児童劇と富士山と青春!(その1)


~雑色駅前将棋サロンホーム~

ー負け組の挑戦状!ー

人の生き方、人生なんていろいろあるが、自由な国日本では、本当にさまざまな人生や変わった生き方をする人がいるものだ。
ここにも、変わった生き方をする男が一人いる。
両親が自営業でいつも忙しく、余り教育にも熱心ではなかったので、自由気ままに育ちすぎて、世の中を甘く見過ぎてしまった。
その為学生時代は、進学校でもないのに成績は下の方でも何も感じない。
卒業の時、初めて危機感を持ち考え込むが、当然普通の仕事ではだめだと思った。
いろいろな雑誌や情報誌を見た結果、この男が考えたのは「役者になる」事だった。
アルバイトしながら劇団の養成所に入り、二年くらいして研究生になり、準劇団員までは進んだものの、やはり生活できないので辞めてしまった。
その後二年ぐらいはサラリーマンを経験し、今度は劇団木馬座という、名前だけは大変有名な劇団に営業として入社したが、三年目に経営不振の為、劇団を縮小し解雇されてしまった。
尚も懲りずに、別の児童劇団に今度は演出部(照明、音響などスタッフ全般)として入るが、長続きせずに二年で辞めてしまった。
だが辞めたのは、妥協した訳ではなく、自分で劇団を創ろうと思っていたのだが・・・・・。
男の名前は、長岡和男という。背丈は170㎝以上で中肉中背、がっちりした体格である。

最近やや劇団の事も忘れ、アルバイトしながら呑気に一人で暮らしていた。
趣味は観劇もそうだが、観るものだったらスポーツでも映画でも何でも好きだった。
ある日、後楽園ホールに女子プロレスを観に行った。後楽園ホールはプロレスのメッカと言われるほど、良く使われる会場である。
試合前の会場ロビーでは、大勢のファンがもみ合う中で、プログラムや写真集、Tシャツやビデオなどのグッズ販売や、女子レスラーのサイン会などが行われていた。
そのロビーの両端にある階段の上で、一人コーヒーを飲みながら人だかりを眺めていると、見たことのある顔を見つけた。とても忘れることのできない顔である。
彼の名前は、浦部進という。

なんと彼は、女子レスラーのサイン会の列に色紙を持って並んでいたのだ。
そういう歳か?
浦部とは木馬座時代一緒に入社して、同時に解雇になった仲間である。
こう言うと友達みたいに思うが、面識はあまりない。
入社の時は、自分は営業部で浦部は演出部希望だったが、浦部の希望は叶えられず制作部に配属された。
演出部の募集は「大学卒または経験者のみ」であり、浦部はどちらでもなかった。ただ制作部に入り経験を積むと、演出部に昇格することができる。

入社して間もない頃、営業部で些細な賭け事が流行っていた。それは制作部に入社する新人の履歴書を見て、この新人は何日ぐらいで辞めるかを賭けることだった。そう何日なのである。
自分のいた営業部は、比較的現実的で他の会社の営業部とあまり変わらず、ただ売る物がぬいぐるみ劇という興行である。
一方、制作部の場合は、まず華やかな舞台を想像し、知的で楽しい現場を夢見る人や、ただで旅が出来ると思って来る者が多くいる。
しかし現実は、汚い倉庫で大道具類やパネル作りをしたり、壊れた小道具やぬいぐるみのお面を直したり、汚れた衣装を洗濯したりと、とにかく地味な作業ばかりだ。
公演中の現場では想像を絶するほど、パニック状態の中で仕事をしなければならない。並の体力と普通の精神力や考え方では務まらない。
制作部に入り残る者は十人の内一人ではない。三十人に一人だ。

浦部進という男、身長は160㎝くらいで、タヌキみたいにずんどうで動きが鈍く、その上、体力もない。
顔は丸顔で、黒眼鏡を掛けて口の周りに泥棒髭を生やし、清潔感にも欠ける。一見するとダメ人間の代表にも見える。
そんな男が意外にも、解雇されるまでの三年間ずっと制作部にいたのである。
のろまで不器用なので、ずいぶん先輩たちにいじめられていたようだが、とにかく辞めなかったことだけは事実である。

会場である後楽園ホールを後にして、混雑する中を水道橋駅に向かい神田川の上に架かる後楽園橋のところで時計を見ると、九時を少し回っている。
その時である。「長岡、おい長岡だろう」と、後ろから呼ばれた。ハッとして振り返ると、そこには、やはり浦部がいた。

続く。


~初心者(大人)女性子供将棋教室~

2017年心機一転、新しいことにチャレンジしてみませんか?

暖かくなり、明るい季節が来ます。
頭のスポーツに適した環境ではないかと思います。
この時期に、何か習い事をしてみませんか?

将棋という歴史あるゲームを覚えて、知力や頭の回転力を育ててはどうでしょうか?

将棋サロンでは、低料金で一生の技術習得や趣味を通した新しい良い仲間つくりを応援いたします。


~初回無料体験教室あります~

親御様も無料見学出来ます!!
ので、お気軽にお越し下さい!!



~六郷杯リーグ戦~
参加者募集中です!

~初心者(大人)女性将棋教室も生徒募集しています!~

お問い合わせ 03-3737-0588

~今日の一言~

単に書写するだけでも、意外と手間のかかることでした。
こんなことする意味あったのか?どうなのか?

コメントの投稿

非公開コメント

それでは楽しくよませていただきます。

コメントは読了した後にさせていただきます。
一応は礼儀だと思いますので、必要がなければ敢えて書きませんのでその際はお申しけけください。
プロフィール

長澤席主

Author:長澤席主
他人を思いやれてこそ自立
傲慢で配慮がないのは孤立

名言カレンダー10月号より

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
1851位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
388位
アクセスランキングを見る>>
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア