児童劇と富士山と青春!(その12)


~雑色駅前将棋サロンホーム~

ー苦しいときこそ、明るく元気にー その3

市民センターの隣に、民間の駐車場を挟んで公園がある。中に入り、丸い噴水の右側を歩き直ぐのベンチに座った。
午後の陽射しが温かく、枯れた木々から青空が広がり、緑の少ない木漏れ日が奇妙な色合いを表現している。ベンチの後を振り返ると、児童公園の砂場で幼児二人を連れた母親と、低学年ぐらいの女の子が一人ブランコで遊んでいた。長岡は、ほのぼのした気持ちで富士市の成功を夢見ていたが・・・・。
!?本当はのんびりしていられない。どうしても、三月二十日富士市民の公演は成功させなければならない。とにかく動かないことには、一人でも多くのお客を富士市民に集めなければ、しかし今は、宣材も無い状態で動くに動けない。とにかく一度幼稚園に行って、その結果で作戦を立てるしかない。ここから一番近い大手の幼稚園は、富士清心幼稚園かな?長岡自身も、富士市での手打ち興行は何回か経験しているので、幼稚園での対応は、ある程度分かっているつもりではあるが・・・・。
幼稚園の事務室に行くと、少し太めで五十近くの女の先生が、何か計算でもしている様子だった。
「あの~、劇団やまびこといいます。三月二十日富士市民センターで公演しますのでお伺いしました」
先生は顔も上げずに、計算を続けながら、
「劇団?春公演ですが?ここは四百人ほど園児がいます。チラシがあるなら置いて行って下さい」と事務的に話す。
長岡はぼそぼそと自信のない声で、
「いえ、配るものはありません。引率(園全体での観劇)のお願いに上がったのですが、近くですし」と言った。
先生は顔を上げて、少しムッとした表情を見せた。
「引率?そんな予定ありません。チラシを配るだけなら良いですが」
と言い振り向いて、背中越しにあるカレンダーを見る、「三月二十日は日曜日じゃない。ダメよ、引率なら最低でも平日じゃないと」と声が大きくなる。
長岡は小さくなり、「そうですよね、残念です」と言って、そそくさと幼稚園から出て行った。
おおよそこんな感じである。公演用のパンフレット(チラシ)を園児に配り、親が行きたい人は勝手にチケットを買ってもらうのが一般的だ。もう一つランクを上げて、園全体で来てもらうのが「引率」と言う。行事として来てもらうには、大手の幼稚園なら一年前から計画を立てなければならない。二カ月前では論外である。自分はいったい何を考えているのか?それでも幼稚園に行かないことには、お客を集めることはできない。
次に清心幼稚園からタクシーで十分ぐらいのところにある、白菊幼稚園に行った。ここは事務所が園舎とは別のところにあり、小さなプレハブ小屋になっていて、入り口は普通の引き戸の形になっている。
ドアを引いて中に入ると、一番奥に五十過ぎのネクタイをした男の先生が、一人暇そうにしている。白髪が混じり細身の感じで、たぶん園長か理事長、お偉いさんだと思う。
「すみません。劇団やまびこという者ですが・・・・」
長岡は、先生の顔を見ると頭を下げた。
「おう。劇団か、上がりなさい」
と白髪の先生はニャッとした。やはり暇そうである。
一段上がり下駄箱の横に立つと、チラッと事務所の窓から、園庭の向こう側にある園舎の壁に他劇団のポスターが見えた。
「うちの園では、チラシは配るが集めるのはしないよ。三百あれば足りる」
チラシ配布にも二種類あり、ただのお知らせ(配るだけ)と、幼稚園が集金してマージン(10%)を取る方法もある。これはお金を扱うし面倒なので、断る幼稚園も多い。
なんだか先に釘を刺されたようだ・・・・仕方ない。
「チラシを配るのではなく、引率のお願いに来たのですが、富士市民センターは近いと思いましたので・・・・」
やはり元気のない声で言うと、白髪の先生はデスクに肘を付いて顎に掌を支えて、いかにも考えているそぶりを見せながら、
「引率かあ~、いつの話だね?」
「三月二十日です」
「三月二十日?というと飛行船と同じだ。ほら!あそこにポスターあるだろう」
と園舎の壁に張ってあるポスターを指差した。
題名はオズの魔法使い、良く見ると、三月二十日と十九日にもロゼシアターで公演するみたいだ。十九日は平日だから完全に引率公演、保育園中心に集める気だ。いや、幼稚園も卒園公演で・・・・。ますます劇団やまびこにとっては苦しくなる。
長岡が途方に暮れた顔していると、
「そんなに落ち込まれても困るがね。うちの園では、飛行船ですら配るだけで集めることはしていないんだよ。他の劇団も同じだ。悪かったね」
と言ってニタリと笑い、自信のある顔で何度も頷いた。その顔が、また憎たらしい。
諦めて「そうですか、分かりました」と言って園から出て行く・・・・粘っても無駄である。
幼稚園と劇団の付き合いも三十年以上になると、園の方針と劇団の営業体制が固定していて動かない。長岡は他に大手の幼稚園を三園行ったが、やはりチラシ関係なら良いが、引率となるととても出来ないとの答えが返ってきた。
結局何も収穫なく、無駄足に終わった。
当然の結果で、現状が分かっただけでも良いと思った。

続く。


~初心者(大人)女性子供将棋教室~

2017年心機一転、新しいことにチャレンジしてみませんか?

暖かくなり、明るい季節が来ます。
頭のスポーツに適した環境ではないかと思います。
この時期に、何か習い事をしてみませんか?

将棋という歴史あるゲームを覚えて、知力や頭の回転力を育ててはどうでしょうか?

将棋サロンでは、低料金で一生の技術習得や趣味を通した新しい良い仲間つくりを応援いたします。


~初回無料体験教室あります~

親御様も無料見学出来ます!!
ので、お気軽にお越し下さい!!



~六郷杯リーグ戦~
参加者募集中です!

~初心者(大人)女性将棋教室も生徒募集しています!~

お問い合わせ 03-3737-0588

~今日の一言~

来週将棋サロンは、14(月)15(火)16(水)と、お休みになります。
ブログは、月曜日に二回分(水曜日がありません)アップします。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

長澤席主

Author:長澤席主
どんなに心の奥で感謝していても
言葉や態度で表さないと伝わらない

名言カレンダー5月号より

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
2862位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
626位
アクセスランキングを見る>>
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア