小僧の高級駒 その3


~雑色駅前将棋サロンホーム~

憲一の今の給金は月25円。それは店番や出前程度の簡単な手伝いの給料。
これから修業のために、一日中厨房で働くことになる。それだと45円出すと、父親は言っている。
月に30円返すと年に360円。そのペースでも15年経てば、駒代の借金は返せる。
勿論職人技術が上がり、自分で店を任されたりまたは独立できれば、はるかに収入は上がる。
今の憲一には、他の選択肢がありません。

父親にしても5000円の大金は、簡単なお金ではありません。
親戚や知人から頭を下げ苦労して集め、駒代にしました。
そして三か月が経ち、憲一の手元に、「清安・花押」「水無瀬形」と書いてある漆の駒箱が届きました。
それをカバンに入れて、将棋道場に行きます。席主の話では、阿部爺は最近見えないのこと。
仕方なく駒箱を持ち帰り、防空壕の奥(貴重品の倉庫)にしまいます。

それからの憲一は、将棋、進学、満州国、すべてを忘れ同じ歳の大江(丁稚)とともに、父親に弟子入りしました。
基本は、飯、蕎麦、うどんから学び、天婦羅、魚料理と続きます。
憲一は、ほとんど厨房から出ず、世間の情報にも関心ありません。
19年も終わりになると、空襲警報が毎日のように響きます。
このころになると、東京の都市である深川は標的になります。深川住民も、疎開する人が後を絶ちません。
父親は憲一と大江を残して、雇用人と家族を疎開させました。
案の定3月10日には、すべてが焼けました。

最低の生活必儒品と仕事道具は防空壕にあります。
父親は、食糧難の時代何とか店を開けたかった。とたん板手作りのお店です。
米と小麦粉その他の野菜などは、千葉にある契約農家まで取りに行かなくてはいけません。
自転車やリヤカーは、金属類回収令で数年前からありません。
契約農家まで、片道歩いて8時間かかる道のりを、憲一と大江が二日に一回取りに行きました。
戦後はリヤカーが手に入り、大分楽になります。
戦後は闇市特需で、蕎麦中心に大分潤うことができました。
昭和23年ころには、戦前のレベルまでに家族と生活が出来、25年には、お店も大きくなりました。

まだ23歳の憲一です。脇目も振らず、まっしぐらに生きた10年でした。
板前職人としての地位も、それなりに認められるようになりました。

戦後の空気も気持ち良く、久しぶりに深川の街を感じ取れます。
おや?深川の新しい建屋に、将棋倶楽部の看板が見えました。
二階にあります。入ると、椅子席で長テーブルに、二寸盤が15、6面くらい並んでいます。
5、6人の大人が将棋を楽しんでいます。
ラジオからは、朝鮮戦争勃発のニュースが流れます。
それを聞き、将棋を指しながら誰かが言いました。
「朝鮮戦争は、代理戦争じゃてな。」
「それでどうなるの?」
「アメリカとソ連の戦争みたいなものじゃな。」
「それでどうなるの?」
「日本も手伝わなければならないな。」
「それでどうなるの?」
「日本は生活が良くなるぞ。」
「なんで?」
奥の方から、「小僧」と声が聞こえました。
阿部爺です。
「ずーと東京に居たんだってなあ。生きていたか?小僧。良かった。良かった。」
憲一は阿部爺の顔を見て、高級駒のことを思い出しました。
「そういえば清安の駒、地下にある。今持ってくるから。」と言うと、阿部爺は、「いいよ。あれは小僧にあげた駒だ。」と言いました。
「でも、当時5000円もする徳川家斎も使った、水無瀬形の駒でしょ。いいの?」
「水無瀬形?そんなこと言ってないよ。(その2の四行目を良く見ろ!憲一)確かに、清安・花押だが作者は違う。それでも当時150円したと思う。」と言いました。
「本当の水無瀬家の清安・花押なら、天童の博物館に売った方が良い。お前が持っていてもしょうがないだろう。」

この十年間、本当は高級駒のために働いたと言っても良いが、実は自分の成長のための十年でした。
その後憲一は、地下に眠っていた清安・花押の駒箱を取り出します。
やはり神の駒と思い、一度も開けずに天童の博物館に寄付致しました。

終わり。


~初心者(大人)女性子供将棋教室~

2017年心機一転、新しいことにチャレンジしてみませんか?

暖かくなり、明るい季節が来ます。
頭のスポーツに適した環境ではないかと思います。
この時期に、何か習い事をしてみませんか?

将棋という歴史あるゲームを覚えて、知力や頭の回転力を育ててはどうでしょうか?

将棋サロンでは、低料金で一生の技術習得や趣味を通した新しい良い仲間つくりを応援いたします。


~初回無料体験教室あります~

親御様も無料見学出来ます!!
ので、お気軽にお越し下さい!!



~六郷杯リーグ戦~
参加者募集中です!

~初心者(大人)女性将棋教室も生徒募集しています!~

お問い合わせ 03-3737-0588

~今日の一言~

努力と結果は、必ずしも同一線上にあるものではありません。
しかし、何かしらの結果を求めたとき、努力は嘘をつくことはありません。

コメントの投稿

非公開コメント

時代考証が・・・

創作なのでコメントはしません。
プロフィール

長澤席主

Author:長澤席主
他人を思いやれてこそ自立
傲慢で配慮がないのは孤立

名言カレンダー10月号より

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
1851位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
388位
アクセスランキングを見る>>
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア