FC2ブログ

児童劇と富士山と青春!(その14)


~雑色駅前将棋サロンホーム~

ー苦しいときこそ、明るく元気にー その5

「うん。さっきも言ったが、稽古が終われば日吉に来るだろう。今日で三日目だ。山本は五時から十時ごろまで倉庫にいる。僕はずっと泊まりだがね。これからも倉庫と稽古場の往復の毎日さ。女の子たちも、衣装作りや人形の直しをしてくれている。島田、木村、仲田と彼女たちも劇団員の自覚がある。やはり稽古上がりの五時から十時ごろまで一生懸命やっている」
と浦部が言うと、長岡は軽く微笑みながら聞いた。
「彼女たちに、衣装作る技術あるのか?」
「うん。島田が知っているし、木村もそこそこだ。分からないことは、稽古場で山野さんに相談している。島田は劇団S時代にいろいろと経験あるようだ」
「そうか、島田は劇団Sにいたんだものなあ~、本当に俺たちの仲間なのが信じられないよ」
しばらく沈黙が続き、長岡が独り言のように、
「みんな頑張っているんだなあ~。富士の公演のために、俺は一人で何をしているんだろうか?」
そんなつぶやきに対して、浦部も左の窓から外の景色を眺め、同じように独り言で、
「津田さんが言っていた。富士での興行は難しいと・・・・」
長岡は、運転しながら横目で浦部を見た。
「やはりそう言っているのか・・・・俺も富士市に行ったが、どうもダメみたいだ。明日またこの車で行くが、営業的には何一つ確信がない。お前だけに言うが、今、頭の中はどうしていいのか分からず、真っ白だ」
浦部は、窓越しにいる小さな虫を追いながら、
「僕に弱音を言ったところで何も始まらない。助けることなんか出来ないよ・・・・。しっかりしろよ!お前が言い出したことだ。それに皆が乗って動いているだけだ。今、長岡が泣き言いっても駄目なんだ」
「弱音は言わない。泣き言も言わない。ただ・・・・」
「それが駄目なんだ。長岡は営業的に絶対成功させなければならない。他の選択なんてない!一捨一択。成功だけだ」
長岡は無言のまま、下唇を噛みしめた。
浦部は振り向き、厳しい目つきで言う。
「今は甘い言葉なんてないよ・・・・。津田さんともう少し話すればいい。何か良いヒントくれるかも知れない」
長岡は、浦部がこんなにきつい言い方するのは意外だった。もう少し甘い言葉を期待していた。だが、今の浦部は公演に対して自信を持っている。以前の浦部には考えられない振舞いだが、一つ大きな仕事を任されると人間変わるものだ。
車は、日吉の倉庫前に着いた。
倉庫のシャッターを開けて中に入ると、ひどく埃っぽくて堪らない。中の状態を見るなり浦部は、
「今は、木馬座の人たちもあまり出入りしていない。使ってない道具ばかりだ。ハッキリ言ってゴミ捨て山だね、こりゃあ~」
倉庫の中は広い、天井の高さは10mもありそうだ。整理されていない道具類がゴジャゴジャとある。大きな尺のあるパネルがずら~と並んでいる。白雪の小人の小屋からシンデレラの階段に馬車、眠り姫での立体の森、ピノキオのクジラにジベット爺さんの小屋、その他にもハイジ、マッチ売りの少女、こぶとり爺さん、ぶんぶく茶釜と昔見たことのある道具類や大きなパネル。鉄筋の中二階には、それらのぬいぐるみからマスクに衣装など、高く積まれている。
倉庫の中にはプレハブ建ての事務所があり、そこで浦部は寝泊まりしている。
「昔は、ここでの作業が青春だった、なんてね。その時には仲間がたくさんいたが・・・・また同じ場所で同じことするとは思わなかったよハハハハ」
と浦部は、プレハブの中を覗きながら照れて笑った。
「長岡、営業に使っていた宣材は中二階奥にある。旧白雪の物品もたくさんあるはずだ」
と倉庫中ほどに、裸で錆びついた外階段から上がる、中二階を指差した。
長岡は頷いて、ゴミ山を奥に進み、階段を上がって中二階に行った。昔、自分が営業で売っていた作品のプログラムや物品(塗り絵や下敷きなどの小物)がたくさんあって嬉しくなる。浦部も、改めて昔楽しかった思い出、また同じことの出来る幸せを噛みしめているみたいだ。
お!旧白雪のポスターだ。このポスターは、アニメだけど他のポスターに比べてとても可愛い。これは使える、千枚はあるな。他にチケットの台紙、招待券、パンフに販売用の小物も使うだろう。全て古いが、売るわけではないからいいだろう。
長岡は中二階奥から浦部に声をかけ、二人で手渡しで物品を車に運んだ。
「浦部、俺、富士市に行く前に国分寺(芸術劇場)に寄ってみるよ。津田さんに会って、聞き出せるところまで聞いてみる」
「うん、それがいいよ。僕たちは稽古と作業頑張るから安心してね」
国分寺に戻る車の中で、長岡は思案を巡らせた。何を津田さんに聞いていいのか分からない。津田さんは劇団やまびこの人間ではない。児童劇ではライバルとも言えるし、今回の公演のことは、津田さんの上司(局長)は知らないと思う。アドバイスだけでもいい、何か使える情報があれば・・・・と思い急いで戻った。

続く。


~初心者(大人)女性子供将棋教室~

2017年心機一転、新しいことにチャレンジしてみませんか?

暖かくなり、明るい季節が来ます。
頭のスポーツに適した環境ではないかと思います。
この時期に、何か習い事をしてみませんか?

将棋という歴史あるゲームを覚えて、知力や頭の回転力を育ててはどうでしょうか?

将棋サロンでは、低料金で一生の技術習得や趣味を通した新しい良い仲間つくりを応援いたします。


~初回無料体験教室あります~

親御様も無料見学出来ます!!
ので、お気軽にお越し下さい!!



~六郷杯リーグ戦~
参加者募集中です!

~初心者(大人)女性将棋教室も生徒募集しています!~

お問い合わせ 03-3737-0588

~今日の一言~

次のアップは金曜日です。
長岡は、津田さんに何か営業のヒントをもらえるのでしょうか?
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

長澤忠男

Author:長澤忠男
目標を掲げることが出来なければ
成功することは不可能だ

名言カレンダー10月号より

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
833位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
234位
アクセスランキングを見る>>
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア