて寿司サロンだよ。」と言う声が聞こえました。


~初心者(大人)女性子供将棋教室~

2016年も季節が変わり、涼しくなっていきます。
頭のスポーツには適した環境ではないかと思います。
この時期に、何か習い事をしてみませんか?

将棋という歴史あるゲームを覚えて、知力や頭の回転力を育ててはどうでしょうか?

将棋サロンでは、低料金で一生の技術習得や趣味を通した新しい良い仲間つくりを応援いたします。


~初回無料体験教室あります~

親御様も無料見学出来ます!!
ので、お気軽にお越し下さい!!



~六郷杯リーグ戦~
参加者募集中です!

~初心者(大人)女性将棋教室も生徒募集しています!~

お問い合わせ 03-3737-0588

~今日の一言~

お寿司に限らず、高いものより美味しいものを選ぶ。
あたりまえかな?

一枚の写真と一つの図面。(勝負と違った楽しみ方とは?)


~雑色駅前将棋サロンホーム~

またまた再掲図です。

CIMG0409.jpg

いったい何を言いたいのでしょうか?

前回前々回と、簡単な歴史とアマチュアが振り飛車を好む理由を書きました。
比較的勝負だけを追求する相居飛車と、勝負の中に楽しみを求める振り飛車もあります。
野球(巨人)のONで比較すると、記録の王と人気の長嶋となります。
やはりファンは、巨人が勝つことだけではありません。
長嶋を観たい!
勝負よりも野球の持つ魅力(魔力)に魅かれるのでしょう。
勝負以外にも、野球の楽しみ方があるのだと思います。

将棋には、見えない状況(?)があります。
それは一局に対する「時間」の壁です。
プロとアマチュアの最大の壁と言っても良いと思います。
プロとアマチュアの実力差(知識、経験、鍛練)を明確にしているのが「一局の時間」です。

子供に読書は1日1時間と教えれば、それが常識になります。
アマチュア将棋に持ち時間は3時間とあれば、また違った常識が出来ていたかも知れません。

将棋には、「読み」以外にも「観る」ことを必要としています。
観るは、「探す」または「観察」のようなものだと思います。
脳の使い方では読みは主に左脳で、観るは右脳の活動にあたるのでしょうか?
一局の時間が長ければ長いほど、人の理解力は深まります。

プロ野球は団体戦(球団)なので、勝負以外の要素を考える人も多くいます。
勝負自体全体の一つだと思います。
将棋の場合は個人戦なので、勝負に勝つことだけに徹します。
勝つことに徹すると、現状振り飛車は難しくなります。
そうなると振り飛車(ファン)の減少につながります、いや、ました。

分かりにくい言い方ですが、相居飛車には積み重ねの知識が必要で、感覚で指す部分が少ないとされます。
左脳中心の将棋には苦労が多くなります。
苦労の多い将棋は、勝負以外の楽しみを少なくします。
アマチュア将棋は仕事ではありません。
仕事の合間にする遊びです。
やはり、勝負以外の楽しみは必要なことだと思います。


話は前回に戻りますが、居飛車急戦では振り飛車に勝つことが大変だと書きました。
局面は、現実的に居飛車側が良くても美濃囲いの堅さバランス(桂香の働き)が急戦3二玉に勝る。
人の感情を揺さぶる(感覚的に間違えさせる)ものだとも思えます。

結局は、急戦は急戦(奇襲)です。
正しく応接されると難しいと言うことで、居飛車持久戦(2二玉)が出てきました。
居飛車2二玉が出て来ると、今度は、振り飛車側は1九玉とさらに固めます。
居飛車側が持久戦にすることで、振り飛車側も穴熊にする手数が出来てきます。

CIMG0420.jpg

穴熊の1九玉は、さらに桂香の働きを良くします。

ここあたりまでは、比較的バランスのとれた戦いが続きました。
ところが、居飛車側も1一玉と穴熊にする「技術」が進んだことで状況が一変します。

居飛車側の技術とは、囲いに対して「角」の使い方を言います。
急戦の頃は、角を囲いのために手数をかけて動かすことは不自然でした。
ところが、攻めるよりも守りの方が大切だとの常識になったとき、守りとしての角の使い方が重要になったと言うことです。

続く。


~初心者(大人)女性子供将棋教室~

2016年も季節が変わり、涼しくなっていきます。
頭のスポーツには適した環境ではないかと思います。
この時期に、何か習い事をしてみませんか?

将棋という歴史あるゲームを覚えて、知力や頭の回転力を育ててはどうでしょうか?

将棋サロンでは、低料金で一生の技術習得や趣味を通した新しい良い仲間つくりを応援いたします。


~初回無料体験教室あります~

親御様も無料見学出来ます!!
ので、お気軽にお越し下さい!!



~六郷杯リーグ戦~
参加者募集中です!

~初心者(大人)女性将棋教室も生徒募集しています!~

お問い合わせ 03-3737-0588

~今日の一言~

涼しくなって過ごしやすいと思ったとたんに、寒くなりました。

一枚の写真と一つの図面。(振り飛車の特徴とは?)


~雑色駅前将棋サロンホーム~

戦後、将棋の普及に振り飛車は欠かせない戦法でした。
比較的簡単な序盤戦術は、中終盤の戦い方を勝負感(ギャンブル的)で進めることが出来ます。
底辺の広がりには、分かりやすさは必要なことです。
それが、将棋人気にありました。

対振り(居飛車)にも似たような感覚もあり、どちらを持っても捌きと終盤戦の闘いが面白味を創るところです。
その点、相居飛車や相振り飛車には、序盤戦の知識を会得しないと指せない傾向もあります。

振り飛車は、序盤戦は楽に組めますが簡単なことには「欠点」もあります。
それは「飛車角の接近」にあります。
王様を簡単に安定することが出来ますが、角飛車の欠点が現れます。
将棋の基本は駒の損得です。
王様を取れば終わりですが、その次は飛車を取れば有利に戦いを進めることが出来ます。
「玉飛車接近すべからず」
その次は、角になるからです。
その上、2筋の位(歩)も無条件に取られています。
その代償が、簡単な序盤戦術と美濃囲いとなるのだと思います。

当然居飛車側は、2筋の位と角飛車の欠点を突こうと試行錯誤します。
それが、戦後から今に至る「急戦戦法」となるのでしょう。

確かに序盤戦は、居飛車側に有利な局面も多く出てきます。
しかし、中盤戦をすべて100点の指し手で進めることは至難の業と言うものです。
結局は、美濃囲いの深さやバランスに負けるパターンも頻繁にあります。

なぜでしょうか?

ひと言でいえば、美濃囲い(と言うよりも2八玉型)が見た目よりも固い(柔軟が適切)位置なのかも知れません。
それは兵隊(桂香)の働きにも見えます。

CIMG0417.jpg

居飛車急戦の3二玉に比べて、王様側の桂香が十二分な働きをしています。
潜在的な働きは、かな駒一枚分に匹敵か?
駒の働きでは、意外に桂香、特に香の働きを軽視することもあります。

将棋は、飛車と角の向きと王様の位置で、だいたいの戦術が決まってきます。
矢倉は、すべての駒が働くので、「受けきれない」が常識です。
ですから、戦う前の序盤戦で結論が出やすいとも言います。

CIMG0418.jpg

そして、「かな駒(金銀)の配置」は相手の飛車(角)との関係が重要になります。
理にかなった序盤戦術が、「棋理」と言う常識になるのだと思います。

続く。


~初心者(大人)女性子供将棋教室~

2016年も季節が変わり、涼しくなっていきます。
頭のスポーツには適した環境ではないかと思います。
この時期に、何か習い事をしてみませんか?

将棋という歴史あるゲームを覚えて、知力や頭の回転力を育ててはどうでしょうか?

将棋サロンでは、低料金で一生の技術習得や趣味を通した新しい良い仲間つくりを応援いたします。


~初回無料体験教室あります~

親御様も無料見学出来ます!!
ので、お気軽にお越し下さい!!



~六郷杯リーグ戦~
参加者募集中です!

~初心者(大人)女性将棋教室も生徒募集しています!~

お問い合わせ 03-3737-0588

~今日の一言~

「はらいたまえ きよめたまえ かむながら まもりたまえ さきわえたまえ」
祝詞です。

一枚の写真と一つの図面。(おじさん将棋の良し悪しとは?)


~雑色駅前将棋サロンホーム~

しつこいようですが、再掲図です。

CIMG0409.jpg

将棋には、序盤戦、中盤戦、終盤戦と、3つに分けて考えると(3つのゲーム)整理しやすいと思います。
序盤戦は、どのように戦いを始めるのか?構想の勝負とも言えます。
中盤戦は、兵隊の戦い、駒の損得が重要になります。
終盤戦は、お互いの王様の寄せ合い(距離感)です。

将棋には、600年の歴史があると言われています。
しかし現代将棋と言われるように、今私たちが知る将棋は明治以降、特に戦後の将棋です。
新聞棋戦による、一般化が最大の理由であることは分かります。
昔の将棋(特に江戸時代の大橋家や伊藤家)はなじみが薄く、そのような将棋を指す人を見かけません。
将棋自体は、中央中心で中盤戦の長い将棋が目立ちます。

私の勝手な憶測ですが、将棋の普及(庶民の娯楽ではありませんでした)と駒落ち将棋の影響、そして残っている棋譜自体が対局時間の長い将棋だと思います。
江戸っ子と言われる庶民に、どれくらい縁台将棋が普及していたかは私にはわかりませんが、今の将棋センターみたいなものがあったならば、また違った将棋も多く観られた(資料も残っていれば)かもしれません。

このような話と、どうして上の図面が関係しているのでしょうか?

穴熊、美濃囲い、振り飛車と、江戸時代以前からあったと聞きますが、それらは現代将棋の基本みたいなものです。
本当に優秀ならば、昔から振り飛車美濃囲いの棋譜が残っていても良さそうですが、ほとんどありません。

なぜでしょうか?

それは、今私たちの生活に合っている将棋だからだと思います。
今の常識が将棋の棋理(定跡)になっている?
と言うことです。

不思議ですね。
将棋は、結果を求め勝負を争うゲームなのに、そんなこと時代に関係しているのでしょうか?

戦後、将棋人気を支えたのが振り飛車でした。
一言でいえば、簡単だから普及したと言えます。
例えば、10分で終わらす(昼休み将棋)ことが出来ます。
おじさん将棋と言えばそうですが、普及には必要なことだと思います。

序盤戦を流して、中終盤の将棋にすることが出来ます。
結果、勝負だけをこだわる将棋(ゲーム)だと、ただのギャンブルと同じです。
それで良いのがおじさん将棋ですが、強くなれない見本です。
序盤戦の知識不足と終盤戦の怠ける将棋が、遊びの将棋とも言えるからです。

実はそれが、万年二段将棋の典型だと思います。
「将棋は強くなれない。」
「子供はすぐに強くなる。」
おじさんの愚痴ですが、棋書はきちんと読んでいますか?詰将棋は少しでも問いていますか?
対局数だけはたくさんしています。
それだけでは、棋力の上達も偏ります。
私が、中盤戦は経験だと言う根拠にもなるところです。

おじさんが強くなれない典型ですが、普通に考えればそれも常識に思えます。

続く。


~初心者(大人)女性子供将棋教室~

2016年も季節が変わり、涼しくなっていきます。
頭のスポーツには適した環境ではないかと思います。
この時期に、何か習い事をしてみませんか?

将棋という歴史あるゲームを覚えて、知力や頭の回転力を育ててはどうでしょうか?

将棋サロンでは、低料金で一生の技術習得や趣味を通した新しい良い仲間つくりを応援いたします。


~初回無料体験教室あります~

親御様も無料見学出来ます!!
ので、お気軽にお越し下さい!!



~六郷杯リーグ戦~
参加者募集中です!

~初心者(大人)女性将棋教室も生徒募集しています!~

お問い合わせ 03-3737-0588

~今日の一言~

「しつこい」を「ひつこい」で検索するとなんかおかしい?
と思っていたら、ひつこいはしつこいの関西弁だったなんて、なんと言うことだ!(byバイキング)

懲りない!旅ブログ。(分からないは、知識の扉です。)


~雑色駅前将棋サロンホーム~

清水寺の舞台(京都)に居ます。
今日も3時には、お店(東京)に行かないといけません。

CIMG0252.jpg

どうしましょう?

双子の弟を使う、クローン人間を創る、分身の術を使う。
いろいろ考えられることはあります。
ここでは、どこでもドアを使うことが常識になっています。
それは現実味がないって?

意外とそうでもないらしいですよ。
言葉を変えると、テレポーレーション(瞬間移動)となります。
言葉や文字を信号に変えて電波で飛ばす。
これは携帯でも実用化されています。
それをものや動物、はては人間で出来るようになるのでしょうか?

確かに現実的ではありません。
たぶんですが、300年前でしたら空を飛ぶことと同じくらい考えられないことかも知れません。
今は空を飛ぶ飛行機を見て、なぜ飛べるのか分からなくても飛んでいることが常識だと考えます。

テレポーテーションやどこでもドアでも、誰かが発明して現実的にあれば、そこで常識が出来上がります。
いかに人の常識とは、単純なものなのかが分かるというものです。

発明や成功に近づくには、失敗や間違えを繰り返すことにあります。
それによって見えなかったことが見えるようにもなりますし、考えられない発想も生まれて来ます。

実は夢とは、失敗や間違えを繰り返すことで近づくことが分かります。
私みたいにいつも小学生の中に居ますと、現実や常識を「疑うことや考えさせること」に気づきます。
それが、新しい発想につながることも分かります。

一枚の写真です。

CIMG0409.jpg

後手4九角まで
前回の写真と同じく、広瀬八段対藤井九段のなにげない一場面です。

この将棋や藤井システムの感想が、本人の話で今月の「将棋世界」に載っていました。
合わせて読まれますと理解も深まると思います。

それを読むとポイントの一つは、図面より少し前の先手3七桂にあると言います。
先手3七桂で、千日手が無くなったと言うことです。
と言うことは、図面ではお互い「自信あり」となります。
プロの将棋それも棋戦での決勝、そして研究の序盤戦です。
この後の数手の攻防に、何かの答えがあると言うものです。
藤井九段のひらめきとは、どのような発見なのでしょうか?

続く。

将棋で負けを繰り返すことは大切なことです。
そして負けた欠点を少しづつでも良いので、直して(修正)いくことは、もっと大切です。
そう言った消去法に必要な気持ちは、失敗(敗戦)に対する「素直さ」なのかも知れません。

「ひらめき」とは、こんがらがった頭の中を一瞬にして整理されることです。
それには、出来る限りの知識と考える力が必要とします。
考える力とは、「分からない」と思うことです。
分からないは、「知ろうとする気持ち」「知りたいと思う感情」でもあるからです。


~初心者(大人)女性子供将棋教室~

2016年も季節が変わり、涼しくなっていきます。
頭のスポーツには適した環境ではないかと思います。
この時期に、何か習い事をしてみませんか?

将棋という歴史あるゲームを覚えて、知力や頭の回転力を育ててはどうでしょうか?

将棋サロンでは、低料金で一生の技術習得や趣味を通した新しい良い仲間つくりを応援いたします。


~初回無料体験教室あります~

親御様も無料見学出来ます!!
ので、お気軽にお越し下さい!!



~六郷杯リーグ戦~
参加者募集中です!

~初心者(大人)女性将棋教室も生徒募集しています!~

お問い合わせ 03-3737-0588

~今日の一言~

常識は平均を言います。
平均は安全を意味するところです。
トーナメント戦では、一回勝てば全体の半分に勝ったのと同じです。
それ以上は平均よりも上となりますので、常識だけではダメなのかも知れません。

懲りない!旅ブログ。(ひらめきには、努力が必要です。)


~雑色駅前将棋サロンホーム~

旅ブログの続きを書くために、京都に戻ります。
東京からは新幹線が一番の移動手段となりましょうか?
今の時代は、どこでもドアなど夢の乗り物(?)などありません。

清水寺は修学旅行以来です。
本堂(清水の舞台)以外にも見るべきものがたくさんあります。
その中でも隋求堂などは、ひと体験の価値はあります。
地下に置かれた隋求石を暗闇の中を通って、触れて拝むことですが、かなりの御利益があるのだと思います。

そうそう、そう言えば藤井先生の将棋にも触れたいと思います。
アマチュアの私が評価するのもおこがましいですが、そもそも将棋ブログです。
プロ野球選手を評価するファンと同じです。

その前に、「ひらめき」とはどういうことでしょうか?

私は教室を始めてから、将棋が強くなる過程をいろいろ調べています。
その道具の一つがブログとなり、すったもんだの集約にもなります。
物置みたいな雑記帳とも言えます。
整理しようにもうまくいきません。
だいたいにおいて、大切な内容ほど気が付かないものです。
最近では、序盤は知識、中盤は経験、終盤は鍛練とか、将棋は3つのゲームが一つになるもの。
簡単な答えですが、何か「言葉で見える」理解できる「発見」もあります。

そうなんです。
ひらめきとは発見だと思います。

ひらめきは、ピン!と来たものと思われますが違います。
ピン!とは「直感」です。
ひらめきと直感の違いは、顕在記憶と潜在記憶の違いで脳の働きの違いでもあります。

感覚的に言いますと、もやもやした頭の中が何かのきっかけで一瞬にして晴れる。
それは、積み上げてきたものや長い経験の答えにつながるものです。
まさしく、ピアノや自動車の運転が上手くなるのと同じです。
ひらめきの回数が多ければ多いほど、頭の体力を創ります。

銀河戦決勝、先手広瀬八段対後手藤井九段。

CIMG0409.jpg

後手4九角打まで、どちらが良いのでしょうか?
難解だからこそ、プロの将棋(研究の局面だと思います)で表れます。

居飛車穴熊対ノーマル四間飛車プラス藤井システム。
こちらの歴史は30年以上あります。
そしてその中にある、「感情」も大切かと思います。

分かりにくいですが、清水寺の舞台の上です。

CIMG0251.jpg

その感情のせいで、この舞台から飛び降りたくなった人もいたかも知れません。
怖いよ~。

続く。


~初心者(大人)女性子供将棋教室~

2016年も季節が変わり、涼しくなっていきます。
頭のスポーツには適した環境ではないかと思います。
この時期に、何か習い事をしてみませんか?

将棋という歴史あるゲームを覚えて、知力や頭の回転力を育ててはどうでしょうか?

将棋サロンでは、低料金で一生の技術習得や趣味を通した新しい良い仲間つくりを応援いたします。


~初回無料体験教室あります~

親御様も無料見学出来ます!!
ので、お気軽にお越し下さい!!



~六郷杯リーグ戦~
参加者募集中です!

~初心者(大人)女性将棋教室も生徒募集しています!~

お問い合わせ 03-3737-0588

~今日の一言~

一枚の写真。
そこから見えてくるものが多ければ多いほど、価値が上がるというものです。
いったい何が言いたいのでしょうか?
プロフィール

長澤席主

Author:長澤席主
他人を思いやれてこそ自立
傲慢で配慮がないのは孤立

名言カレンダー10月号より

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2016/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
1851位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
388位
アクセスランキングを見る>>
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア