FC2ブログ

もの思う56歳 3


旅?いえ、仕事です。15 地方の車内は東京と違います。これも、描写とギャグが上手くまとまった作品と自分の中では思っています。この前の二作とこの後出て来る、新六郷の青空 島田兄弟そして拝啓 M様へと、なかなか調子も良く、今とは違い書けるときは書けるものだと振り返りました。
拝啓 M様は、文中にもありますが、手紙の手法で、昔と現状を交差させながら書いたものです。書いた相手が40年以上会っていないM氏です。突然の手紙、貴方だったら驚きますよね。
それが誰でも読めるブログなら、なおさらです。その辺りの面白さを表現させる狙いがありました。別の友人から高評価を頂いた作品でもあり、自信を持つことも出来ました。
気を付けなければならないことは、M様に対して、事実でもマイナスに成ることは絶対に書けません。それが40年会っていない、相手の現状が分からない難しさでもあります。書ける範囲と言うものがありました。
幸い数か月後に会い、その後ラインで、喜んでくれたことを書いてもらったのでホッとしました。自分のしたこと、間違いなかったことにホッとしたのだと思います。
そのラインの文面に、島田兄弟の評価もあったことには驚きました。同じ時期にアップしたので、島田兄弟を出してもらえたのだとも思えます。
新六郷の青空は、地味でもありますが昔の思い出を、セピア色の描写と昔の子供の思考や感情を、情緒豊かに描きたいと思いました。
島田兄弟(仮名)や同級生平野(仮名)は実在していましたが、買い物の話は創作です。
最後のハンカチの件は思いつきで、上手くまとまったと自分でも関心しました。島田君も大人への階段を上り始めた、それが結論でした。

旅?いえ、仕事です。18 いまどきの母親?と、新六郷の青空4で昨年は終わりました。私レベルとしては、そこそこだったと思いますが、どうでしょうか?
年が明けると、11月辺りから意識し始めた創作に重きが出て来ます。
意識と言うものは、何だか自分自身の思い込みや間違った評価も生まれます。この場(ブログ)自体が実験なのだから、それはどうでも良いことでもありますが、やっぱり良い作品を創りたい。その思いは強く出ますが、力み過ぎると失敗します。
平凡の少し下 長岡和男 54歳は、そんな「もの」だったのでしょうか?
少し前の自分と今の自分、みなさん(書見者の平均的な声)との構成で平凡なドラマ的な創り方、ネタがあれば続きを書くかもしれませんが、分かりません。

頭の痛みと風邪、旅?いえ、遊びです。明から暗へ、いまどきの56歳、現実の中にある私自身の思考と描写でした。
今の生活の中でどのように生きているのか?試行錯誤している自分の姿が恥ずかしい。しかし、それ自体がブログなのだから仕方ありません。

旅、いえ地獄です。蜘蛛の糸?これも作品として、やはり私レベルでは、と思っています。
創作になると、嘘(フィクション)の書き方があります。それ自体普通のブログとは違うことに成りますが、嘘を嘘として読んで頂く、それが出来なければ創作の技術は伸びることはありません。
漫画は二次元です。それでも三次元で描ければ、現実に近づきます。
野球漫画(こればかりですみません)侍ジャイアンツ、巨人の星、キャプテン、ドカベン、あぶさん、いったいどのあたりから本当の実話になるのでしょう?
いや、全て創作漫画です。
創作意欲のあるブログ、その辺りの面白さを感じて頂ければ幸いです。
新六郷の青空 N・K君の思い出は、昔話にギャクを足したような内容になりました。やはりギャグが入る内容でも、立体に創る工夫は私には合っているようです。
(立体とは三次元のことです。漫画は二次元ですが、大人の漫画は嘘でも三次元的に書かれています。ギャグでも、こち亀やサザエさんやちびまる子ちゃんは、三次元の世界です。その違いを私なりの解釈で、二次元三次元と使わせて頂いています)

速報 仮面ライダー訴えられる?これも評価は難しいかな?
1は最近にないくらい読んで頂きましたが、2、3と次第に減りました。何が書いてあるのか?どんな手法なのか?それが分かればもういい。そんな感じだったのでしょう。
最後まで読んで頂く技術、そこが私の一番の課題であり、勉強しなくてはいけないところだと思います。
ギャグとしての在り方?あまりいろいろなことを盛り込むと、それこそ分からなくなる。文章としてのギャグは、書見者に疲れさせる部分もあるのだと思います。
一般的な読書の在り方とは、漫画とは違い異なるのかも知れません。

そして最後は、三年4組クラス会です。まあ、最近の仲間内の話です。私自身、両親は亡くなっているし姉二人は東京にいないし、仕事はメールと携帯で済みます。将棋もしないので、そちらの友人とも疎遠です。
人間を書く(生きた題材)ことが極めて少なく、だから創作に走るのだと思います。
ファンタジーに始まり、戦い、死後を連想させる。最後はブログの創作だったことを、皆に告げる。
私らしい立体のギャグ、今までの中で一番の大作になりました。

まだまだ未熟な作品しか書けません。続けることが、いつしか良作と出会えることもあるでしょう。
まずは100回が目標です。皆様が少しでも読んで頂ければ、その後も続くと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

長澤忠男

Author:長澤忠男
人は「私はこういう人間だ」と自分で考えるその通りのものになります。
それと異なったものになることはない。

御釈迦様の御言葉より

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
525位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
オリジナル小説
69位
アクセスランキングを見る>>
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア