児童劇と富士山と青春!(あとがき)


~雑色駅前将棋サロンホーム~

私(長澤)の感想です。

児童劇と富士山と青春!は、二十年以上前の作品です。
富士山はともかく、児童劇と青春は、今とは異なる世界観もあるように思えます。
時代の違いに物質的な違いもありますが、それは映像の進化または舞台の迫力、観ることで得られる感動は今とは違います。
そんな素朴な環境の中、児童劇と青春は、どんな意味があったのでしょうか?

生きていることは、何かをしなければならない。それが生きている価値であり、意味でもあります。
青春とは、「生きている価値を表現する」ことにあったと思います。
そして昔の青春は、若さの象徴(今しか出来ないこと)と思われていました。
今時代は、人生そのものが青春(高齢化社会の現象でしょうか?)との認識もあるように思えます。
ただ、若いころにしか出来ないと思うことは、「一生懸命出来る」ことでもあるようです。
一生懸命出来ることが青春であり、手段は演劇でも将棋でも、仕事や学業でも同じです。そして他人に評価され、得る物(お金や技術)があれば、励みになると言うことだと思います。
一生懸命出来ることは、勿論自分自身の生きる糧となり、必ず人生にプラスになることです。
長岡君の一生懸命が、人を集め運を呼び込み、一つの結果を出しました。
その手段が、児童劇だったと言うことです。

私自身このメンバーとは、長岡君以外はそれほど面識がある方ではありません。
浦部君も、同じ劇団の後輩でした。山本君、島田さん、木村さん、仲田さんは、お互い顔と名前は知っている程度です。津田さんと山野さんは、業界では私より先輩でしたので、仕事上多少交流はありました。
そしてこの年(平成七年頃)の夏、本文でもありますが、演劇教室の打ち上げに呼ばれたことがありました。
その時、メンバー全員と会いました。それも二十人以上の飲み会でしたので、あまり個人と話す機会はありませんでした。
今思えば、こうして作品制作を手伝ったことで、いろいろ興味も湧きます。ひとりひとり、劇団やまびことの出会いから想い、出来事など聞きたかった。
今では過去の事であり、昔話になってしまいます。やはり、その当時の話とは違い、脚色や忘れてしまう事もありそうです。

長岡君の目線、当然ですが作品作者の主観で話は進みます。客観的な状況や長岡君のいない場面でも、やはり長岡君の思考になっている。それが小説だと言えばそうなるかも知れません。
ただ、浦部君の目線や思考は、また違ったところにあります。他のメンバーも同じです。それを知りたいと思うこと自体、無理な話と言うことになるのでしょう。

劇団やまびこは、長岡君が立ち上げて動かした劇団ですが、実は、長岡君の意志はどこにもありません。
一言でいえば、成り行きと言えます。
出会いとしての運が、すべてを決めていました。
そういう意味では、長岡君は対人運に恵まれています。それは、長岡君自身の人柄がそうさせたとも言えます。
極めつけは、ちいちゃんとの出会いではないでしょうか?

私が思うに長岡君は、取り柄のない普通の人間ですが、一つだけ才能があったと言えます。
それは、「続ける才能」です。
努力が出来るとか、根性があるとか、精神力が強いとか、そう言う話ではありません。彼は諦めは悪い方ですが、どちらかと言えば三日坊主タイプです。
作品中その23、皆の気持ち、そして想い(その4)で、長岡君は手紙(辞退届?)を夜中、芸術劇場のポストに入れようとしていました。ところが、その日に稽古場で問題が起きて、皆も残っていました。そして長岡君の姿に皆の心が動き、一気に運を呼び込んだ。
ちょっと出来過ぎに思えますが、それも一つの続ける才能と言えます。それとも人柄?私から見ると、人柄が良いとは思えない。この時は、何か光るものがあったのでしょう。
最後に聞きました。
「ちいちゃんとは何者ですか?本当に見えたのですか?」
「ちいちゃんとは、劇団やまびこ自身そのものだったと思います。・・・・そう言うと、劇団の皆に申し訳ないかな?・・・・後は、読んで頂ける皆様が決めることだと思います」


~初心者(大人)女性子供将棋教室~

2017年季節は秋、心身とも充実した季節になります。
この時期こそ、新しいことにチャレンジしてみませんか?

頭のスポーツに適した環境ではないかと思います。
この時期に、何か習い事をしてみませんか?

将棋という歴史あるゲームを覚えて、知力や頭の回転力を育ててはどうでしょうか?

将棋サロンでは、低料金で一生の技術習得や趣味を通した新しい良い仲間つくりを応援いたします。


~初回無料体験教室あります~

親御様も無料見学出来ます!!
ので、お気軽にお越し下さい!!



~六郷杯リーグ戦~
参加者募集中です!

~初心者(大人)女性将棋教室も生徒募集しています!~

お問い合わせ 03-3737-0588

~今日の一言~

ここでの失敗は、やはり細切れに作品を出したことだと思いますが、ブログの枠組みを考えると仕方のないことだった。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

長澤席主

Author:長澤席主
どんなに心の奥で感謝していても
言葉や態度で表さないと伝わらない

名言カレンダー5月号より

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
2862位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
626位
アクセスランキングを見る>>
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア